Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
 
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
仙北市 熊谷一夫
kumagai-8677@htk.ne.jp
バックナンバー 2010年 11月

jika(青年海外協力隊)の一員としてアフリカのウガンダに行っている娘からメールレポートが届きました。

写真にあるように、”広島と長崎の平和展”をマサカ県の学校体育館で開催した様子の内容でした。

折り鶴を折ったり、ダンスで交流、平和のメッセージボードにみんなで絵を書いたりと先生も生徒も一緒になって、平和について考える機会を作ったそうです。

「世界の一人でも多くの人に平和へのメッセージを伝えることができて大変よかった。」と送ってきました。

原爆の恐怖と平和の大切さを伝える事が、地球で唯一の被爆国である日本の、私達の使命であると考えていると・・・

アフリカの内戦が起きる国で、仕事とボランティア活動を続ける娘に【健康とテロに気をつけてガンバレ!】とエールを送りたい。

11月20日(土)

学力向上県民フオーラムに出席。

行政と民間企業が一体となって教育活動を展開しようと、学力向上県民フオーラムが開催された。午前中に、仙北市の生保内小・中学校で公開授業を行い、午後から、わらび劇場にて、全国学力テストで1位2位の成績を収めた、秋田県と福井県の関係者によるパネル討論が行われた。

会場には、700名を越す教育関係者や市民が参加し、両県の好成績の要因や今後の課題等が討論され、質疑等も活発に行われ、教育にかける真剣さと情熱が感じられたフォーラムでした。

この教育への情熱があるかぎり、未来を担う子ども達を立派な人材へと育てていく事であろうと思う。

 

11月19日(土)

妙の湯女将 佐藤京子さんの観光庁長官賞の受賞祝賀会に出席。

韓国ドラマ「アイリス」のスタッフを3週間に渡ってボランティアで宿泊させただけでなく、女将のおもてなしの心を大切に、韓国と日本の交流の橋渡しをした成果と思います。

政財界や観光庁そして韓国からも各界の有識者が、祝福に駆けつけ、女将さんの人柄と人脈の広さを感じさせられました。おめでとうございます。

これからも、ますますお元気で、ご活躍をされることをお祈りしております。

この投稿の続きを読む »

11月13日(土)

「市民の医療と健康を考える会」が角館樺細工伝承館で

開かれました。日本の地域医療事情を秋田大学の長谷川教授がそして我が市立病院の現状を、西野院長、佐々木院長の両病院長から聞くことができ、改めて、医師不足・看護師不足の実情を知ることができました。仙北市の医療を守る為に地域と医療従事者と行政とが一体となって、早急に取り組むべき課題であることを痛感した次第です。

微力ながら、医師確保の為に頑張っていきます。

*武家屋敷は、ごらんのような紅葉が綺麗な錦絵のような風情でした。

11月12日(金)

農業経営の厳しい中、黒字経営を続ける

農事組合法人ニューファーム千畑を東北農業元気アッププロジェクトリーダーの若松かねしげさんと藤原副代表とで視察。

米だけでなく、ほうれん草、リンドウ、せり栽培等で、これからの「生き残れる農業」を目指して頑張っている姿に感動した。

ハウスに湧き水を引き込み、水温を一定にし、出荷時期をずらせるようにハウス毎に生育状況を変えるなどの知恵と工夫と苦労が伺えた。

TPP問題や世界の食料自給問題等の白熱した議論がなされ、有意義な視察でした。

11月8日(月)秋田テルサで行われた市議会議員研修会に出席。

元フジテレビキャスターで「報道2001」などでおなじみの黒岩祐治氏の講演に、満席のホールの議員の方たちが、聞き入っておりました。

テーマは「メッセージ力を高める黒岩の法則~地域再生を目指して」で、ニュースキャスター時代のエピソードや各地の地域再生の事例を通して、メッセージ力を高め我がまちをマグネット地域にしていく事である。との話に納得と今後の課題が見えてきた感がありました。終了後、著書の販売コーナーは、本人が直筆サインしており、長蛇の列でした。

11月6日(土)

第5回仙北市ボランティアまつりにいってきました。

舞台では、写真のような歌あり、踊りあり、昔語りもあって大変楽しい雰囲気でした。

障がい者の署名運動をしていたり、バザーや食堂もあり、おそばをいただいてきました。

ボランティアの皆さんご苦労様です。「一人ひとりが輝いて暮らせる福祉のまち」をテーマに頑張っている皆さんの顔が、輝いて見えました。

11月7日

公明党秋田第3総支部大会を開催しました。13時30分より横手市生涯学習センターで田口聡県代表を迎えて盛大に開催。

総支部長あいさつ、活動報告、政策部報告、公明新聞推進委員会のあと、田口代表があいさつ。野党というきびしい逆風の中での統一地方選挙であるが、一丸となって戦い抜き、断じて秋田完全勝利を勝ち取ろうとの、意気軒昂な総支部大会でした。質疑応答も活発に行われ、盛会で終える事ができました。地元横手市の皆さん、準備等いろいろありがとうございました。

10月30、31日と第3総支部の議員メンバーで街頭遊説に行ってきました。

今回は、地元仙北市とお隣の大仙市・美郷町でした。車の中から手を振ってくれる人やわざわざ止まって握手してくれる人、本当に心強く感じました。

大変ありがとうございました。

近隣の方にはお騒がせして申し訳ありませんでした。お詫び申し上げます。