境港市議会議員 たぐち俊介 

― 公明党 境港市議会議員  田口俊介 公式ホームページ ―

新年度へ向け、超党派での予算要望を提出!

未分類 / 2019年11月8日

本日、「平成30年度境港市決算審査」の認定などに係る11月臨時議会終了後、市長室にて超党派(自民クラブ、公明党境港市議団、無所属)による、『令和2年度 予算編成に対する要望書』を中村市長に提出し、今後の施策に反映していただくよう要望しました。
要望書の内容としては、
⑴市民福祉の充実に係る施策について
⑵市民生活の充実に係る施策について
⑶都市計画に係る施策について
⑷農業施策について
⑸行政執行の体制整備について
の、大きく5点について、それぞれ具体的な内容を記しております。
特に、⑴については「困窮者自立支援事業の充実」として、
・自立支援事業の出口として、就労準備支援事業及び家計相談事業の充実
・さらなる事業実施体制の充実と幅広い関係機関の情報共有
・就職氷河期世代の活躍の場を広げる支援と、ひきこもり状態にある方の支援について、相談しやすい体制の整備、時間をかけて寄り添う支援の充実
また、「障がい者福祉施策の推進」として、
・市内に障がいのある方が生涯を通じて、安心して入居できる施設の早期実現
・重度だけでなく、中度・軽度の障がい児者へのおむつ代の助成制度の創設促進
・障がいの特性に配慮した情報バリアフリーの推進
⑵については、「マイナンバー施策の推進」として、
・マイナンバーカード普及のための取得支援の充実
・マイナンバーによる情報連携やマイナポータル利用の利便性の周知・啓発
・マイキープラットホームを活用した独自施策の検討と展開
⑸については、「業務の効率化の推進」として、
・RPA(Robotic Process Automation)の早期導入やAI(人工知能)の活用による業務の効率化・省力化の推進
・より手厚い市民サービスの実現と、効果的な事業展開のための職員の戦略的再配置
を、公明党市議団として要望させていただきました。