バックナンバー 2008年 1月 5日

あけまして、おめでとうございます。

新年2日、5日と街頭からの訴えを行いました。

1.公明党の役割

2.堺市の発展に全力

今年一年も、よろしくお願いいたします。

  

昨年7月の参院選の結果、衆議院では与党が絶対安定多数を占めているものの、参議院では野党が過半数を占め、いわゆる「ねじれ国会」になっております。自民党と民主党の二大政党が対決に終始すれば、与野党の合意形成は難しく、社会保障や教育などさまざまな分野で国民生活に影響が出てきます。

    しかし、「ねじれ国会」であっても政治の停滞は許                    されません。与野党が真摯に政策協議を重ねて、合意形成に向けた努力が必要なのではないのでしょうか。だからこそ、公明党はどこまでも国民の視点に立った政策を提言し、その実現のために与党と野党の“橋渡し役„となって政策協議を進め、数々の重要法案を成立させてまいります。

また、特に政令指定都市になって3年目を迎え、まだまだ実感できません。

東区の道路整備やバリアフリー(エレベーター設置等)推進を図っていき、住んでよかったまちづくりをすすめて参ります。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
堺市 松本光治
matukun@kra.biglobe.ne.jp