Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
 
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
仙北市 熊谷一夫
kumagai-8677@htk.ne.jp
バックナンバー 2016年 3月

3月30日(水)公明党仙北支部会を神代就業改善センターで開催。五城目・小坂両町議選の大勝利の御礼と平成28年度の当初予算内容、参議院選へ向けて比例区よこやま信一参議院議員へのご支援をお願いした。雨の中、ご多忙にもかかわらず、献身的に支えていただく皆様に感謝の思いで一杯です。”大衆とともに”の立党精神を胸に7月の参議院選大勝利へ向けて戦ってまいります。

3月30日(水)第3回臨時市議会が開催された。近未来産業育成事業費(地方創生加速化交付金)の審議が行われ、ドローン産業振興とドローン購入、技術習得講座及び協議会の実施等の事業費に係る予算が認められた。議員から、内訳やドローンの修理費、保険などのランニングコスト等は、事業費に含まれているのか等の厳しい指摘もあった。今後の起業家の育成、技術習得者、災害、学校間の図書連携、捜索活動等の幅広い分野でのドローンの活躍に期待したい。この2,436万円は全額が国の交付金である。(写真は質問に答える門脇市長)

3月19日(土)角館高等学校創立90周年記念祝賀会が若杉・駒草会の主催で盛大に開催された。石黒会長、青柳校長のあいさつの後、佐竹敬久知事が、「隣の高校」を見てきた歴史と当時の校舎・校風を振り返りながらあいさつ、100周年への期待を述べた。会場一杯の祝賀会は、校歌斉唱で大いに盛り上がった。(写真は角館高校の飾山囃子部の演技)

3月18日(金)1年前の今日、温泉の源泉施設の点検作業をしていた職員と作業員3名の死亡事故が起きたカラ吹き源泉事故から1年を迎え、慰霊式を休暇村駐車場でおこなわれた。市長、ご遺族、市議会も参列し、献花を行った。昨年の事故調査委員会の報告書を受けて、カラ吹き2号井を廃止する方針で、今年1月には、2億6千万円をかけて水沢温泉郷の源泉より引湯する工事に着手した。年内には切り替える予定である。事故発生した昨年は2mもの積雪があったが、今日は、1m以下で小春日和のような陽気でした。亡くなられた3名のご冥福を祈ると共に、「2度とこのような悲惨な事故は起こしません」と誓いながら献花をして来ました。