知り合いの紹介で子猫の譲渡会があるとのお誘いで行ってみました。金立町にある動物愛護ボランティア「ハッピーボイス」で運営されているネコハウスで、自宅と敷地内にある小屋でネコ100匹程度が飼われているということでした。毎週、三瀬にある動物管理センターで殺処分されるはずの猫や犬を引き取り、飼い主を捜すため保護されているそうです。それでも多くの犬や猫が殺処分になっているということで、自分たちの力の限界を感じているといっておられました。
 私自身は、自宅で犬を飼っていることもありペットの存在が家族同然に思えていますが、動物嫌いの人にはその心は理解できないところもあるのではないか思います。しかし、一度飼った以上は最後まで見届けてあげるのが飼い主としての責任だと思うし、それができないようであれあば飼う資格はないのではないでしょうか。動物には何の罪もないのです。
 今日伺った話の中では、佐賀市が取り組んでいる「地域猫制度」も改善が必要とのこと。因みに今日、飼い主が決まった猫は1匹だけとのことでした。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
外部リンク
Twitter
サイト管理者
佐賀市 池田正弘
ikeda@komei-saga.com