バックナンバー 2011年 7月

7月31日県社会教育センターにおいて開催された、公明党奈良県本部議員夏季研修会に参加しました。

公明党本部から、白浜一良副代表、西博義衆議院議員、石川博崇参議院議員を迎え、政策研修、活動報告、国会報告など、充実した研修となりました。

7月29日五條市立牧野小学校・五條幼稚園を訪問。芝生化された校庭を視察に行きました。

校長、園長、PTA、自治会の役員さん方、五條市教育委員会の職員に説明を聞き、現場を見させていただきました。まだ、全面に芝生は伸びていませんでしたが、8月末の芝生化校庭オープンに向けて順調な進み具合でした。

桜井市でも、巻向小学校で芝生化の事業が進められていますが、学校・地域が一体となってこの事業を、更に進めて行くことを推進したいと思います。

今日(25日)桜井市議会議員研修として、自治体学校in奈良の最終日、特別講演を拝聴に行きました。

中嶋 悟(徳島大学教授)による、「充実した地方自治の担い手を育てる」と題した講演でした。
桜井市議会として、議会改革への取り組みのきっかけにとのこと参加しましたが、直接議会改革との関連性は薄かったと思います。
それでも、議会改革を進めて行く上で考え方の一助になる講演のように思いました。

7月22日谷奥昭弘桜井市長に対し、「熱中症対策についての要望書」を提出しました。

熱中症で救急搬送される方が急増している本年、これから本格的な猛暑が予想される中、公明党桜井市議員団として、大西わたる議員と共に桜井市長を訪問し、要望書を提出いたしました。
1.桜井市のホームページ、広報車等を活用し、暑さ対策について周知徹底すること
2.農作業時における対策の徹底
3.市内保育所・幼稚園・小中学校の児童・生徒・保護者・職員への徹底
4.高齢者に多い室内での熱中症対策として、エアコンの利用等の呼びかけ
5.独居高齢者に対し「携帯型熱中症計」の配布
6.外出先で涼むことのできる、街中の避暑地等の取組
以上の6点について要望しました。

7月6日(水)公明党奈良県本部中南和総支部では、中南和総支部内の議員所属の自治体を回り、街頭演説を実施しました。

当日は、熱い一日となりましたが、議員全員(12名)が、各議会の報告、取組み、また、東日本大震災へ公明党の取り組みなどについて懸命に訴えさせていただきました。
朝九時過ぎ、橿原大和八木駅前から演説を開始、田原本町千代交差点に続き、桜井市役所前では、大西わたる、万波みちよし両桜井市議、岡しろう奈良県本部代表(県議)の3名がマイクをとり市民の皆様に訴えさせていただきました。その後、宇陀市Aコープ前、大淀町ライフ前、五條市田園Aコープ前で行いました。
各現場では、地域住民の方々、また、車で通行中の方からの声援も受けながらの演説会となりました。

Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者