バックナンバー 2007年 5月

世田谷消防団ポンプ操法大会が昭和女子大学にて行われました。世田谷消防団は18分団から形成されており、分団数が非常に多く大会は一日がかりです。私は、昨年に引き続き第11分団の選手、1番員として出場しました。残念ながら、入賞はできませんでしたが、2ヶ月間の訓練の集約としての大会でしたから、分団としても力が入っていました。地域の防災力を高める消防団としてこれからも尽力して参りたいと思います。

  赤堤小学校の運動会が開催。前日の雨から一転して、晴天の中、運動会が行われました。私も地域の来賓として、また、息子の卒業した赤堤小学校でもあり、毎年、伺っています。赤堤小学校の運動会は、赤、青、黄の3色のチームによって行われていましたが、今年度は、赤と白の2チームでの開催です。演目に対する様々な工夫がなされ、毎年、バージョンアップしている運動会でした。先生方の努力と苦労を実感した運動会でした。また、特に1年生のきちっとした動き、まとまりがあり、全体感があり、その上で、元気さが見え、さすがに、感動しました。今年は、赤小が改築中でもあり、隣の経堂小学校での開催になりましたが、地元赤堤小の子どもたちの元気なはつらつとした姿や教職員の皆さんの指導が行き届いているようすを拝見し、嬉しく参加させていただきました。

民主党公認で当選した森学区議の経歴詐称問題について公明新聞の記事より

民主会派3人退席 経歴詐称は「背信行為」

世田谷区議会は23日の本会議で、先月(4月)の同区議選でトップ当選した後に経歴詐称が発覚した民主党の森学区議(38)に対する議員辞職勧告決議http://www.city.setagaya.tokyo.jp/kugikai/sokuho/ketsugi190523.htmを、出席議員の全員賛成で可決した。民主党の所属会派「民主党・無所属連合」も賛成に回ったが、採決直前に3人(風間ゆたか議員、中村公太朗議員、上杉裕之議員)が退席し、賛否の表明を放棄した。

 採決に先立ち、公明党区議団の諸星養一幹事長が賛成意見を表明。森氏が選挙公報やポスターに、外務省勤務当時の肩書が3等書記官であるにもかかわらず、「1等書記官」とウソの経歴を記載したことについて、「議会制民主主義への背信行為であり、選挙制度の根幹を揺るがす深刻な事態だ」と糾弾。4年前の同区議選でも公職選挙法違反(運動員買収)で逮捕・辞職者を出している民主党に対し、「断固たる態度を示すべきだ」と厳しく批判した。

 本会議の席上、弁明した森氏は「安易に多数派をもって議員を辞職させようとすることに大いなる危惧を感じている」などと的外れな発言を繰り返した。本会議終了後も「議員活動に全力で取り組んで参ります」とのコメントを一方的に残し、予定されていた記者会見をキャンセルするなど無責任な対応に終始した。

公明せたがやフォーラムを烏山区民ホールにて11時より開催。山口なつお参議院議員を迎えて盛大な会合となりました。私、高橋昭彦より、区議会公明党政調会長として区議会の現状を報告。今、問題になっている先月の区議会議員選挙で選挙公報や選挙ポスターに虚偽の経歴を記載した民主党公認の森学議員に対する「辞職勧告決議」が明日の本会議で決議案が出される状況を報告。山口なつお参議院議員より国会報告があり、公明党が地方と国とのネットワーク政党として、数多くの政策を実現していることを話されました。また、午後4時より区議会において、自民党・公明党より「森学議員に対する辞職勧告決議」についての記者会見が行われました。

松沢病院キャンパス内に整備される新研究所の説明会が行われました。今回の説明は、東京都中高層建築物紛争予防条例、世田谷区環境基本条例、世田谷区風景づくり条例に基づく説明会の開催でした。精神予防の研究施設の建設であり、様々なうわさが飛び交っている中、近隣への安全対策や近隣周辺への貢献がどのようになったかを聞きに行きました。私も議会の中で、松沢病院周辺の歩道や公園の整備について質問提案していることから、その後どのように計画されたかを注目し聞いて参りました。

世田谷区議会の初登庁、全員協議会が開催。今回の議場での初顔合わせがありました。多くの新人もおり、新鮮な空気がありました。いよいよ私も2期目の開始です。これまで以上に、世田谷のため地元地域のため、さらにさらに張り切って参ります。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp