バックナンバー 2007年 5月 23日

民主党公認で当選した森学区議の経歴詐称問題について公明新聞の記事より

民主会派3人退席 経歴詐称は「背信行為」

世田谷区議会は23日の本会議で、先月(4月)の同区議選でトップ当選した後に経歴詐称が発覚した民主党の森学区議(38)に対する議員辞職勧告決議http://www.city.setagaya.tokyo.jp/kugikai/sokuho/ketsugi190523.htmを、出席議員の全員賛成で可決した。民主党の所属会派「民主党・無所属連合」も賛成に回ったが、採決直前に3人(風間ゆたか議員、中村公太朗議員、上杉裕之議員)が退席し、賛否の表明を放棄した。

 採決に先立ち、公明党区議団の諸星養一幹事長が賛成意見を表明。森氏が選挙公報やポスターに、外務省勤務当時の肩書が3等書記官であるにもかかわらず、「1等書記官」とウソの経歴を記載したことについて、「議会制民主主義への背信行為であり、選挙制度の根幹を揺るがす深刻な事態だ」と糾弾。4年前の同区議選でも公職選挙法違反(運動員買収)で逮捕・辞職者を出している民主党に対し、「断固たる態度を示すべきだ」と厳しく批判した。

 本会議の席上、弁明した森氏は「安易に多数派をもって議員を辞職させようとすることに大いなる危惧を感じている」などと的外れな発言を繰り返した。本会議終了後も「議員活動に全力で取り組んで参ります」とのコメントを一方的に残し、予定されていた記者会見をキャンセルするなど無責任な対応に終始した。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp