menu
バックナンバー 2017年 7月

新座市公明党市議団7人全員で埼玉県発達障害総合支援センターの視察にお伺いしました。
場所は移転された埼玉県立小児医療センター(さいたま新都心駅徒歩5分)の3階です。
発達障害とは、自閉症やアスペルガー症候群などの脳機能障がいで、通常は低年齢において発現します。
同センターは、直接的に発達障害の子どもや、発達が気になる子ども及びその家族の支援も行いますが、むしろ県内の自治体に広く発達支援サポーターや発達支援マネージャーなど発達障害に早期に気付き、適切な支援が出来る人材の育成を行うことを主たる目的に活動しているのだと感じました。
同センターはその為の支援活動を惜しまないと、繰り返しご説明をしてくださいましたし、県ホームページにもたくさんの研修などの取り組みが掲載されてます。
施設内にある療育研修室や相談室なども見せて戴きましたが「なぜこのような遊具やオモチャなどが必要になるのか」などを伺い、実際触ったりすると、いちいち尤もだと理解できるものでした。余談ながら、天井吊り具など結構な金額で驚いたのですが安全第一で考えるならば必要な出費だと考えましたが、それ以上に考えたのは、近い将来、新座市が建設予定の発達支援センターにこのような吊り具の設置を検討済みなのか、そもそも建物は吊り具を設置可能な設計になっているのか確認しなければならないと思いました。

午前中は新座駅南口公園にて恒例の『打ち水大作戦』に参加しました。
曇ったり時々晴れという感じの空模様でしたが、確かに水を撒くと涼しくなるのを実感します。
が、それでもライオンズのレオくん、新座市民である鉄腕アトムくんは相当暑かっただろうと心配しました。2人ともちょうど太陽が出てる中で30分近く活躍したのではないかな。体操みたいなダンスまで披露してくれて、くれぐれも水分補給をたっぷりとお願いします。
午後はあたご祭りの開会式に参加させて戴きました。でも開会式直前から雨。それも結構な量が降ってしまい、司会の方から「二度と観られないアーケード下のテープカットですよ〜。お見逃しないように」の名セリフが。
確かに観たことないな〜なんて思いながら安藤県議をパチリ。
「そう言えば安藤さんの写真ばっかり撮ってるな〜」なんて思ったりしました。
ええ、もちろん愚痴じゃないですよ、決して愚痴じゃないです(笑)

大江戸新座祭りは大成功で終えることが出来ました‼︎
来場者数も公式発表で17万人と、一昨年の7万5千人、昨年の10万人から大幅アップ。ついに新座市の人口を超えました。出店にご協力戴きました皆様、阿波踊り・演奏・パフォーマンスしてくださいました皆様、全面的にご協力及び後援を戴きました新座市、そしてなにより大江戸新座祭りに足をお運びくださいました皆様、本当に有難うございました。心より感謝申し上げます。
翌日朝から会場となりましたふるさと新座館の周辺をごみ拾いです。
「お祭り前より綺麗にしよう」との本間吉勝実行委員長の大号令のもと、心ある皆様(目算で200人くらいでしょうか)がヘトヘトの身体を引きずるような思いで集まりました。
これには大会会長である並木傑市長もお越しになり、皆で約一時間、ごみ拾いに勤しみました。
来年の大成功を期して、最後は一本締めで終えましたo(^▽^)o

いよいよ本日7/22は大江戸新座祭り本番です‼︎
当日の準備は8時から行ってます。ぜっ無事故の運営は事前の準備が大切ですからね。
大会会長である並木傑市長も参加され実行委員各位を激励されました。本間吉勝実行委員長の挨拶の後、速やかに作業に入ります。
お祭りは10時40分の和太鼓どどんさんから始まります。
17時スタートの阿波踊りの前に開会式が行われます。創価ルネサンスバンガード・ジュニアさん、第四中学校さんの演奏スタートが15時50分予定。早く始まらないかな〜o(^▽^)o
なお会場付近の交通規制が15時半から20時となります。
屋台村やパフォーマンス、お神輿やゆるキャラなど盛りだくさんです。たくさんの皆様に楽しんで戴きたいです。
皆様お誘い合わせの上、是非とも足をお運びくださいませo(^▽^)o

いつからだろうか。自宅で使っているPCに突然こんな目的がよく分からない画面が飛び出してくるようになりました。
5分くらい放っておくと勝手にいなくなるし、簡単な操作でも消せるのですが、ちょっと…。
某メーカーのPCを買った時点でデフォルトで入ってるセキュリティソフトの広告のようですが、今現在このセキュリティソフトを使っている私に、わざわざ宣伝する必要があるのでしょうか?
フリーソフトを使わない訳ではありませんが、最近落とした記憶は無し。となるとPCのアップデートが原因だろうか…。
「毎回毎回PCを立ち上げる度に自己主張されてもな〜」と思って止めさせたいのですが、やり方が分かりません。
メーカーに電話して教えてもらおうかなぁ。

千葉県柏市の柏市立旭小学校にお伺いして「柏市プログラミング教育」を視察しました。
プログラミング教育は2020年度から小学校で必修化されます。文科省ではその目的を「プログラマーを多数育成するため」ではなく「プログラミング的思考(論理的思考と同意義)を育てるため」としております。
我が家の子ども達もそうですが、小さい頃から家電やスマホなどを説明書を読む事なく感覚的に操作する事が出来ます。一方で「なぜそうなるのか」などの疑問を持たず、「その仕組みや方法」を理解しておりません。
先進自治体である柏市ではプログラミング教育において「コンピュータに自分の意図した処理を行うよう指示することが出来る」ことを体験させながら、理論的な思考力を育てることを重視するとともに、情報リテラシー(情報活用能力)をアップさせることを目途としております。
柏市ではこれを市内全小学校42校で全生徒に実施します。大変素晴らしいです。
私たちも実際に4年生の授業を見せて、と言うより参加させて戴きました。プログラミングを通じて「どうすれば動くのか」「なぜ動かないのか」を考える、考えさせる意義を、猛烈に感じることが出来ました。とても有意義な視察となりました。柏市の関係者の皆様に心から感謝です。
なお偶然にも視察翌日7/19付け公明新聞に柏市プログラミング教育の記事が掲載されました。興味のある方は是非ご覧ください。

3連休は3日間連続で九州北部豪雨被災者救援募金活動をお手伝いさせて戴きました。場所は同じく志木駅南口でしたが、時間帯を変えて行いました。
本当にたくさんの真心からのご協力を戴きまして、3日間トータルで104,230円をお預かりしました。心より感謝申し上げます。
お預かりした募金は、当然ながら全額、一円残らす日本赤十字社にそのまま寄付させて戴きました。
3日目が一番暑い時間帯での活動となりました。
時折吹く微風すら待ち遠しいほどの酷暑の中、私の体内に蓄えた水分は猛スピードで排出され体温冷却に頑張ってくれましたが、結果としてわたしの着衣は湿感に溢れ、周りの仲間から失笑を買うほどでした。
要するに私だけ汗でシャツもズボンもびしょ濡れになってみんなに笑われたってことです。
皆さん曰く「漏れちゃったの⁉︎」

昨日も九州北部豪雨被災者救援募金に参加させて戴きました。
時間を変えて午後6時15分くらいにスタート。沢山の心ある方々から募金をお預かりしました。
実は私は募金活動がとても楽しいです。ちょっと不謹慎かも知れませんが、募金活動は色々な人間模様を垣間見る事があるからです。
詳しいお話しは改めて…。
募金を始めて小一時間経ったでしょうか。ふと気が付くと辺りが異様に暗くなり、なぜか冷たい風が吹きはじめました。
ああ、予報通り雨が降る気配が濃厚に感じられます。しかし誰も止めようとしません。雷がゴロゴロと恐ろしい程鳴り響いて、もはや私だけ逃げ出すしかないかと変な覚悟を決めそうになって漸く、亀田博子団長から「止めようか」と。一人だけ逃げ出さなくて済みましたが、その直後にバケツをひっくり返したような土砂降りに。
本日もう一度、この後15時から短時間ですが志木駅南口にて募金活動に参加させて戴きます。暑い時間帯だけど頑張りますo(^▽^)o

7月5日より九州地方北部を襲った記録的な豪雨によりまして甚大な被害が発生しました。32人の方がお亡くなりになり、未だ14人の方の行方が分からなくなっております。被災された皆様には衷心よりお見舞い申し上げます。
雨量が最多だった福岡県朝倉市では24時間雨量が約55センチという驚異的な雨量でした。原因は「線状降雨帯」という現象です。近年ではいつ、どこで発生するか分かりません。現に昨日は愛知県犬山市付近でも発生しました。
「困った時はお互い様」との皆様の真心からのご協力を具体的なカタチにすべく募金活動に協力させて戴きました。
暑かったです。でもマイクを握った川上政則議員が叫びます。「被災地ではもっと暑い中、避難所の中で我慢する高齢の方々や被災地の復興に向けて闘う方々のことを考えたら暑いなんて言ってられません‼︎」
明日7/16は18時半から同じく志木駅南口で行われます。お預かりした大切な募金は全額、1円も残さず日本赤十字社を通じて被災地にお届けさせて戴きます。

本日は滝本恭雪議員と野中弥生議員と3人で街宣カーを使用して街宣活動をしました。
…が、いきなりスタートから大トラブル勃発‼︎
何とビックリ、街宣カーのエンジンがかからない⁉︎
慌てふためいてSOS発信。滝本先輩がガソリンスタンドの方を連れて来てくださりブースターケーブルを繋いで何とかエンジン動いた〜。野中さんが飲み物を用意してくださり、炎天下の作業は終了し、30分遅れで街宣カーはスタートです。
いや暑いの何のって、バッテリーを気づかいエアコン使用不可‼︎
当然ながら窓は全開ですが、街宣カーは法定速度厳守はもちろん、路地に入れば近隣の皆様に聞いて戴きたいですから、よりゆっくり走りますよね。そんな時はもう体が煮えそうです(笑)
話す内容は「公明党の実績」と「九州豪雨」と合わせて「熱中症にご注意ください」の連呼。私たちも水分を取りながらの活動でした。
一番暑い(むしろ『熱い』が適切か)時間帯での街宣活動でした。大変有意義な活動になったと確信し…たいです。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
新座市 佐藤重忠
shigetada67@gmail.com