カテゴリー(未分類)

7/10(金)「議会運営等改革検討会」を開催。この会は、議会改革の継続的な検討を行う会議です。

 

平成25年12月に会が発足し、本日まで20回の会議を「委員間討議」として、毎月1回のペースで開催しています。

 

本日は、議員定数・議員報酬について活発な議論が行われ、次回に意見を集約していきます。

 

夕方、佐賀市中心部で電柱上部の電力機器がショートし、約3,000戸が一時停電。一帯の交差点の信号機も消えており、渋滞が起きていました。

 

停電

7/9(木)「自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会」が開催され出席。はじめに佐賀市の対策会議よりこれまでの経過報告があり、佐賀空港への自衛隊施設の設置に伴う疑問点等についての質問を九州防衛局に投げかけていた回答の内容報告がありました。
さらに、4/27に防衛省幹部の方々を参考人招致としてお呼びした際の質問に対する回答があいまいな部分が多々あったため、特別委員会としてその内容を検証し、再度、文書による再質問を行うためその協議を本日行わせていただきました。
やはり、国による計画の全体像・将来像が示されない現状においては、調査や議論が前に進みません!!

7/8(水)議会が終わり、たまっていた書類作成や整理を昨日から行っています。途中途中に相談、要望の電話がかかってきてなかなかはかどりません。
明日はオスプレイ配備問題を調査する「自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会」が開催されるため、現在、その準備を行っています。
当分はパソコンとにらめっこの日々が続きそうです。

7/6(月)議会は閉会日。4つの常任委員会での審査内容・結果を各委員長より報告。その後討論、採決。マルキョウ佐賀店跡へのバルーンミュージアム整備事業や青少年センター移転整備事業など11億5,890万円を増額する一般会計補正予算案や条例議案、また追加1議案を含む17議案を原案どおり可決・承認。

意見書においては、社民党、共産党発案の「集団的自衛権行使のための安保関連法案制定に反対する意見書案」に対し、私たち公明党をはじめ、自民市政会、市民爽風会、政研会が反対し、賛成少数で否決。私も、公明党会派を代表し反対討論を行いました。

 

image

 

また本会議においては、6/12の開会日に続き、全議員と執行部が三重津海軍所跡の世界遺産登録PRのための黒のポロシャツを着用し出席。

6/30(火)議会は本日、常任委員会。4つの委員会に分かれて6月議会に上程された条例・予算を審査。明日は今日の審査を受けた採決に臨みます。

 

終了後は、7/20に諸富町で開催される「夏の祭典inもろどみ」花火大会で毎年会場を提供していただきお世話になっている農家の方々へご挨拶まわり。

 

農家の方々にはいつもご迷惑をおかけしているにもかかわらず、今年も協力をいただくことができました。感謝、感謝です!

 

そのまわっている時におもしろいものを見つけました。岩に育つ『松』です。

image

コレ、「珍百景」にならないでしょうか!(^ ^)

 

 

 

6/27(土)佐賀県たばこ販売協同組合諸富分会の総会に来賓として出席。総会の開催前には組合員の皆さんが観光地の筑後川昇開橋付近で「クリーンキャンペーン」として、ゴミ拾いの清掃活動を行っておられました。

 

現在、全国では街中に喫煙場所を設置せず喫煙を条例で禁止したり、逆に分煙を推奨し、喫煙場所の設置に進んで取り組んだり、自治体ごとに考え方や取り組み方が異なっております。

 

私は、喫煙者の排除型のやり方では、路上での喫煙やたばこの吸殻のポイ捨てなどのマナーが悪化し、逆効果につながると考え、たばこが嗜好品である以上、吸われる方にとっても吸われない方にとっても、快適で互いに共存できる「分煙環境の整備」が必要であると思っています。

 

佐賀市は今後、国内外からの観光客誘致を強化していく考えであるため、環境美化の推進の面からも市の税収となっている「たばこ税」のほんの一部を活用し、こういった整備を行っていくべきと考えます。

6/26(金)一般質問も終盤、本日は3名の議員が登壇。終了後は、「議会のICT推進」について議会運営委員会ワーキンググループの会議に出席。議会改革の取り組みの一環として、議会情報の一元化と各種資料のデジタル化など、情報化社会に対応した『佐賀市議会ICT推進基本計画』を議会運営委員会で策定し、本日は、タブレット端末導入や経費負担の形態、運用面について活発に意見を出し合い協議を行いました。

 

image

 

先の6/12に議長から市長へ「佐賀市議会ICT推進基本計画」を提出。この計画を進めるにあたって、市関係部署と必要に応じ協議または調整をさせていただくことをお願いしました。

image

 

 

6/25(木)今日も一般質問は4名の議員が登壇。朝一番で私たち公明党の村岡卓議員が登壇し、「佐賀市の情報発信について」「交通安全対策について」の2項目を質問。特に情報発信の質問のやり取りを聞いていて今後のヒントを見つけました。

 

終了後は、事務処理を済ませ「佐賀中部食品衛生協議会諸富分会」の役員の方々との意見交換会に出席。様々な現場の声や意見を聞かせていただき、大変に有意義な時間でした。

 

その後は、「地元のまちづくり」について若い方々と意見交換。地域経済活性化のために今後、若い知恵と力を結集させる新たな仕組みをつくっていく必要があります。先輩方のこれまで積み重ねてこられた経験と若者の斬新的なアイデアを融合させるコーディネート役に徹し、私もしっかりと今後のまちづくりの一助になっていきたいと思います。

6/24(水)市議会の一般質問終了後、会員として佐賀市観光協会総会へ出席。
近年の佐賀市は、格安航空(LCC)を利用した中国人観光客の増加傾向が続いており、昨年度の外国人の宿泊客数も前年度比5割の増加となっています。この事は、観光協会と佐賀市が連携し、海外誘客推進や、外国人観光客宿泊促進に取り組んできた成果が現れてきているものと思われます。

今年度は、東よか干潟が『ラムサール条約』に登録され、7月には三重津海軍所跡が『世界遺産』へ登録される可能性が高いため、今後ますます佐賀市への観光客の増加が見込まれます。

そのため、観光協会としては地域の魅力を地域と一体となって磨き上げ、情報発信を行い、インバウンド(訪日外国人旅行)を含めた受け入れ体制をつくり、観光地としての魅力づくりを進めていくこととなっています。

私たちも、観光協会、佐賀市、地域の皆さん方と一体となって「観光振興」及び「経済活性化」を図っていきたいと思います。

 2015-06-24 15.33.21

 
市内の様々な業種の皆さんが会員となって運営されてます。

 2015-06-24 16.09.03

 

6/23(火)今朝の新聞各紙に佐賀県が昨日発表した「佐賀空港の将来構想」(案)が掲載されてました。内容としては、国際線で新たに中国・杭州や台湾、香港など、国内は羽田便、成田便の増便と関西国際便、中部国際便での新路線を目指すとしており、東南アジアなども含めた格安航空会社(LCC)の拠点空港化を推進し「九州のゲートウェイ(玄関口)空港」を目指すこととなっています。
そのため、将来的には、現在の2000mの滑走路を2500mへ延長することを検討していくとのこと。

 

人口減少に伴い地域経済が縮小していくことを見据え、佐賀空港を核としてアジアの活力を取り込み、佐賀への「新しい人の流れの創出」を目指すことが重要であります。

 

佐賀市6月定例議会の一般質問においても、多くの議員から観光客を誘致して地域振興、経済活性化を図るべきとの様々な提案がなされております。
佐賀市としてもこの佐賀空港は、市のまちづくりを進めていく上で「重要な施設」と考えられているため、こういった県の構想と並んで様々な市の施策を考え、取り組んでいくことが「さが創生」につながるものと考えております。

モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
外部リンク
サイト管理者
佐賀市 野中宣明
nonakanobuaki@komei-saga.com