バックナンバー 2012年 5月

今日5月30日は、6月定例会・本会議が開催されました。6月定例会は本日から6月29日までの31日間の会期となります。今日の本会議では、相模原市寄付金積立条例ほか5件の条例の制定・一部改正についてと平成24年度相模原市一般会計補正予算(第2号)の議案説明が行われました。6月7日、8日は、各会派の代表質問及び個人質疑が行われます。

 今日の本会議閉会後は、夜の党相模南総支部会の準備や打ち合わせを行いました。

また今日は、「相模原市ごみの散乱防止によるまちの美化の推進に関する条例(ポイ捨て禁止条例)」により制定された「きれいなまちづくりの日」(毎年5月30日)のキャンペーンが、午後3時から相模大野駅周辺地区(メイン会場)、橋本駅周辺地区、相模原駅周辺地区で地区内の清掃活動、「きれいなまちづくりの日」PR活動が行われました。

メイン会場のキャンペーン活動には、自治会や各種団体、企業など37団体、300名以上の皆さんが参加されました。私も相模大野駅北口ペデストリアンデッキにおいて、PR活動としてチラシとホケットティッシュ配りをしました。

 

 

夜7時からは、相模原南市民ホールにおいて党相模南総支部会を開催。今回は、古屋範子衆議院議員を迎え、多くの党員の皆様に参加いただきました。総支部会の内容は、党員の皆様の地域貢献に関する活動報告や市政及び市議会報告を行い、国政報告を行いました。

 

古屋範子衆議院議員には、アレルギー対策、子宮頸がん予防ワクチンなどの定期接種化、防災・減災対策についての国会質疑の模様などを含め熱く語っていただきました。

本日5月27日(日)は、朝早くからご近所の皆さんと市民地域清掃に参加しました。家の周りの草むしりや小枝切り、側溝の集合マスの清掃など例年のとおり行われました。

 今年度の5月30日は、相模原市で制定後、初めての「きれいなまちづくりの日」です。当日は相模大野駅、橋本駅や相模原駅の周辺地区ではキャンペーンも行われ、市民の皆様の良好な生活環境を保全・向上させることなどを目指し、この日を契機として、従来から取り組んできた地域清掃などの美化活動をより発展させ、地域の方々と連携・協力して「きれいなまち相模原」を実現するものです。

 今日は、9時からのFMさがみ「新どうなる明日の相模原」への出演(収録でしたが)もありました。前回は、昨年の新人議員として、出演させていただきました。今回は2回目でしたが、ピンチヒッターとして急きょの出演要請。議会情報や相模原市の話題をパーソナリティーの阿部議員と久々の出演で緊張の中、無事終了しました。明日(月曜日)の夜8時から再放送もされます。

 

 

また、11時頃から「自治会法人西一自治会」で行われた自主防災隊の防災訓練に参加。今日の市民地域清掃を終え、多くの皆さんが一時避難所の公園へ避難訓練、訓練場所では参加者の掌握のための本部を設置、その他炊き出しや初期消火訓練も行われました。

自治会単独で自主防災隊の訓練実施は、初めてとのことでしたが、150名程の方が参集し、防災意識の高さも実感しました。

訓練の初めに急きょ、ご挨拶もさせていただきました。今年度から防災特別委員会の副委員長を務めますので、今回は防災対策の参考となるいい機会に恵まれました。役員の方々お疲れ様でした。

 

 

先週は、金環日食や東京スカイツリーの話題でスタートしましたが、5月23日は、「小田急多摩線延伸を促進する議員連盟」の平成24年度総会が盛会に開かれました。これまでの相模原市、町田市、愛川町議会議員に加え、新たに厚木市及び清川村議会議員の加盟もあり、小田急多摩線延伸が、この議連加盟地域のますますの発展に寄与するため、早期実現へ向けた取り組みが重要であると思います。

 

 5月24日(木)は、6月議会へ向けた議会運営委員会が開かれ、会議日程や議案などが確認されました。6月定例会は、5月30日が初日で、最終日が6月29日までの31日間となります。これを受け、我が会派では議案の勉強会や代表質問などの検討が始まりました。6月定例会では、一般質問を行いますので、しっかりと研鑽の日々です。

 5月26日(土)は、市内の小学校では運動会のところも多かったと思いますが、私の三男が通う大野台中央小学校では、土曜参観でした。久しぶりに授業参観に行ってきました。子供の成長ぶりにも驚かされました。その後、保護者向けに携帯電話に関する「ケータイ安全教室」が開かれました。ちょうど相模原市の話題となっている事件もありましたのでタイムリーな内容でした。

本日5月21日(月)の午前7時30分ごろから始まった金環日食をご近所の皆さんと鑑賞しました。皆さんご覧になりましたか?

曇っていたため、雲間から覗く太陽がしだいに欠けていき、いよいよ金環日食かと思うと雲に隠れてしまったり、何とか雲間から見える金環日食を撮影することができました。

国立天文台によれば、金環日食の国内での観測は25年ぶりで、日本の広範囲で観測できるのは平安時代の1050年以来、次に今回のような規模で金環日食が観測できるのは、300年後とのこと。

地元の市立大野台中央小学校では、今日は登校時間を早め、学校で子どもたちがこの天体ショーを鑑賞。先日は、同校で行われた金環日食観賞のためのJAXAから講師を招いての事前講習会も報道番組で紹介もされました。(我が家の三男もしっかり映っていました。)

そして本日は、5月臨時会の本会議(2日目)でした。平成24年度の所属する常任委員会及び特別委員会が決まりました。

平成23年度は、総務常任委員会、交通問題特別委員会に所属していましたが、今年度は、民生常任委員会(健康福祉局の所管事項について審議をします。)、防災特別委員会(副委員長を務めます。)、そして今年度から新たに設置された大都市制度に関する特別委員会に所属することになりました。6月議会も今月末ごろから開会され、新たな委員会での審議等が行われます。しっかりと勉強しながら頑張ってまいります。

5月17日(木)、5月臨時会・本会議が開かれました。この日は、本会議に出席する新たな理事者等(4月の市人事異動のため)の紹介に始まり、1.相模原市市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認と2.市民の依頼による一般食品の放射性物質検査に係る経費に関する平成24年度相模原市一般会計補正予算(第1号)、3.相模原障碍者施策推進協議会条例の一部を改正する条例の議案説明、1については審議、採決が行われ、2及び3は民生委員会への審議付託を行いました。

5月18日(金)は、「大山丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連絡協議会」の平成24年度総会及び講演会に出席のため、伊勢原市民文化会館へ行ってきました。

この協議会では、各市町村において鳥獣等による農作物への被害や人身的被害の増大、農業振興にも多大な影響を及ぼす状況にあることから、問題を抱えた各市町村においても対策を講じてはいますが、さらなる対策のため県における各市町村への財政的支援、被害予防や駆除対策などの人的・技術的支援を求める要望活動等を行っています。

 

この鳥獣等問題は、単に鳥獣被害だけが問題なのではなく、どうしてそのような状況が生まれたのか。この問題を取り巻く、自然環境の問題も議論しなければ、解決できる問題ではない。近年は林業の衰退や自然災害等により森林が荒廃し、エサ不足などの状況により、鳥獣等による様々な被害が拡大しているものである。鳥獣等には、市境、県境は関係がないため個別の市町村の問題ではなく、やはり広域な問題であり、広域な対策が不可欠である。

 ※鳥獣等とは、ツキノワグマ、ニホンザル、ニホンジカ、イノシシなどの鳥獣やヤマビルなど、最近ではアライグマなど特定外来生物なども含まれる。

 

明日5月17日と21日に5月臨時会の本会議が開催されます。明日は平成24年度補正予算等の審議を行います。補正予算の内容は、相模原市が6月から市民が持ち込んだ一般食材の放射性物質濃度の測定を民間検査機関に委託して行うというもの。(詳細は、今後発表されます。)

 5月臨時会に先立ち5月10日から開催された議会運営委員会(私は、傍聴しましたが。)では、監査委員や常任委員会、特別委員会の委員長・副委員長ポストなど各会派の要望に対する攻防が繰り広げられましたが、14日には終了。例年になく短期間で済んだとのことですが、委員の皆さんお疲れ様でした。

 5月11日(金)夜は、「一般社団法人 相模原市高齢者福祉施設協議会」の法人設立に伴う祝賀会に出席させていただきました。大変におめでとうございます。高齢者福祉施設の使命である高齢者の支援等は、重要な課題であり、地域福祉の推進とサービスの質的向上を図り、この協議会が果たす役割はますます重要であると感じるとともに、ますますのご発展をご祈念いたします。

 

 

 

5月12,13日(土、日)は、議員としての資質向上のため研修会へ出席。

『第14期自治政策講座in東京 持続可能な社会と自治体の役割-社会の仕組みと環境』

  第1講義 「エネルギー永続地帯」と「食糧自給地帯」

 第2講義 東日本大震災の中のコミュニティと自治体

  第3講義 「市民討議会で民主主義の再生」

  第4講義 「廃棄物処理」と「放射線汚染」の課題

  第5講義 水は誰のものか

 

5月14日(月)夜は、「第10回 相模原よさこいRANBU」の実行委員会に顧問として参加させていただきました。今年は、9月16日(日)が開催日となりますが、第10回の節目でもあり、盛大な開催を目指して頑張りたいと。昨年は、東北復興支援を心にとどめ盛大に開催されました。

5月16日(水)夜は、地元大野台の道路改良検討会に出席。危険個所等の課題認識と今後の取り組みを委員の皆さんと確認させていただきました。

 いよいよ明日が本会議です。

4月から5月のGWにかけ学校通学路において登校中の児童へ乗用車が突っ込んだり、関越自動車道でのツアーバスの事故など多くの死傷者を出した交通事故がありました。様々な問題が絡む痛ましい事故であります。5月6日には、茨城県、栃木県を襲った竜巻による被害もありました。お亡くなりになられた皆様には、心よりご冥福をお祈りいたしますとともに、負傷や被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

この相模原においても、いつ起きないとも限らない通学路での児童・生徒を巻き込んだ事故、地震や風雨災害に対して、どのような対応ができるのか、事前の対策は急務であると考えます。いよいよ2年目のスタートですが、様々な課題解決のためしっかりと頑張ってまいります。

5月6日は、地元大野台第一自治会の新たな自治会役員・各区長、組長の皆さんとともに拡大新運営委員会に出席し新たな年度の出発となりました。5月8日は、大野台スポーツ広場管理運営委員会に出席しました。

今日は、昨日受けた交差点の安全対策にかかる相談事項をまとめ、南区役所へ要望もしてきました。

 

いよいよ5月臨時会・本会議を5月17日、21日に控え、明日から議会運営委員会が開催されます。委員会等の人事や各会派の人員配分などが協議されます。これにより、今年度の所属委員会も決められることになります。

外部リンク
Twitter
サイト管理者
相模原市 久保田浩孝
kubota.hirotaka-2011kt@jcom.home.ne.jp