menu
バックナンバー 2017年 9月

衆議院が解散しました。いよいよ総選挙です。
ここのところテレビや新聞で目にする「大義なき解散」という言葉。私にはちょっと理解出来ません。
総選挙は政権選択選挙です。ゆえに総理大臣だけに解散権が認められてます。総理の任意のタイミングで国民に信を問うのは当然のことです。そもそも4年の任期満了して選挙を迎えたのは、戦後だだの1回のみです。
野党は「速やかに解散しろ」などと言っておいて、解散したら「大義がない」とは不思議なことです。
一方で参議院には解散がありませんし、任期も6年です。良識の府として、さまざま不測の事態に備えるシステムでもある二院制を否定し、一院制の導入を目玉政策とする「◯◯の党」は、ポピュリズム政党であることの証明だと思います。
公明党は埼玉県内においては小選挙区には候補者を立てずに比例代表のみに挑戦します。現有3議席の確保のために総力を挙げて戦います。
昨日は志木駅南口と新座駅南口にて、川上政則幹事長、白井忠雄支部長、野中弥生議員と共に街頭活動させて戴きました。大勝利に向けて公明党の考えと実績をしっかりと訴えて参ります。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
新座市 佐藤重忠
shigetada67@gmail.com