バックナンバー 2011年 9月

最近、福島の方からメールをいただいた。
ある佐倉市会議員のブログの中での記述に関するものだ。

そのブログには「ふくしま新発売」というキャッチコピーで地元の安全な農産物の販売を促進しようとする福島県の取り組みに対する否定的な書き込みがあるという。

 メールは、ブログの内容が東日本大震災によって発生した原発事故によって飛散した放射性物の被害から立ち上がろうする福島県民の思いを踏みにじるものであり、佐倉市議会議員として
どう思うかというものだった。

 文や言葉は、その前後の関係で意図を判断することが大事だと思う。

メールの送信者から指摘があった時には、その部分はブログから削除されていた。
しかし、インターネットは怖いもので、当初の書き込みは、今でも見ることができた。
文全体の構成から、明らかに反原発運動の記述の中で、被災地や被害者までも傷つけるもの
と受け取れる。

メールの送信者は、その議員に削除した理由を求めたが、返事がないという。

私は、ブログを書いた議員に返事をする意思があるかを聞いた。
「個人のブログに何を書くのも、書いた文の削除や訂正をするのも
自分の自由である。答えるつもりはない。」ということ。

削除されていない原本を見るのも私の自由である。
そして、批判することも自由ということだ。

いつか、原本を公表することも自由である。
ということでいいのだろう。

ブログバックナンバー
Twitter
外部リンク
サイト管理者
佐倉市 森野正
sakuramorinotadashi@gmail.com