外部リンク
Twitter
サイト管理者
相模原市 米山定克
y.sadakatu@jcom.home.ne.jp

Archive for 2012年 4月

津久井軟式野球リーグ春季大会開催!

                                                                       

                                                                         4月8日(日)、午前8時より津久井軟式野球リーグ春季大会が快晴のもと開催された。
 開会式には登録された全チームが集まり、ユニホーム姿で勢ぞろいする姿は華やかで素晴らしい開会式となった。
 

 

 島津会長さんの挨拶の中で、 5年前、相模原市との合併による決断された思いのほどが話され、今日に至るまでの津久井軟式野球リーグについて話された。また話の中で、鳥屋グランドのバックネット裏に階段が整備されたことも話された。 

 この件で、私が相談を受けたのが昨年の8月過ぎで、会長さんとグランドに行き、状況を詳細に聞いて対応を約束し、早速、スポーツ課に要望して、設置されたのが本年の3月28日、今までは一塁のベンチに行く関係者は3塁側のベンチの前を通る不便さが解消され、試合の邪魔にもならないので、大いに利用されると思います。 

 津久井軟式野球リーグの試合について、春季大会は1チームで期間中に最低4ゲームの試合ができます。
 
いわゆるこれは津久井方式と呼ばれていて、参加チームは1試合で負けたらそれで終わりでなく、対戦チームが変わって試合が出来ることが魅力で、年々参加チームも増えていると聞いております。

 地域スポーツは青少年育成の一貫でもあり、島津会長さんの思いは強いものがあります。野球を通して、地域スポーツの興隆と青少年育成に真剣に取り組む津久井軟式野球リーグに期待する声も多くなってきております。  

 市にとっても地域スポーツの興隆は大切な施策の一つであり、私としても地域スポーツの興隆に力を注ぎたいと決意しております。

 

 

第39回相模原市民桜まつりが盛大に開催

 4月7日、8日で相模原市恒例の「市民桜まつり」が盛大に開催!!
 7日、13時30分の開会式後、栄議員と会場内を回ると「にぎやかだ!」の一言が象徴されるように多くの人で溢れていた。

 市役所を中心とした桜まつりは本年で39回目を数える市の伝統行事として、市民の皆様はもちろんのこと、周辺の市町村の皆様も楽しみにしていることを肌で感じることができました。
 とにかく市役所周辺は桜並木がすごい。補給廠から市役所前をすぎて、星が丘まで続く桜並木は「お見事!」の表現以外に言葉が出ません。
 

   また、ライトアップの桜並木も綺麗でその素晴らしさに「ワォー」という感じです。是非一見してください。
 今日の桜まつりには公明党新人議員の大崎議員、久保田議員、西家議員も連日の行事の疲れも見せずに参加し、多分人数の多さにビックリしているに違いないと思います。
 

  銀河連邦の一員として参加していた、友好都市大船渡市の戸田公明市長と挨拶を交わすことができました。市長の元気な姿に接し、復興の意欲を感じることができました。
 「がんばろう!大船渡市」の復興は日本再建につながっていくことは間違いないとの確信を強くしました。
 

 開会式後のパレードでは、私の地元である田名鼓笛隊のメンバーも胸を張って素晴らしい演奏をしてくれたことに感謝しています。

 今年の「桜まつり」は例年と違って華やかさを感じます。役員の皆様、大変ありがとうございます。心から感謝しています。