バックナンバー 2007年 8月 30日

8月30日、午前8時30分より正午まで、区長、副区長、教育長ほか435人の職員が防災訓練を行いました。私は、議会のオウム問題・災害・防犯等特別委員会委員長であることから総合防災訓練を視察しました。想定として、8時20分に東京湾北部を震源とするマグニチュード7.3、震度6弱。区役所の各部、5つの総合支所、出張所が与えられた状況に対して、情報を収集し指示を行う。災害対策各部から災害対策統括部へ総合支所におく災害対地域本部より災害対策統括部へ、また、区長を本部長とする本部長室へ報告・情報の共有の方法など重要な訓練が行われています。災対各部をいくつか視察しました。教育委員会では、小中学校の状況を掌握。区民生活では、避難所の開設や商店街の状況掌握。都市整備では、建物や公園の状況、総務では、区役所内での状況や近隣大学への要請など、初動から時々刻々と変わる状況を掌握し適切な指示を行うなど、図上訓練ではありますが重要な訓練でした。最後に区長を中心とした本部長室会議を行い、地域本部との連絡会議を行い終了となりました。区民の生命と財産を守る世田谷区の要となる職員の真剣な訓練が感じられました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp