バックナンバー 2011年 2月

本日、谷奥昭弘桜井市長に、三種予防ワクチン(子宮頸がん・ヒブ・小児用肺炎球菌)の全額公費助成を申し入れました。
桜井市では、1月臨時議会において、補正予算で三種ワクチンの公費負担分が承認され、2月1日よりワクチン接種費用の個人負担1割で、対象希望者に接種が開始されました。
しかし、子育て世代の家庭においては、1割の負担といえども生活費を切り詰めた中での更なる出費は大変厳しいものがあるため、全額公費による助成が必要として、申し入れを行いました。
これには、庵前政光議員、大西わたる公明党桜井支部副支部長とともに出席いたしました。

Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者