menu

29日は、午前中市民相談の対応をし、午後からは監査委員として監査を行いました。
適正な行政執行等を求める監査ですので真剣勝負です。
さて、台風第19号の被災者で、住む所にお困りな方に対する市営住宅の一時提供について、当初の運用では、
「部屋には照明器具、ガスコンロ、カーテン、寝具、冷暖房等の備付けはありませんので、御自身で御用意いただきます。」
と有ったのですが、電気水道ガスが直ぐに使えなくて入居者が途方にくれてしまう事のないように、住宅課に改善を要望しました。
その結果、住宅課の人道的な配慮によって、
「部屋には照明、ガス器具は用意しますが、家具、カーテン、寝具、 家電製品はありません。」に変更されました。感謝です。
最近発行の「台風第19号で被災した住まいの心配」という資料に掲載されました。
大崎ひではる、被災者に寄り添い、人道的で温かい行政対応を求め、福祉部局にも働きかけて参ります。

コメントは受付けていません。

外部リンク
大崎ひではるTwitter
公明Twitter
サイト管理者
相模原市 大崎ひではる
osaki@sun.nifty.jp