7月6日(水)公明党奈良県本部中南和総支部では、中南和総支部内の議員所属の自治体を回り、街頭演説を実施しました。

当日は、熱い一日となりましたが、議員全員(12名)が、各議会の報告、取組み、また、東日本大震災へ公明党の取り組みなどについて懸命に訴えさせていただきました。
朝九時過ぎ、橿原大和八木駅前から演説を開始、田原本町千代交差点に続き、桜井市役所前では、大西わたる、万波みちよし両桜井市議、岡しろう奈良県本部代表(県議)の3名がマイクをとり市民の皆様に訴えさせていただきました。その後、宇陀市Aコープ前、大淀町ライフ前、五條市田園Aコープ前で行いました。
各現場では、地域住民の方々、また、車で通行中の方からの声援も受けながらの演説会となりました。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者