バックナンバー 2013年 4月

 なんやかんやあった4月も今日でおしまい。明日から5月。今日なんぞは少しひんやりした陽気ですが、もう夏のはじまりと言っていいでしょう。4月の最終日は明け方からの雨で、雨が大嫌いな私は午前中は巣ごもり。そんで昼からゴソゴソとお出かけした次第。
 連休前半でお受けした市民相談の状況確認に市内をウロチョロと。こんな私でも頼ってくれるお方がいるなんて議員冥利につきるってもんだ。更に頑張ってまいります。連休後半は多分終末に京都・大阪へ。GWを政治活動にフル回転と行きたいところですが、まあ地域行事の多いこと。それもこなさなくっちゃ男がすたる。5月も目いっぱい吹っ飛ばして行きますか。

 今日は連休3日目です。家内とパンフ片手に瀬田・栗東方面へ。とってもいいお天気で車の中にいると汗ばむくらいの陽気です。友人には懸命にお話はさせていただきましたが、支援の果実が実るように祈ってまいります。夕刻には大津に戻って来ましたので瀬田川沿いの「コメダコーヒー」でお茶を。私は「たっぷりコーヒーとチリドッグ」家内は「アイスコーヒーと甘いロールケーキ」。二人でカウンター席に座って、今日の成果と反省会。しゃべり疲れたので、夕刻の空を見ながら「明日も晴れるなぁ」と思わずつぶやく二人でした。
 4月29日は昭和天皇の誕生日で昭和の日。祝日。明治天皇は天長節で今は文化の日。祝日。ところが大正天皇の誕生日の休日がない。いくらお体が弱く大正時代が短かったとはいえ天皇だ。父と息子の誕生日が祝日なのに、自分の誕生日を国民が祝ってくれないなんて変じゃないか。もちろん、天皇ご一家は家族で今上天皇のおじいさんである大正天皇の誕生日は祝うのでしょうけど国民は知らない。大正天皇は8月の末にお生まれになったと聞く。あっつい盛りなんでやめにしたのか。不思議ではある。

 今日はいい天気ですが、私は少々風邪気味で無理をせずの~んびりと過ごしました。家内は昨晩はぐっすりと寝たのかしら、朝早くからアルプスの少女ハイジのごとく走り回っています。お願いだからもう少し静かにして、私を寝かせておいていただけませんでしょうか。
 お昼に友人の告別式に参加。ご家族・ご親戚だけの式でご自宅から送られたのですが、これもありかなと思いながら合掌した次第。
 今日はあと電話が2~3件あったぐらいで「金柑茶」を飲みながらクラシック三昧。いい日曜日でした。階下から「掃除くらい手伝え!」と家内からの叱責の声が響いています。

 

私をほったらかしにして二人でどこに行ってたん?

昨日・今日と三重県に知り合いを訪ねて交流に行ってまいりました。延べ6時間の運転で10軒を訪問。お会いする事ができなかったお方からもメールが届いたりして有意義な交流だったと思っています。
 昨夜は豪勢に榊原温泉の旅館に宿泊。温泉街最安値の旅館。それでも1泊2食付きで12、000円と普段の我が家からみればチョー豪華な旅です。元は取らなくっちゃってわけで家内が2回、私が3回の入浴でフラフラ。家内はバタンキューで早くも高いびき。昨夜は風が強いうえ、とっても寒く露天風呂でも震えていました。今日は朝早くから出発しましたが、そんなんで少し風邪気味ですので、帰宅した今日は馴染みの私の布団で熟睡させていただきます。党の山口代表以下、全国遊説をスタートさせていますので、私も時間の許す限り、県内、関西、全国へとさらに飛び出していく決意です。

友人のトン吉くんと対話。来年はトン吉くんはハム・ソーセージに変身か?

 往年の歌手、田端義夫さんが亡くなられた。なぜだかはよく知らないが、母と田端さんは知り合いで、昔々、田端さんがまだ大歌手ではなく、そんなに売れていない頃、祖父の招きで三重県の家に食事に来たこともあったと母から聞いたことがある。田端さんがまだそんなに売れていない時と言うのだから、私がまだ生まれていないころできっと戦争前の話じゃないかと推察している。今では祖父も逝き、母も逝き、父も逝き、そして田端さんも逝った。ものすごい速さで時は過ぎていくのだが時の間で生まれたエピソードは色あせない。
 明日は交流で実家のあった三重県に家内と出発。道もあんまり覚えていないし、父や母の友人であったおっちゃんやおばちゃんたちももういない。訪問先もすでのその子供さんの代になっている。それとて私より上の年代かせいぜい同年代だ。私の交流先もだんだんと狭くなってきている。あわれな話だ。明日は家内と榊原温泉の最安値の旅館に泊まる。安い旅館なので晩飯は期待できない。名湯の湯加減だけが楽しみ。

 今日は朝からの大雨で早朝駅前街頭も中止させていただきました。石山駅前はひさしのあるスペースもあるのですが、私たちが演説を始めると通勤通学の皆さんは傘が当たらないように、かつ迷惑そうな素振りをされるので今日は中止をさせていただきました。
 何件かのたまっている市民相談のため市役所へ。はぼ片付き帰り支度をしていると、同僚議員から「以前市民が要望した事項のアンサーがない」というので二人で秘書課へ。秘書課がおっしゃるには、市民からの市長への要望に対するアンサーはケースバイケースで、あとで文章で返答する場合もあれば、その場で応える場合り、この事項についてはその場で返答したと認識しているとの事であった。市民要望については無理難題な問題から切実な問題、国レベルの問題まであり、返答にマニュアルがあるわけでないので、どうやら市民要望の紹介をする場合は議員もその場に立ち会った方が、市民にも執行部にも誤解を生まないためにも、その方がよさそうだ。今後はそのようにさせていただく。
 夜は党の役員さんとの打ち合わせ。今日は党員も大行動日だったため参加者は少なかったが、視察土産の「中華饅頭」をほおばりながらの打ち合わせとなった。決戦を控え、党員さんたちの意気はますます軒昂。

 

22日は最高の天気で新幹線から富士がバッチリと!

昨日、今日と視察研修に行ってまいりました。昨日は埼玉県所沢市で「空き家対策」について、今日は東京都稲城市で「介護ボランティア制度」について視察をいたしました。所沢市はかってサラリーマン時代に市内小手指というところでお店を出したときにお手伝いで滞在したことがあり、その時に何回か市役所に行きましたので懐かしく感じた街であります。「空き家対策」については、結局のところ、市民からのご相談窓口を一本化して承るという体制が肝要であると思った次第ですし、今日の稲城市の「介護ボランティア制度」にいたっては、つまり行政のトップが「やろう!」と決断するかどうかが決め手でありました。私はそんなら「やりましょう」と行政が決断するまで議員として訴え続けなければいけないんだなと意を強くした次第です。稲城市市役所へ行く道は川沿いの葉桜のトンネルを通って、帰りはハナミズキの花の歩道で。
 稲城市から相模原を通って新横浜から帰りましたので、約束をしていた「東京バナナ」の新作は買えずじまいで、シューマイで我慢してもらう他はなく、目をつり上げて私を睨む顔が目に浮かぶようであります。
 夜は党と支援団体との会合。私は少々疲れ気味ではありましたが、この夏の戦いに断固勝つとの息吹に圧倒された会合となりました。

 夕刻より某司法書士先生から連絡をいただき、お願いされていた事案がうまくいったので報告したい、との事で何故か浜大津のこれまた某スナックへ。結局、私の許容範囲を超えて鯨飲してしまった。それで只今家へ到着であります。家内はすでに爆睡で”ねね嬢”だけが帰りを待っていてくれた。忠猫ねね。愛いやつ。とにかく私は某先生が嬉しそうに、ことの顛末をお話してくださるのを、水割りを舐めながら聞いていた。専門家でも物事がうまく進めば嬉しいと思える。お聞き過ぎて、少し悪酔いをしたみたいだ。明日は町内の大掃除。雨の中するのかしないのかわからないが、今日はミルクをのんで、もう寝よう。

 今年は5月12日が「母の日」だそうだ。私たち公明党をご支援してくださっている団体では毎年5月3日を「母の日」と定めておられる。5月3日はもちろん憲法記念日であり重要な日ではあるが、支援団体でも5月3日は団体のお正月とも言えるほど、格別重要な日であるが、大切な母たちのためその重要な日を敢えて「母の日」とされたのである。それほど母は偉大なのだ。今は亡き実母も苦労して私を育ててくれたが、私は「母の日」に何かしたという記憶がない。むしろ家内や子どもたちの方が母にはなにくれとなく気を使ってくれてたようだ。5月3日が近づくにつれ母の事を思い出すが今はもういない。恩返しは義母にしようと思っている。
 ただし、「母の日」に比べて「父の日」は必ずしもポピュラーではない。世の中のパパたちの普段の行いの悪さが「父の日」を有名無実にしているのだろうと思っている。

 朝、家内が出かける時に「今日、窓の下のモッコウバラが伸びてきたので、整理をして支えになる手を作っておいて」と言っていたのは確かに覚えている。しかし私だって忙しいのだ。朝から約束だってある。それで約束通り人に会い、急いで帰ってきたら、もう家内が帰ってきていた。「あんたに頼んだ私がバカやったわ」とおかんむり。かといって家内がしるわけではなく、時間を見つけて後日私がすることになった。そんなら今日ではなく、「早いとこしといてな」と言えば怒ることもなく、私も慌てて帰る事もなく、二人で楽しい一日をすごせたのに。
 夜は党の会合。夏の参議院選大勝利のため、県下の議員の団結を確認しあった会合。これからGWの期間中も含めて忙しくなるぞ。

Twitter
外部リンク
サイト管理者