Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
 
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
仙北市 熊谷一夫
kumagai-8677@htk.ne.jp
バックナンバー 2017年 8月

7月行う予定が豪雨の為、延期となり今日、夏季議員研修会を秋田県本部で開催しました。矢倉参議院議員(前農林政務官)は、「農林政策について」、真山衆議院議員は、「教員の働き方に関する現状と課題について」をテーマに講演。私からは、21日の全国都道府県政策局長会報告を行い、大仙市議会予定候補のちちぶ・ひきの両名が大雨災害対応報告、土田横手市議・高橋湯沢市議が、10月市議選への決意表明を行った。田口県代表は、全国代表協議会を踏まえて、全議員が現場力・改革力・発信力・拡大力を磨いていこうと訴えた。

平成29年度仙北市成人式が市民会館で行われた。新成人約170名が出席し行われた式典では、成人証書授与の後、誓いの言葉の中で「将来、仙北市に帰って自分の店を開き、このまち活気づけたい」等の頼もしい誓いが述べられた。若い成人の全員が誇りを持って、わが市を語れる夢のあるまちづくりをしていく責任を感じてきた次第である。最後のアトラクションでは、「ありがとう」の曲に合わせて思い出の映像と「秋田県民歌」を全員で合唱した。未来が楽しみな成人式でした。

8月3日~5日まで仙北市公民大学陶芸学科の学生陶芸展が、樺細工伝承館で開かれ鑑賞。新入生の作品や県展入選の陶器等22名の生徒作品が展示されている。絵付けや釉薬(うわぐすり)の斬新な茶器もあり、帰りには生徒作品をお土産にいただいてきました。今後も頑張っていい作品を創っていただきたいです。

神代就業改善センターにて公明党仙北支部会を開催。石塚県副代表(秋田市議会副議長)が、秋田竿灯祭り初日にもかかわらず、駆けつけてくれました。私からは、都議選の御礼、豪雨災害での公明党議員の動きと実績、大仙市2倍革命ご支援へのお願いを述べた。副代表は、「テロ等準備罪法」と「共産党のウソ」と題して、プロジェクターを使ってわかりやすく政治学習を行い好評でした。ご多忙の中、出席していただいた党員・支持者の皆さんに感謝いたします。

コンクリート舗装が劣化によりボロボロになり、数カ所でパッチング舗装(簡易舗装)にて修繕してきました。この度、上部がきれいに舗装されました。先月「田沢湖マラソンまでお願いしたい」との声を届けたところ、市建設部の迅速な対応で実現しました。感謝申し上げます。これで、安全な通行ができますし、マラソン選手もスムーズに走れる事でしょう。

今年の3月定例会の一般質問で取り上げた「仙北市版ネウボラの開設を!」ですが、8月1日より仙北市保健課で開設されました。妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援と充実を図り、保健師や栄養士が相談にのり、対応できるように強化されます。これからも安心して妊娠~子育てできるように支援していきます。

公明党さいたま市議会の議員団11名中6名が、行政視察研修で当市を訪れた。午前中は武家屋敷と樺細工伝承館について、午後からデマンド型乗合タクシーについて視察研修を行なった。公共交通の現状と課題について研修を行い、「補助率は何%か?」といった質問も出された。まもなく人口130万人になる政令都市の今後の政策・提言に活かされれば幸いである。