Twitter
Twitter
外部リンク
サイト管理者
堺市 大林健二
ken38t@pro.odn.ne.jp
バックナンバー 2009年 12月

公明党青年局の活動として、全国で若者の雇用 緊急一斉総点検活動を展開しています。

公明党青年局の活動として、全国で若者の雇用 緊急一斉総点検活動を展開しています。公明党の北側一雄副代表も調査に参加。視察で対応して頂いた林市民産業振興局長、森尾センター長らは「今年の利用者は昨年比で220%増。その半面、就職決定率は低い」と、厳しい雇用情勢の説明をうけました。今後も、堺市の雇用拡大に取組んでまいります。

明年春にオープン予定の堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター(NTC)を市議団で視察を行った。同NTCは、サッカー・ピッチ14面、フットサル・ピッチ8面を誇る日本最大規模となる。

 堺市の臨海部・堺浜に来春オープン予定の市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター(NTC)が今、スポーツの一大拠点として全国から注目を集めている。
    
 NTCがある堺浜は、阪神甲子園球場の約70個分の広大な敷地面積を誇り、現在、商業施設や液晶パネル工場、広域防災拠点の整備などが進められている“新都市”だ。大阪の中心地や関西国際空港へのアクセスも良く、関西経済活性化の起爆剤として期待されている。
 NTCは、Jヴィレッジ(福島県)と清水ナショナルトレーニングセンター(静岡県)に続き、3カ所目となる日本サッカー協会指定のナショナルトレーニングセンター。3000席の客席設備があるメーンフィールドをはじめ、サッカー場が14面、フットサル場が8面、さらに、クラブハウスなども併設され、日本最大級の規模を誇る。サッカー以外にもラグビーやアメリカンフットボールなどが行える。
 オープン後は、サッカー日本代表の練習場や全国規模のスポーツ大会の会場になるほか、市民のスポーツ・レクリエーションの場としても活用予定だ。
 NTCについて市議会公明党は、これまで「市民がスポーツを楽しみ、希望と夢を与えることができる」と議会で訴えるなど、設置を強力に推進。2日には現地を視察した。
 市スポーツ部の担当者は、「にぎわいある街づくりの核にもしたい」と語っていた。

12月1日に、「雇用対策」、「中学生のランチ実施」や「水道料金の値下げ」などを盛り込んだ平成22年度予算要望を市長に申し入れした。