外部リンク
Twitter
サイト管理者
相模原市 米山定克
y.sadakatu@jcom.home.ne.jp

Archive for 2011年 5月

相模原市議会6月定例会が始まる。 (夜は)田名地区青少年健全育成協議会に参加!

 本日9時30分より、相模原市議会6月定例会が開催された。市長の所信表明がされ、市長に就任してより2期目に入るにあたり、その取り組みと今後の市政について述べられた。

 淡々とした話し方なので批判するわけではありませんが、もっと感情こめて話をしても良いのではないかな~という感想をもちました。理事者側の提案のなかでは賠償責任についての案件が多く、近年市において事故が多いのが目立つ、しっかりとした対策を講じなければならないのではないか。絶対に事故を起こさないという強い一念が必要であると考えます。

 午後は風力等の新エネルギーに取り組んでいる企業の社長と懇談を持つ機会があり、大きな刺激を受けました。市としても身近なところから、エネルギー対策の必要があり、その取り組みを進めていきたいと強い気持ちが膨らんでいます。

 夜は田名地区青少年育成協議会に参加し、議員を代表してあいさつを行いました。知り合いの方も多く参加しており、田名に住む青少年育成のために、連携を取りながら前進を開始しなければならない。

 会のなかで、県警本部の青少年育成課 少年相談・保護センターの担当の職員の話があり、内容は非行に走る青少年の本音を話しており、考え深いものがありました。また、県警がこのような担当課を設置して青少年育成に取り組みを開始していることに、これからも各方面の人たちと連携を取りながら青少年対策の必要性を感じた。

 田名に住む青少年の皆さんが、心豊かに生活できるようになるために、公明の議員の使命は大きい。終了後名刺交換したのは言うまでもありません。

 

母子生活支援施設を視察!

 本日、午後1時30分より、市内の母子支援施設を視察した。28日に開所したばかりで、何もかも真新しい施設に視察に行けたことは大変有意義であった。

 施設長の施設の概要のなかで設置目的、根拠法令、構造、面積、主な設備、定員等詳しく説明を受け、その後施設長の案内で母子室、地域交流室、学習室、保育室、医務室、談話室、会議室、事務室、警備室を視察した。

 定員は20世帯+1世帯で、事業内容は日常生活に関する支援、生活管理、療育相談等があり、そして自立に向けた支援のなかでは就労支援、施設退所後支援等を事業内容にあげており、職員の皆さんが充分な環境の下で利用者に向き合う仕事ができるように議員が応援することの必要性を感じた。

 そして何よりもうれしかったことは職員の皆様が若いということと、やる気を感じることができたことである。

 この施設の設置については、公明党が議会で取り上げて要望をしてきた経緯があり、公明党相模原市議団の輝かしい実績の一つである。

 視察の参加者は佐々木県議、関山市議、大崎市議、久保田市議、西家市議そして私の6人が参加した。

臨時会最終日

 相模原市議会臨時会は本日最終日であった。子ども手当て関係の補正予算が全会一致で可決された。つなぎ法案で10月以降は新たな法案を出さないと児童手当に戻る。月1万円、所得制限ありで、国会での活発な審議を期待している。

 終了後代表者会議が開催され、はじめて参加した。様々な案件があり、積極的に対応が出来た。

2011・5月臨時議会開催

 5月16日相模原市議会臨時議会が開催され、議長、副議長はじめ監査委員、農業委員、議会運営委員会、5常任委員会、特別委員会等の構成が決まりました。公明党からは監査委員に関山由紀江議員、農業委員に栄裕明議員が就任し、環境経済委員会委員長には加藤議員、民生推薦委員会には菅原議員、

 そして公明党の新人議員の大崎議員は環境経済委員会、久保田議員は総務委員会、西家議員は民生委員会に所属しました。

 私自身はこのたび公明党相模原市議団の団長の任命を受け、しっかり公明党らしさを内外にアピールできるように頑張っていく決意です。委員会は建設委員会に所属が決まりました。

 本日の神奈川新聞の議会だよりの記事なかで 公明新団長に米山氏との見出しで記事が掲載され責任の重大さを痛感いたしました。