Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
 
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
仙北市 熊谷一夫
kumagai-8677@htk.ne.jp

八幡平山系直轄砂防事業・北桧木内川第1砂防堰堤工事が始まった。御嶽山の火山爆発による事故もあり、周辺地域住民を守る火山砂防の重要性が指摘されていたが、この度、本体工事に着手する説明会が行われた。国交省湯沢河川国道事務所の林課長、秋田駒ケ岳山系砂防出張所の沼倉所長や工事関係者、市建設課出席し、図面を配布し説明の後、質疑等を行った。工事箇所は玉川合流点から約2.5km上流の地点で、高さ13.5m、長さ76.8mのコンクリート構造。今年は左岸側の工事を行い、完成まで3年間掛かる予定との事。参加した地域住民からは、大型ダンプや生コン車、騒音、濁水、終了後の現道復旧等の質疑があった。秋田駒の雌岳付近の温度が高いとの観測データもあり、安全・安心の砂防工事が速やかに無事故で行われる事を願うものである。

コメントは受付けていません。