佐賀県武雄市の新しい教育方法の事例を紹介します。
図書館運営を民間事業者に委託して、館内にスターバックスを置いて評判になった武雄市で「反転授業」というものをやっています。
市のホームページより引用します。
佐賀県武雄市が取り組む教育の概要
●スマイル学習(ビデオ予習型授業/武雄式反転授業)
家庭で、翌日行われる授業の動画(基礎)を見て知識の習得を行い、翌日学校では教え合い、学びあいを中心とした授業を行う授業形態(いわゆる反転授業)を、平成26年度より市内全小学校の3年生以上に導入。児童の知識習得の効率を上げるとともに、落ちこぼれをつくらない学校づくりを行う。
●タブレット端末
平成26年度より、市内用学校全児童にタブレット端末(3,153台)を貸与。
平成27年度には、市内中学校児童(約1,500名)に貸与予定。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
Twitter
外部リンク
サイト管理者
佐倉市 森野正
sakuramorinotadashi@gmail.com