今日、志津霊園内の道路予定地に最後まで残っていた墓地が収容を待たず、自主的に撤去され、これで道路開通に必要な墓地移転手続きが終わりました。
いよいよ道路の建設工事が始められます。
早ければ年内には、開通出来るかもしれません。
120mの道路建設に30年かかりました。
墓地移転のために支払った15億3200万円ものお金が、一時不明となるなど、今年で市制60周年を迎える佐倉市の屈辱の歴史が終わりを迎えることになります。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
Twitter
外部リンク
サイト管理者
佐倉市 森野正
sakuramorinotadashi@gmail.com