menu
バックナンバー 2019年 9月

「勇気の証言ーホロコースト展 アンネ・フランクと杉原千畝の選択」神奈川展が19日、横浜産貿ホールで開幕されました。
開幕式には、黒岩神奈川県知事や、NPO法人「杉原千畝 命のビザ」の杉原まどか副理事長ら多数の御来賓が出席されました。
私も、県内の平和・人権にかかわるご来賓を3名ご紹介し来場していただきました。
人を人とも思わない、命を軽視する残虐なるナチスの差別政策の嵐の中にも、アンネフランクの様に人間性あふれる日常があること。
そして、自らの危険も顧みず人間の尊厳を守るため「命のビザ」を発行し続けた、杉原千畝の行動に対する深い敬意と感動。
生命の尊厳を確認し、未来に対する希望を見い出せる展示だと感じました。
23日まで開催されていますので、是非ご覧になられることをお勧めします。

9月の9日10日は環境経済委員会が開催され出席しました。
議案や補正予算、また決算審査のための分科会が行われ慎重に審査を行いました。
生物多様性やSDGs、公園関係など多岐に渡りました。ぜひ市のホームページから動画を見ていただければと思います。未来を託す子供達の成長のためにもしっかり要望事項も指摘致しました。
また今週、横浜産貿ホールにて19日から23日まで開催される「勇気の証言ーホロコースト展」アンネフランクと杉原千畝の選択 神奈川展にちなんで、久しぶりに「夜と霧」(V・Eフランクル著)を読んでみた。地獄のような悲惨な体験の中に、人間の尊厳を保つ心の自由の可能性、そして勇気。感動して読み進んだ、勇気の大切さを感じた!
そして、人間主義の政治にはこの勇気無くしてなし得ないと深く考察する事が出来た。

この一週間、市民相談やお見舞い、地域の行事にと大忙しです。
奨学金の返済猶予、複雑な相続関係、台風の被害の復旧、器物破損の関係、ミラー設置や道路補修依頼、冠水箇所の改善、草刈り依頼等々。
また、党員会や党員登録の書類の準備配布も行いました。
新磯公民館新館開館40周年記念コンサートに伺ったり。また、今日は大凧センターで展示されている「昔の生活用品」を視察しました。
知り合いの農家の方がお米の収穫の準備をされていました。黄金色に輝く、稲穂が眩しかったです。

架空請求‼️
最近の相談事で数件続いたのが、『架空請求』です。
一瞬ドキッとしますが、絶対に電話しないで無視する事が一番だそうです!
ハガキやメールの他、封書でも来るようです!
みなさん気をつけましょう!
東京都のホームページでも最新の注意喚起が出ています!

https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/kinkyu/190604.html

8日夜、風雨が強くなる前に、地域内の各避難場所の様子を伺って来ました。
特に、今年から避難場所として運用されている、
さがみロボット産業特区プレ実証フィールドと
麻溝公民館
の2箇所は、職員の方ともご挨拶させて頂きました。
夜通しの任務、本当にご苦労様です。お世話になります。
各所数人ずつ、避難している方がいらっしゃいました。
また、
夢の丘小学校
麻溝小学校
相陽中学校
も外から様子を伺わせて頂きました。
大きな被害が無いように備える事が重要です。

防災減災を政治の中心に
相模原市総合防災訓練に参加しました。
市危機管理局を始め関係部局、各省庁、警察、消防、自衛隊、米軍等。そして、医師会や建設業協会などの協力団体、企業、自治会、など、多くの方々の参加で行われました。
私が、6月議会で要望しました、スタンドパイプ、動力ポンプ消化資機材の初期消化訓練も今回初めて実施されました。
教育委員会のブースでは、ご飯の炊き出しと自衛隊のカレーのコラボが成されており、感謝を込めて野村教育長とも一緒にパチリ!
議会報告はタウンニュースにも掲載されましたが、防災減災しっかり取り組みます!
新市長も、各ブースを回っていましたので期待を込め一緒にパチリ!

外部リンク
大崎ひではるTwitter
公明Twitter
サイト管理者
相模原市 大崎ひではる
osaki@sun.nifty.jp