7/21(火)〜23(木)の3日間、佐賀市議会の各会派・準会派の代表による「議会運営等改革検討会」で岐阜県高山市、新潟県上越市へ訪問し議会改革の取り組みについて視察を行いました。

image

 

岐阜県高山市は、平成17年2月1日に周辺9町村を編入合併したことにより面積が合併前の139㎢から2,177㎢と非常に広大な市域となり、また議員定数については36名から24名へと12名削減されています。

 

同じく、新潟県上越市は、平成17年1月1日に13町村を編入合併し、市域は合併前と比較して面積が4倍となる973㎢となっており、議員定数も合併特例で48名であったのが現在では32名になっています。

 

こういう状況下において両市議会とも、議員が全ての地域から出ていないということによる「地域の声」が届きにくいとの問題を解消するために、議会として市全域に目を向けて様々な地域の課題や市民の声を受け止め、その解消に努める取り組みが行われておりました。

 

その結果、高山市議会、上越市議会のいずれも「全国議会改革度ランキング」では、常にベスト10入りする最上位クラスの市議会です。

 

佐賀市も平成17年、19年の2度の合併により市域が広くなっており、今回の両市議会における取り組みを参考にし、さらなる議会改革を行っていきたいと思います。

 

(7/22 高山市議会での視察の様子)

image

 

image

 

(7/23 上越市議会での視察の様子)

image

 

image

 

image

 

 

 

 

コメントは受付けていません。

モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
外部リンク
サイト管理者
佐賀市 野中宣明
nonakanobuaki@komei-saga.com