三条市議会議員 のざき正志のホームページ

庶民の代表!常に現場から!行動する頼れる男!

國定市長に平成20年度予算要望書を提出する!!

未分類 / 2007年11月29日

29日午後2時より三条市役所の市長室において公明党市議団(野崎、笹川市議)として國定市長に提出しました。平成20年度予算要望書は重点要望事項と要望事項からなっていて生活者の視点に立ちまとめたものです。

平成19年11月29日 

三条市長
國定勇人様

公明党三条市議団
 野崎正志
   笹川信子

平成20年度予算要望書

 

 水害復興の槌音が、新しい三条市を築く希望の響きと重なり、目に見える形になりつつあります。しかし、現実は度々の地震による安全への不安、少子高齢化の進行、経済情勢の低迷、環境問題の深刻化など、市民をとりまく状況は厳しいものがあります。
 こうした中、國定市長はふれあいトークを中心とした市民との触れあいを重視しながら、都市間競争に打ち勝つ力ある三条市建設のため日々努められていることに、私たちは心より敬意を表します。
 今年初めて公明党議員団として、重点要望事項、要望事項を生活者の視点に立って整理し、まとめました。平成20年度予算編成にあたって、諸事情を考慮し、適切な予算処置をここに要望いたします。

 

 

 

 

『重点要望事項』

1. 少子化対策の強化
(1) 妊産婦の健康診査無料回数の拡大
(2) 子育ての経済的支援の拡充
(3) 仕事と育児の両立支援策の強化
2. 高齢社会に対する取り組みの強化
(1) 認知症サポーター制度の導入
(2) 小学校区単位の介護予防の拡大
3. 学校教育の充実
(1) 不登校、いじめ対策の強化
(2) 学校施設の耐震化の早期促進
(3) 放課後子どもプランの充実
4. 安心・安全なまちづくり
(1) 自主防災組織の拡充
(2) ドクターヘリ配備への要望
(3) 公共建物及び一般建物の耐震診断及び耐震改修工事の促進

 

 

『要望事項』

総務部
 職員の意識改革の徹底
 市民相談(法律相談等)の拡充
 市行政への女性登用の拡大

福祉保健部
 救急医療の充実
 基本健康診査及び各種がん検診の受診率の向上
 地域包括支援センターの拡充
 小児生活習慣病対策の推進
 高齢者・障がい者対策の充実
 社会貢献できる環境整備(ボランテァの活動等)
 安心して外出できるまちづくり(バリアフリー化)
 グループホームの増設
 介護手当の増額
 福祉タクシー券の配布拡充

市民部
 地球温暖化対策の強化推進
 新エネルギーの積極的導入(風力・太陽光・バイオマス・雪氷等)
 ごみ減量対策の強化
 資源の有効活用対策の推進

経済部
 猿・熊対策の拡充
 中心市街地の活性化対策の充実
 三条ブランドの商品対策の充実

建設部
 嵐南・嵐北を結ぶ道路の早期開通
 五十嵐川JR橋の改修
 内水対策の充実
 通学路の安全点検

教育委員会
 三条市の歴史・文化の宣揚
 民話を中心とした世代を超えた文化交流

水道局
 安定した水道事業の推進