Archive for 2012年 1月

縦貫道視察、市民相談、等々

 21日は、「災害ボランティアセンター運営訓練と被災地活動報告」に午前中参加しました。相模原市においても災害が懸念されている今、大いに参考になりました。

 

 午後は、行政書士会相模原支部の研修会と、引き続き賀詞交歓会が行われました。来賓も大勢お出で頂き盛会でした。副市長、市議会議長、衆議院議員、参議院議員、県会議員、商工会議所副会頭、町田支部長、等々の皆さん本当に有り難うございました。

 

 22日は、法事があり、夜9時からは市民相談が有りました。

 

 23日は、夜9時から打合せをしましたが、途中から大雪となり、白銀の中帰宅しました。

 

 24日は、市内の縦貫道、津久井広域道路等を視察しました。仮称相模原インターチェンジ、仮称城山インターチェンジ、葉山島付近トンネル工事現場等を視察しました。規模の大きさに今後の相模原の発展を予感し、また、期待もしました。

 夜は、やはり9時から放射能の子どもへの影響の相談やご要望を伺いました。こちらの対応もしっかりしなければなりません。

 

 25日は、秦野市文化会館で、県央8市議員研修会が行われ、「早稲田大学大学院公共経営研究科教授の北川正恭氏の講演を聴きました。今後の議員としての活動に大きな示唆を得ることができました。夜は7時から南区党員会議があり党勢拡大や、実績の紹介などを行いました。

 

 26日は昼間は総支部の会計監査があり同席しました。夜は8時から、市民相談に伺いました。この不況下に、解決しなければならない問題は山積しています。「大衆の中に」の精神で寄り添ってまいります。

 

 27日は、たまっていた事務仕事をこなしました。また、夕方はJCの賀詞交歓会に参加。若い経営者の方々のたくましさを感じました。

 

 28日はさすがに疲れがたまり、少しダウン。夕方からは新年会に参加。忌憚のない意見をお聞きして、今後の観光政策、教育政策、経済振興など幅広く語り合いました。気が付くと6時間以上の激論になっていました。

 

 29日は、市民相談。ヘビーな内容です。人生の重要な岐路に立つかたの相談です。真剣に取り組んでまいります。

今年も、年頭から全開!

 1月10日は行政書士会の支部役員が来庁されましたので、懇談後一緒に市長室に新年の挨拶に伺いました。行政書士会は、各区役所での無料相談会等、市民サービスに共働しております。

 

 12日・13日は全国市町村議会議員特別セミナーに参加しました。テーマは下記の通りです。

「超高齢社会に向けての医療介護政策の展望」東京大学高齢社会総合研究機構特任教授 辻 哲夫 氏

「超高齢社会における医療・介護・福祉の体制」東京大学名誉教授 大森 彌 氏

「「社会保障・税一体改革」の動向」北海道大学大学院法学研究科教授 宮本 太郎 氏

「福祉自治体の実践~みんなが笑顔になる支えあいのまちづくり~」滋賀県湖南市長 谷畑 英吾 氏

とにかく、研鑚なくして良い質問も提案もできません。勉強・勉強・勉強です。

 

 14日は、理科大の同窓生が集まり種々懇談、情報交換、を行いました。放射能の件も話題に上っています。チェルノブイリ後の発ガン率等、気になることもありますが、前に進むのみですね。

 

 15日は、南自治会の賀詞交歓会に招かれ参加しました。皆さんとても良い方ばかりで暖かい気持ちになりました。今年は、皆様のお役に「たつ年」としてまいりたい等、ご挨拶をさせて頂きました。その後、別の支持者の皆様の集会にご挨拶に伺いました。

 

 16日は、大崎事務所にて、南区の婦人局の方々と、3議員とで打合せを行いました。

 

 17日は、午前中南区区民会議に出席。消防署の講堂が会場でしたが、とても寒くて、震えながらの2時間でした。メンバーの皆様お疲れ様でした。お世話になります。

 18日は、13時から公明党神奈川県本部の賀詞交歓会が横浜で行われました。山口代表はじめ上田いさむ(前衆議院議員)氏も出席し、意気軒昂な、盛大な会合でした。我が相模原市長も参加され、見事な挨拶をしていました。公明党は、大衆のなかで活躍する党です。しっかり働いていく決意も新たにしました。

夜は、「加山としお後援会」の新春の集いに参加し、多くの方とご挨拶を致しました。

 

 

 19日は、放射能線量測定器を持って、南区内の支持者のお宅に行き、不安解消のため種々懇談、線量を測りました。放射能は、そのものの影響も怖いのですが、心配しすぎると精神的被害も有るので注意が必要です。

成人の日 

1月9日は成人の日です。

グリーンホール相模大野で、「はたちのつどい」が開催されました。

今回からは、各区ごとに会場を変えて開催されますので、南区の新成人が集ってこられました。

 私達南区選出の公明党市議会議員は朝9時過ぎと、11時半過ぎから相模大野駅北口で新成人の若者たちにお祝いの挨拶を行いました。

 また、東日本大震災からの復興期に超円高が継続している状況から、雇用の悪化が懸念されていること。そして、政府民主党の対応の遅さと、その取り組みに失望する声が多いなか、昨年から取り組んでいる公明党の若者雇用政策を紹介し、現場での地道な調査から判明した、学生と中小企業とのミスマッチ、職業訓練の内容と訓練生のニーズのミスマッチ、そして訓練の内容と企業のニーズのミスマッチを浮き彫りにし、その解決策を強く訴えさせて頂きました。

 

 式典では、「絆」を中心としたはたちの仲間が制作した動画を鑑賞し、皆さん懐かしい歓声をあげていました。

 この、若者たちが、夢と希望を持って社会に雄飛できるよう、しっかりと青年の声とニーズをくみ取り、政策に反映してまいります

新春の催し、様々!

 1月5日は、市の賀詞交歓会がけやき会館で開催されました。懇談の折りには各界の多くの皆様との新年のご挨拶をすることができました。相模原市発展のため、希望創出の年としてまいります。

 

 

  

 1月7日は、地区連合自治会の賀詞交歓会に参加させて頂きました。各自治会の役員の方や、校長先生、PTA役員の方、また社協の役員のかた、少年野球の会長さん始め、多くの皆さんと懇談ができ、様々なご要望やご意見を頂きました。皆様のお役に立てるようしっかりと働いてまいります。

 

 

 

 

 1月8日は、渕野辺公園隣接地において、消防出初式に参加させていただきました。初めから最後までしっかりと拝見致しましたが、地元の消防団員の皆さん、そして、ハイパーレスキューはやぶさの隊員まで、多重的に訓練された皆様のおかげで、安心安全の街が維持されているのだなと感謝の気持ちで一杯になりました。消防団の演目で龍の演技がありましたが、今年は辰年ですので、皆様は昇竜のように発展され、私は皆様のお役にたつ年と心に期しております。

新年 街頭演説

 新年あけましておめでとうございます。本年は、より一層頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 1月3日11:00から相模大野駅北口において、公明党相模原市議団として新春街頭演説を久保田市議とともに行わせていただきました。寒い中ではありましたが、数人の方に暖かい激励の声をかけていただきました。本当にありがとうございます。

 昨年の東日本大震災への支援対策における政府民主党の「遅い・鈍い・心がない」対応を指摘し、現場に寄り添う公明党の実績をアピールし、安全・安心の生活・暮らしを守り、また相模原市の発展のため頑張って行く決意を述べさせていただきました。

 

 本年は、日本にとっても世界にとっても、非常に大事な年であります。アメリカ・ロシア・中国・フランス・韓国等の国のトップが新たに選任される年でもあり、日本においても未曽有の震災後の復興のため、また、未来を方向付ける大事な年であります。

 

 議員は、国民・市民の方に成り代わって政治を行う公僕です。国や、市のお財布を預け将来を託す様なものと言っても過言ではありませんから、真剣に選ばなければ成りません。

 自分の財布を預けても大丈夫なくらい公平で信頼のおける人物を選ぶべきなのでしょう。

 

 大崎ひではる、皆様の信頼に応えられるようしっかりとスキルアップしてまいります。

 

 1月9日成人の日にも街頭演説を行う予定です。相模大野駅北口で行いますが、皆様の暖かいご声援が元気の源です。(^^)V

 

外部リンク
大崎ひではるTwitter
公明Twitter
サイト管理者
相模原市 大崎ひではる
osaki@sun.nifty.jp