Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
 
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
仙北市 熊谷一夫
kumagai-8677@htk.ne.jp
バックナンバー 2013年 2月

2月18日(月)16時30分より県議会開会中の多忙の中、仙北市議会の要請に応じて県政報告会を兼ねて4月の県知事選挙の劇例会を行った。議長・市長あいさつの後、佐竹知事から秋田県の補正予算、25年度当初予算、これからの「日本への貢献、自立する秋田へ」と題する意気込みをわかりやすく、具体的に約1時間、講演をしてくれました。その中で「大局観に立って戦略を立て緻密に計画を進める事が大事である」「観光・文化・スポーツ部の設置の意味」などについては納得するものがありました。懇談会も盛り上がり、4月知事選挙の大勝利を期して”3本で締め”最高の報告会となりました。

講演する佐竹敬久秋田県知事

知事の県政報告に聞き入る出席者

 

2月18日(月)市立角館病院建設に関する調査特別委員会が開かれ出席。市立角館総合病院改築事業基本設計に関する意見交換を、プロポーザルで選定した㈱佐藤総合計画の3名の方と医療局、事務長をいれて行った。プロポーザルの基本的な考え方の説明の後、質疑応答があった。進入路の右折レーンや積雪に対する考え方、オペ室や患者さんの動線、医局スペースや待合室のあり方等々質疑があったが、医師や看護師などの医療スタッフとの詰めがなされていない点が多く、基本設計に関するしっかりした考え、図面などは出てこなかった。2月議会中に再度、委員会を開く事とした。

医療局、設計会社と委員との意見交換風景

 

2月14日(木)産業建設常任委員会協議会が開催された。案件は、条例の制定について16件、下水道事業に係る滞納債権について、その他(温泉事業掘削について、平成25年度主要予定事業説明)があり、10時より夕方まで1日かかって、説明、審議を行った。特に下水道条例や水道事業給水事業、温泉事業については、市の合併時からの懸案であっただけに、委員からの質疑も集中した。2月議会前でもあり、大事な協議会であった。

市長も出席しての産建協議会

2月11日(月)建国記念の日 由利本荘市において、街頭演説会を行いました。風が強く吹雪の中、政権与党として経済再生に向けての金融政策、財政政策、成長戦略の「3本の矢」についてや総額13.1兆円の大型補正予算についてそして来年度本予算案の政策について等を訴えました。地元本荘市議は市の抱える課題について訴えました。悪天候の中、車の中から手を振りながら通行してくれる方など本当にお世話になりました。ありがとうございました。

街頭で訴える伊藤岩夫本荘市議と第三総支部メンバー

2月8日(金)仙北市地域農業再生協議会総会が開催され出席。議案第1号 平成25年産の米生産数量目標並びにその面積換算値の配分方法について、議案第2号 平成25年度戸別所得保障制度産地資金並びに政策転換対応型農業支援事業の活用方法について議論し、報告事項として①平成24年度 戸別所得保障関係交付金支払い状況②転作補助事業について③人・のうちプランについて④種苗交換会について話し合われた。25年度の仙北市の転作率は38.1%と昨年より0.3%の減である。耕作放棄地が増える中、転作率を上げる方が無理な事と思った。平成24年現在29.6%の集積率を48.0%に上げる為の人・農地プランだが、厳しいのではないかと思う。中心経営体以外の農業従事者にどう対応していくかが大事である事も話題となった。そして、本協議会のあり方、会議の持ち方についても話題に上がった。「守る農業」から「攻めの農業」へいかにして転換していくかこれからの課題となると思う。

仙北市地域再生協議会総会の様子

観光ガイドの説明で400年前の建物の特徴を学ぶ

2月4日(月)あいにくの小雨でしたが、朝9時に竹原市役所を訪問。稲田議長他職員より町並み保存の説明を受け、現地視察。観光ガイドの案内で、元禄年間から残る町並みと景観保存整備の現状を視察。その後、呉市まで行き、戦艦「大和」ミュージアムを視察。竹原市の保存計画と後世に伝える意識の取組みに感心させられました。呉市では、「大和」を通じて戦争の悲惨さと造船所として復興した平和の尊さを学ぶ事が出来ました。

2月2~4日(土~月)に広島県竹原市へ重要伝統的建造物群保存地区と世界遺産の原爆ドーム・厳島神社へ行ってきました。原爆ドーム~広島平和祈念資料館の視察では、音声ガイド解説と共に館内を一巡しました。吉永小百合さんの朗読と目の前の悲惨な展示品、遺品、遺書に滂沱の涙を流しながら見学している女性もいました。原子爆弾の惨禍と共に、平和を象徴する街”ヒロシマの心”を感じた思いがしました。あらゆるイデオロギーを超えて、核兵器廃絶と世界恒久平和実現への波を起こしていかなければと改めて誓った次第です。

世界遺産の原爆ドーム

 

1月31日(木)公明党秋田県本部の議員総会を開催。冒頭、成沢幹事長より参議院選予定候補者若松かねしげの情勢と拡大対策についてと3.18の政経懇話会について話があった。続いて各局・委員会報告で斉藤機関紙推進委員長、議会局からは高橋肇湯沢市議の12月議会の一般質問の内容について報告。最後に、田口県本部長より全国代表懇談会報告と「参議院選、都議選を大勝利するために個人人脈と地域拡大に挑戦していこう」と話した。衆議院選の結果を踏まえて、決意も新たに、しっかりと党勢拡大と地域拡大を着実に進めていきたい。

若松かねしげへの拡大対策について訴える成沢幹事長

12月議会の一般質問について活動報告する高橋湯沢市議

全国代表懇談会での模様を話す田口県代表