バルーン大会に合わせたイベントが、市内各地域で開催されています。中心市街地にある松原神社では秋の骨董市、東与賀町の干潟よか公園ではシチメンソウまつりの開会式がありました。骨董市は春と秋の年2回開催されて、毎回3万人以上来場者があります。九州各地からの骨董商50店舗が集結し、様々な骨董品が所狭しと並べられています。中には掘り出し物があるかも?3日まで開催されています。
        
 干潟よか公園でのシチメンソウまつりは、広大な干潟と真っ赤に染まったシチメンソウ群集のコントラストが美しく、ドライブコースとしても人気があります。晴れた日は素晴らしい風景が楽しめますが、今日は小雨がぱらつくあいにくの天気で残念でした。しかし、今年のシチメンソウは例年になく赤く染まっているそうです。9日まで開催されていますが、見ごろは今月中旬まで続くそうです。
     

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
外部リンク
Twitter
サイト管理者
佐賀市 池田正弘
ikeda@komei-saga.com