バックナンバー 2013年 3月

3月10日(日)、こもれびの森の万葉集の歌碑の再整備がボランティアグループ「大野台みどりを守る会」の皆様のご協力により完了しました。

こもれびの森の「相模原中央緑地」にある「学びの小径」と言って万葉集の歌を楽しみながら散歩のできる散策路がありますが、この歌碑も設置から年数がたち老朽化し、壊れたりしていました。その状況に対し、市民の方からも再整備の要望をいただき、平成23年12月定例会の一般質問で取り上げ、市担当課へも早期の再整備について要望、相談をさせて頂いておりました。

再整備に向け、歌碑が撤去された状態が長く続き、市民の方からも市へいつできるのか問い合わせの電話もあったとのこと。再整備まで1年3か月かかりましたが、再整備作業当日も多くの散策される皆さんが、興味を示され設置された歌碑を楽しんでいる姿もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は設置作業もお手伝いさせていただきました。ぜひ多くの方に、こもれびの森を散策しながら万葉集の歌碑を探し、楽しんでいただきたいと思います。

 

外部リンク
Twitter
サイト管理者
相模原市 久保田浩孝
kubota.hirotaka-2011kt@jcom.home.ne.jp