境港市議会議員 たぐち俊介 

― 公明党 境港市議会議員  田口俊介 公式ホームページ ―

斉藤政調会長が来境!

未分類 / 2008年7月19日

 今日は党本部より、斉藤政調会長を県西部に迎えました。予定の飛行機が悪天候の為(?)、20分以上遅れて到着するなど、ハプニングもありましたが、予定のスケジュールは何とか無事にこなせました。

 境港市に於いては、企業訪問もありましたがメインとなったのは、漁業関係者の方々との意見交換会でした。この意見交換会は、境港水産振興協会のご尽力で実現したもので、各組合・漁協のトップの方々より現在の燃油高騰にあえぐ水産業の現状に対して、忌憚のないご意見や要望がなされました。自分自身も、あらためていろいろなお話を聞かせていただき、大変勉強になりました。政調会長も、本日お聞きしたことを今後の与党での緊急対策に少しでも反映させていきたいと言っておられました。
 そうなんです!ここです!
 「現場の声」を、政策に生かす、反映させる。これが、責任政党「公明党」の持ち味であり、与党の責任だと僕は考えます。
 それに対し、「困ってるんだから、何とかしろ〜」と、ただ騒ぐだけで点数稼ぎを目論むのは・・・ん〜、「確かに、野党」なんでしょうか・・・。やっぱり・・・。

クールアース・デーの推進を申し入れ!

未分類 / 2008年7月2日

 本日、南條議員と共に公明党鳥取県本部・青年局として、「クールアース・デー」の推進を求める緊急申し入れを、午前中、中村市長にさせていただきました。
 また、午後からは、澤 紀男県議と日野町・日南町の各町長へ同様の申し入れをさせていただきました。 
「クールアース・デー」については、公明党青年局が創設に向け携帯電話による署名運動を展開し、去る6月9日に約68,500名分の署名と共に、福田首相に申し入れたところ、その場で創設を即決されました。

 具体的には、洞爺湖サミットの初日である7月7日を「クールアース・デー」とし、みんなで地球温暖化防止について考え、行動する契機とする日にしようと、いうもので、当日はCO2削減のため、午後8時〜10時の間、全国の施設や家庭で「ライトダウン運動」の取り組みを計画しています。
 現在、全国の7万2000以上の施設がこの「ライトダウン運動」への参加を表明しています。
 皆さんの家庭でも、七夕の夜はTVや、部屋の明かりを消して、天の川でも眺めながら地球の未来に想いをめぐらせてみませんか・・・。