img_0575.jpg img_0580.jpg img_0583.jpg img_0586.jpg

1月22日〜23日に蓮田白岡衛生組合議会視察研修を、福島市(あらかわクリーンセンター)仙台、名取市(中川整袋加工(株)仙台工場)の二ヶ所行いました。初日は、関東地方平野部でも、大雪になる予報が、出ていました。福島市での研修が、終わる頃には、雪が降り出してきました。視察内容は、あらかわクリーンセンターは、設計・建設から運転管理・メンテナンスまで、BOD方式で、一括で、福島市が発注した、ゴミ処理施設です。ゴミの焼却により比熱を利用した発電を行い、施設内の電力を賄うほか、近隣の福祉施設(老人センターの風呂)にも熱供給しています。 研修終了後に、仙台に向かいましたが、高速道路は、だんだんと雪が積もり、50キロ規制となり、どの車も、ノロノロ走行でした。翌日仙台市内は、20センチ〜30センチの積雪になりました。埼玉でも同じ、積雪だと聞きました。2日目の中川製袋(株)仙台工場は衛生組合の、燃やせないゴミ、燃えるゴミ袋の製造をしている工場です。初めてゴミ袋の製造過程を視察しなが、質問できて、大変参考になりました。

コメントは受付けていません。