外部リンク
Twitter
サイト管理者
相模原市 米山定克
y.sadakatu@jcom.home.ne.jp

Archive for 2011年 1月

相模原市「はたちのつどい」に参加

 相模原市主催の「はたちのつどい」がグリンホール相模大野において開催され、私は中央区第1部午後3時~午後3時45分、中央区第2部4時45分~5時30分に参加する。当日はアトラクション「ありが10ひき」のスライドショーで小・中学校の風景が紹介された。出身学校が画面に映されると歓声が上がり、非常に盛り上がり、楽しい瞬間であった。記念映画「二十歳の温度」は新成人同士の連帯感を共有し郷土「相模原」への思いを深める内容となっており、相模原の若者を身近に感じることができる興味深い映画である。式典では加山市長、相模原市議会議長が挨拶を行い参加者は奇声を発することなく例年にない静かな成人式であった。午後2時と午後4時からは相模大野駅で新成人をお祝いする街頭演説会を行い新成人の皆様と市民の皆様に公明党の実績決意を訴えることができた。尚、相模原の成人者は7283名で昨年より177名減少し、少子化の傾向が表れているのではないかと考える。

相模原市建設関連連絡協議会の賀詞交換会に参加

 市内建設関係9団体で構成する。相模原市建設関連連絡協議会の賀詞交歓会が、12時30分よりけやき会館で開催されました。加山市長、市議会議長、国会議員、県会議員、市議会議員、商工会会頭、専務理事、等多くの来賓が参列し、最初に篠崎会長の年頭のあいさつの後に加山市長は「雇用の拡大、待機児童解消に向けた取り組み、景気回復に向けました」等、本年の相模原市の方向性を示す重大なあいさつを行った。景気が厳しいのか建設業界の参加が少ないように感じたのは私一人ではないように思いました 。帰り際に一人の青年が近づいて来て「米山議員」と言われて、名刺を交換して名前を言われてビックリしたのは、私が大学卒業後、初めて就職した市立湘南小学校で学校事務として勤務した時にいつも遊んでいた児童でした。私自身、今もあの時の出来事やその子の顔を鮮明に覚えていて、たまにどうしているのかと思う時があり、その子が突然目の前に現われ、35年ぶりに本人に再会し成長した姿を見て、大変うれしく思いました。当時の同級生のことを聞いたら「みんな元気です」との返事に思わず「よかたな~」という実感が湧きました。いろんな出会いがありますが、今日ほどうれしいことはなかったです。そして彼の健康と活躍を祈りまた会える日を楽しみにしたいと思います。

市指定無形民族文化財「的祭」に参加して!

 本日12時30分より水郷田名の田名八幡宮において、市指定無形民俗文化財「的祭」に佐々木県会議員とともに参加しました。今まで参加したことがなかったこの行事でありましたが、総代長の方の強いお薦めと、各地区の総代の皆さんからも是非参加してみてはとのお話をいただき、議員になって初めて参加しました。若干のカルチャーショックはありましたが、市議会議員という立場で参加をしたことに意義があると実感しています当日は加山市長はじめ市議会議長、国会議員、県議会議員、教育長、地元市議会議員、連合会長、自治会長の皆さんも参加して伝統行事の重さを実感しました。地域にお住まいの方はじめ一般の参加者が少ないのが少しさびしい気持ちはありましたが伝統行事を守ることが地域にとっては大変有意義なことであるし、町おこしの大きなポイントだと実感をいたしました。終了後は懇談会が持たれて、田名地域の自治会長さんはじめ他地域の総代長の方も参加しており、その中で公明党の理解者である総代長の方も出席しており、式典中に「米山さん」と声をかけていただき大変うれしいかったです。この総代長のお宅にはご友人と(私がとってもお世話になっている方です)何回も公明党の支援の依頼にお伺いをして公明党の理解者で、お会いできて改めて親近感を抱くことができました。今日の行事には県会議員候補全員が揃うという緊張感も走りましたが、今後はこういうケースも多くあるに違いないと思います。一つ一つの地域行事に参加してこそ信頼の輪が広がっていくに違いありません。

 

平成23年度相模原市賀詞交換会

  本日午前10時30分より市内のけやき会館で新年の相模原市賀詞交換会が開催をされた。加山市長はじめ、国会議員、県会議員、市議会議員、市内の各団体の有力者等が一同に会した。加山市長は新年の抱負で「本年は政令指定都市2年目相模原市の真価が問われるとき更に市民の皆さんが生きがいを持てる事業を展開したい」等をのべた。市長のあいさつの後、市議会議長その後国会議員、県会議員のあいさつが行われ乾杯で懇談会に入った。新年の最初の会合であり、多くの人と挨拶ができ友好的なひと時であった。この日より1月半ばまで連合自治会はじめ各団体の賀詞交歓会が開催をされる。この時こそ大いに挨拶をしていかなければならないと思います。

公明党相模中央総支部新春街頭演説会

  午前11時より相模原駅南口において、公明党相模中央総支部新春街頭演説会を、佐々木県議会議員、山崎市議会議員、菅原市議会議員、西家党副支部長と一緒に新春の挨拶を駅周辺に集まっていただいた方にさせていただきました。私が演説を開始してすぐと通りかかった人が突然そばまできて「頑張ってください」そして「名刺をください」と言われたので、演説をやめて、丁寧に対応をさせていただきました。公明党に対する期待がひしひし感じることができました。私は話の中で、市民相談で皆様にお答えをしたことや、議会で取り組んでいる自殺対策を話し始めると車いすの方が聞いてくださり、白髪の男性の方も柱のところで聞いてくださり関心の大きさを実感し、思わずマイクを握る手が強くなってしまいました。2点目はアルコール依存症の相談体制について、家族の方の悩みや苦しみを少しでも和らげるために、この問題も真正面から取り組みをするために真剣に訴えてさせえいただkました。この問題は根が深く家族の問題、兄弟の問題も深くかかわっており、時間をかけてあきらめずに取り組みをしていかなければならないと決意をしております。いづれにしても市民の皆様が安心して過ごせる相模原を築いていきます。

田名団地公園の防護柵が完成する!

 昨年10月に田名団地公園の防護柵が壊れているために、子どもが落ちてけがをし危険な状態が続いておりで早く修理をしてほしいと公園に隣接している住民の方から市民相談がありました。直ぐに市の公園課に防護柵の整備を要望をしたところ、検討していただき昨年末に完成して、今までのような危険な状態は回避することができました。

元日午前2時、地元自治会の賀詞交換会に出席

 私の住んでいる田名四ッ谷自治会は、元旦午前2時開会の日本一早い賀詞交換会を、長年開催をしている。参加者は歴代の自治会長はじめ本年度の役員の方、地元の私を含めた4名の市議会議員も参加して、盛大に開催された。話の中心はなっんといっても4月に開催される選挙でもちきりである。地元の長老からは全員当選して地元のために働いてほしい。そして今の民主党はダメだ一番信頼できるのは公明党しかないとの発言にビックリしてしまいました。そして改めてその期待の大きさを実感した次第です。本年は勝負の年先陣を切って動き勝利をつかみ取りたいと決意をしています。本年もよろしくお願いいたします。