menu

先に。非常に長文になってしまいましたが本日の顛末を笑いと感動とともに報告します。
今日は昼過ぎまて地域の市民相談。
昼ご飯もそっちのけで妻と品川区へ。
妻が幼稚園の年中さんまで住んでいた所にどうしても行きたいとせがまれ、記憶の中の住所とアパートの大家さんの苗字を頼りに空腹のまま訪問。なにせ40年以上前の記憶を信じて訪ねるものの、当然ながら街は全く面影も無く、記憶の住所はアカの他人様のご自宅でした。
「はい無駄足です、チャンチャン」となる筈が、諦めの悪い妻は空腹を我慢できない私の手を引き歩き廻ります。
観光客で栄えた立派な商店街なのですが、普通は「他所者がこんな狭い路地裏に入っちゃダメでしょ」みたいな、二人並んで歩けないような路地裏を、妻は少しでも記憶にないか確かめながら歩くと、あるアパートの前で妻が「…ここかもしれない」と。
見ると、住所は一字違い、表札も一字違い。勇気を振り絞って玄関チャイムを鳴らすとビックリのストライク‼️
本当に人の良いご夫婦が対応してくださいました。先代はお亡くなりになっておりましたが、当時中学生だったという息子さんが覚えていておられ大喜びしてくださいました。
妻は半泣きで当時の記憶を堰を切ったように話し続けました(水場のタライで遊んだとか、すぐ側に広場があったとか)。
見ず知らずの他人の突然の訪問にもかかわらずご夫婦もとても喜んでくださり、記念写真にも応じてくださいました。何て良いご夫婦なんだろうと、非常に空腹である私も泣きそうになりました。
肝心のお願いも快くお受けくださり、商店街メインストリートに戻ると程近い所に『伊藤こういち』候補の選挙事務所を発見‼︎
候補は不在でしたが奥様がおられ、またまた記念写真を。
私たちが訪ねる前も失礼した後も、ずっとずっと通りがかりの方々にご挨拶を…。優しくて、でも瞳の奥に凛とした強さを秘めた奥様。強い決意と覚悟を感じました。
その決意と覚悟が乗り移ったのか、我が妻は止まることを知らず、義父の勤めていた会社を訪問(日曜日なので誰も居ません)。さらに通っていた幼稚園を訪問(同じく日曜日なので誰も居ません)。その後も散々歩き廻り、やっと商店街のラーメン屋さんへ。良く考えたら私は朝から飲まず食わずでした。
ここは私が「お願い」して、車を止めたコインパーキングに。駐車料金は数千円だよさすが東京‼︎
辺りはもう薄暮。私の訪問先は明日以降になってしまいましたが、鼻をふくらませて満足げな妻に免じて今日はここまでとしましょう…。
汗びっしょりでヘトヘトになるまで歩いた日曜日でした。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
新座市 佐藤重忠
shigetada67@gmail.com