境港市議会議員 たぐち俊介 

― 公明党 境港市議会議員  田口俊介 公式ホームページ ―

新年度へ向け、超党派での予算要望を提出!

未分類 / 2019年11月8日

本日、「平成30年度境港市決算審査」の認定などに係る11月臨時議会終了後、市長室にて超党派(自民クラブ、公明党境港市議団、無所属)による、『令和2年度 予算編成に対する要望書』を中村市長に提出し、今後の施策に反映していただくよう要望しました。
要望書の内容としては、
⑴市民福祉の充実に係る施策について
⑵市民生活の充実に係る施策について
⑶都市計画に係る施策について
⑷農業施策について
⑸行政執行の体制整備について
の、大きく5点について、それぞれ具体的な内容を記しております。
特に、⑴については「困窮者自立支援事業の充実」として、
・自立支援事業の出口として、就労準備支援事業及び家計相談事業の充実
・さらなる事業実施体制の充実と幅広い関係機関の情報共有
・就職氷河期世代の活躍の場を広げる支援と、ひきこもり状態にある方の支援について、相談しやすい体制の整備、時間をかけて寄り添う支援の充実
また、「障がい者福祉施策の推進」として、
・市内に障がいのある方が生涯を通じて、安心して入居できる施設の早期実現
・重度だけでなく、中度・軽度の障がい児者へのおむつ代の助成制度の創設促進
・障がいの特性に配慮した情報バリアフリーの推進
⑵については、「マイナンバー施策の推進」として、
・マイナンバーカード普及のための取得支援の充実
・マイナンバーによる情報連携やマイナポータル利用の利便性の周知・啓発
・マイキープラットホームを活用した独自施策の検討と展開
⑸については、「業務の効率化の推進」として、
・RPA(Robotic Process Automation)の早期導入やAI(人工知能)の活用による業務の効率化・省力化の推進
・より手厚い市民サービスの実現と、効果的な事業展開のための職員の戦略的再配置
を、公明党市議団として要望させていただきました。

地域を育む『ナナメの関係』を学ぶ

未分類 / 2019年10月7日

やっと10月らしい気温になった境港市です。
昨日は朝から渡町上部落のとんど場の除草作業に参加したのち、市内で開催された『とっとり県民カレッジ講座』へ。
今回は【地域を育む「ナナメの関係」】のテーマで、静岡県裾野市東地区おやじの会「何にもしない合宿」実行委員長の小田圭介さんを講師に、『地域で子どもを育む実践〜「何にもしない合宿」を学ぶ〜』と題した講演と、午後からはワークショップデザイナーの片平誓子さん、日野高校魅力向上コーディネーターの長谷川大介さんをファシリテーターに、ワークショップを行い、子どもが地域で育つ過程において必要な「ナナメの関係」について参加者みんなで考えました。
講演では、「タテ(親・先生)」でも「ヨコ(友だち)」でもない「ナナメ」の関係で子どもと関わることが結果として地域づくりに繋がっていく実践をわかりやすく教えていただき、ワークショップでそれを具体的にどこから始めるか…。たくさんの「気づき」を得ることが出来ました。
また、今日の講座を企画した市教委の竹本さんがテーマに掲げた、『地域【を】育む「ナナメの関係」』という、「地域で」ではなく「地域を育む」の『を』に込めた思い 〜 子どもと大人の関係だけでなく、大人同士の「ナナメの関係」づくりが地域づくりに重要であることを知ることも出来ました。
境港市の地域づくりは、『ナナメの関係づくり』から!

議会休会日、市内小学校へ。

未分類 / 2019年9月6日

9月に入りましたがむし暑い1日となった5日は、議会休会日でもあったので、市内小学校をボランティアめぐりしました。
午前中(朝)は、夏休み明け最初の読み聞かせボランティアで、渡小学校まで。
今月は1年1組を担当。議会準備などで慌ただしく、ギリギリになって選んだのが、『おこる』(中川ひろたか:作、長谷川 義史:絵)。
子どもたち、最後までしっかりと聞いてくれて、たくさんの感想を言ってくれました。
帰りがけには、運動会のご案内もいただきました。
午後からは上道小学校にお邪魔して3年生の伯州綿を使った紙漉き体験授業のお手伝いを。
先日、渡小学校3年生の紙漉き体験授業の際、地域おこし協力隊の仲里さんより、「時間があれば…」と、お誘いをいただいていたので議会の休会日でもあったので、飛込み参加させていただきました。
同じ3年生、同じ内容でも学校が変われば子どもたちの雰囲気も変わります。とはいえ、こちらでも子どもたちは楽しんで和紙づくりに挑戦。
感想発表もたくさんしてくれました。

令和最初の夏。『夕日ヶ丘二丁目夏祭り』

未分類 / 2019年9月1日

8月最後の土曜日の今日、『第6回夕日ヶ丘二丁目夏祭り』を賑やかに開催しました!
境港市内で一番新しい住宅団地である、夕日ヶ丘地区で、住民同士の交流の場を…と、自治会有志で立ち上げた『夏祭り』も、今年で第6回。
令和最初の夏祭りは、当初、天気も心配でしたが雨続きの中で、今日は朝から夏の日差しを思わせる晴天となりました。自治会役員と有志による実行委員会の皆さんが、模擬店班・イベント班・事務局と、役割分担しながらの準備・運営もスムーズで、今年は昨年以上の住民の方々に出かけていただきました。
また、今年も地元、渡地区の消防団の皆さんに出動していただき、消防車の展示や水消火器による消火体験、子ども消防服を着用しての撮影会を実施。さらに、今年6月より集会所でダンス教室を行なっているダンススタジオ・ジャムさんのキッズチームによる、迫力あるダンスパフォーマンスと、例年に増して盛り上がったお祭りとなりました。
今年は、いつもの司会進行だけでなく、自治会長という事で、夏祭り実行委員長の役目もあり、不安もありましたが、実行委員の皆さんのチームワークに助けていただき、無事に終えることができ、感謝の思いでいっぱいです。

渡小学校3年生と、紙漉き体験

未分類 / 2019年8月29日

週明けから雨が続いている境港市ですが、警報・注意報は出たものの、比較的短時間で解除されひと安心…。
そんな中ですが、今日は朝から渡小学校3年生へ。「子どもたちと綿をつくろう会」の一員として、綿の茎などを使った『紙漉き体験授業』を行いました。
今年も紙漉きの指導は、市農業公社の岩本さん、地域起こし協力隊の中里さんを中心に、市役所農政課の職員の皆さんと一緒になって、3年生の2クラスをお昼までかけて、子どもたちひとりひとりが、自分の「和紙」作りに挑戦しました。
今日作った和紙は今後、ランチョンマットに仕上げていくそうです。子どもたち、和紙の原料を水と粘材と混ぜ合わす感触などを楽しんでいました。

公明党中国方面夏季議員研修会に参加!

未分類 / 2019年8月18日

お盆休みの最終日となった本日、山口市にて『公明党中国方面夏季議員研修会』が開催され、中国地方各地から公明党地方議員、約180名が集い、今後の政策課題について学ぶと共に、参院選の総括をもとに今後の議員活動について研鑽しました。
午前中の政策課題ごとの分科会では、昨年に引き続き『マイナンバーカードの利活用について』を受講。
内閣府及び、総務省の担当者から国における今後のマイナンバーカードの利活用の方向性などについて学びました。
これから2、3年の間にマイナンバーカードの利活用の幅がぐっと広がります。
各自治体でのカード普及の取り組みを加速させる必要があると感じます。
午後からの全体研修では、4名の地方議員から活動報告があり、我が鳥取県からは前田伸一 鳥取市議より、日頃の街頭活動や地域・企業との繋がりを深める活動などについて元気いっぱいに報告をされました。
その他、登壇された皆さんの活動報告を聞きながら自身の活動を振り返り反省しきりでした。
その後は中国方面選出の国会議員が次々に登壇。先の参院選で3期目の当選を果たした山本博司 参議院議員からは、引きこもり対策と支援について、谷合正明 参議院議員からは、今日の研修会に先立って行われた中国方面県代表協議会の中身について、桝屋敬悟 方面本部長(衆議院議員)からは今後の活動について、また、斉藤鉄夫 幹事長(衆議院議員)からは、参院選の分析からの考察による公明党地方議員のあり方についてなど、多岐にわたる話がありました。

サイクリングロード開通式と『豆カフェ』

未分類 / 2019年6月15日

境港市は久しぶりのまとまった雨になりましたが、昨日来の予報にあった「大雨」「暴風雨」迄にはならず、「恵みの雨」で治りそうですね。
今日は午前中に予定が2つ。
ひとつは、県が整備を進めてきた米子市(皆生温泉)から境港市(夢みなと公園)にわたる『白砂青松の弓ヶ浜サイクリングコース』の一部開通式。もうひとつは、地元、渡地区の地区社協を中心に地域の皆さんの力で月1回【オープン】している渡『豆カフェ』でのギター演奏。

【白砂青松の弓ヶ浜サイクリングコース】は、県が13億円の費用をかけ、整備を進めてきたもので、すでに開通している皆生温泉から夜見町までの区間7.5kmに加え、この度、境港市から米子市和田町までの区間5.8kmが開通となりました。(残る和田町から夜見町の2.5kmは、明年開通予定)

【渡地区『豆カフェ』】は、昨年11月にFBでもリアルでも知人である、Reiko Watanabeさんよりお声かけいただき、Reiko さんのアルトサックスと一緒に、ギターでの昭和歌謡の演奏をおこなったのですが、今回、再びお誘いを受けて演奏をさせていただき、『豆カフェ』オープン一周年を皆さんの歌声でお祝いしました。

6月最初の週末は…。

未分類 / 2019年6月3日

何となく梅雨入りも近い?…と、思うような蒸し暑い週末となった、昨日と今日ですが、地域の行事も様々…。

 

1日(土)は、「陸上自衛隊美保分屯地開設1周年」の記念行事に地元近隣自治会長として参加。姫野司令をはじめ、各方面の関係者の皆様と会食ならびに部隊装備品の装着体験や、大型輸送ヘリCH47への体験搭乗をさせていただきました。

美保分屯地の皆さんは開設1年ながら、すでに4度の災害派遣に出動し、国民の生命と財産を守るべく活躍をされています。

 

また、2日(日)は、『航空自衛隊美保基地航空祭」の祝賀会にも参加。地域と共にある基地として、今後ますます平和貢献への役割を担っていっていただく事を願っています。

 

祝賀会を早めに退席後は、地元である「渡地区敬老会」へ。例年なら、OYAJIの会のメンバーとして駐車場係を担当するところでしたが今年は開会前に滑り込みセーフでした。
今年の渡地区の敬老会対象者は、633名。その内、会場となった渡小学校には173名が参加され、わたり保育園の年長さんや渡小学校3年生の皆さんの歌やダンス、また「さかいみなとウインドアンサンブル」と渡公民館の合唱グループ『みかんの花」による歌と演奏など、賑やかに。

 

来年もまた、皆さんのお元気な姿を見る事が出来ますように!

山本ひろし参議院議員とともに!

未分類 / 2019年5月20日

昨日(5/19)は午前中から、『山本ひろし』参議院議員とご一緒させていただきました。午前中の諸会合ののち、午後からは、(社)山陰言語聴覚士協会(竹内茂伸 協会長)の総会へ。(社)山陰言語聴覚士協会 様とは、6年前よりお声をかけていただき、窓口をさせていただいております。
この度は、今夏の参院選に向け、協会より『山本ひろし』へ、推薦状もいただきました!
総会での挨拶の後、一路、倉吉市へ。
山本ひろし参議院議員は、これから倉吉市・鳥取市で時局講演会を開催。終日、県内をパワフルに動かれました!

境港市障がい児(者)育成会と議会の懇談会を開催!

未分類 / 2019年5月18日

本日、境港市障がい児(者)育成会さんの総会に合わせて、かねてより計画をしていた育成会の皆さんと議会の懇談会を開催しました。
育成会の皆さんからは、選挙における投票所での知的障がいや自閉症のある方への配慮や、「親なき後」も地域で当事者が暮らしていくための施設の整備についてなど、様々な課題を聞かせていただきました。
まだまだ、当事者の視点に立たないと見えない事はたくさんあるのだという事に、あらためて気づかされた時間でした。
また、懇談会の後には育成会の皆さんから議会(議員)へ、『あいサポート研修会』も行っていただきました。
育成会の皆さんには、午前中の総会より長時間にわたり、大変にお疲れ様でした。
境港市の『共生社会』構築に向けた取り組みを一歩ずつ着実に進めていきたいと思います!