バックナンバー 2013年 1月

 先週一杯と今週の月曜、火曜と連日忙しかったので市民相談への対応ができていなかった。それで今日は目一杯、その対応に走りまわった。道路の穴ぽこや敷タイルが踊っている箇所の修繕依頼、消えかかった歩道の書き直し依頼、いろいろな書類提出の代行、などなど。最後は保育園の申し込み。どれをとってもなおざりにできない事案ばかりだ。市民の声をこうして行政に届ける使命を頂いていることは完璧ではないものの議員冥利につきるというものだ。
 明日、「いじめ」について第三者委員会の報告が市長に届けられるということだが、メディアが大きく報道したから政治の側や行政が対策をするというこれまでのパターンはどうなのかと考えてしまう。その後の検証もなおざりだ。事案を予測して先手をうって対策を取っておくという事はやはり無理なんだろうか。
 第三者委員会からの報告の内容は2月1日にお聞きすることになっているが、子どもたちへの対策、相談窓口の存在を子どもたちが知らなければなんにもならない。その点もよく見てみるつもりである。

 二日間の佐賀市・大野城市の視察から大津へ戻る。九州新幹線の全線開通で九州は近くなったとは言え、やっぱし遠い。長旅で疲れ果ててしまった。
 佐賀市では電子市役所および市民のICTによる利便性の向上に取り組まれており、その進ちょく度は大津市を凌駕しているし、コストパフォーマンスに対しても真剣だ。その施策の進め方などを視察・勉強させていただいた。また職員さんの勤怠管理・時間外勤務管理も徹底されており、これらを佐賀市のオリジナルプログラムで管理されている。おそるべし佐賀市。また、市販の器具を利用した夏場のミストシャワーを市立の中・小・幼・保の全校園で設置されてもいた。見習うべし。
 翌日の福岡県大野城市では約27平方キロの市域と10万人弱の小さな市であるが、福祉窓口を集めたワンストップサービス窓口を設置されており、私たち大津市公明党でもかねてから提案している施策がすでに実施されており、その内容も大いに参考となった。
 本日よる9時頃に帰宅したのだが、やっぱりオソマツな飯のおかずであったとしても、”ねね場”が足元にまとわりついてきたりして、我が家がいいなとつくづく感じ入った次第。ホテルのベッドと枕は私には合わない。
 高島市議選は私たち公明党の公認候補が第1位で当選。しかも投票率が悪かったにもかかわらず過去最高得票数。ご支援してくださった方々に感謝。そして、責任の重さに新たな決意。

 野田前首相の昨日の近江八幡市における所属議員との懇談会の内容をお聞きして思わず苦笑をしてしまった。野田氏は最近静かだなと思っていたのだが、私が感じるに、選挙に大敗した理由がよく飲み込めていないのではないかと思うお話だ。
 一つには、アベノミクスについて「安易な大判振る舞いだ。過去の反省をふまえているかチェックしなければならない」とお話されたそうだが、過去の反省とは民主党政権の財源の見通しのないままの大判振る舞いや国民に甘くて美味しそうなマニフェストで約束し、結果実現できなかった社会保障や減税など、新政権は民主党の失敗をチェックして施策を進めている。野田氏には自分が与党の時の反省の意味がわかっていない。
 もう一つには、野田氏は「自民や第三極の新顔の当選者で国会のトイレがどこにあるのか覚えるような人たちが百何十人も増えた。あまりにも非効率。仕事をしてきた人が正当に評価される選挙にしなければならない」とおっしゃった。この部分は思わず声を出して笑ってしまった。まさに3年4ヶ月前の民主党政権発足時の状況ではないか。だから、国民は仕事をしてない人たちに正当に判断を下したのだ。野田氏はまさか単に自民党に風が吹いたので民主党が負けたと思ってはないだろうな。国民を舐めてはいけない。批判したつもりでもその言動は自分にブーメランのように帰ってくる。鳩さんや管さんの言動も同様だったのではなかったか。これを世間では「天にツバする」という。まったくオソマツな話だ。聞いていた民主党所属議員も苦笑したに違いない。

 今日はネクタイ姿ではなく、出動服に着替えて石山寺で行われた「文化財防火消防訓練」に参加させていただきました。今日1月26日は1949年(昭和24年)1月26日午前7時頃、国宝法隆寺金堂の壁画が、模写していた画家の電気座布団のスイッチの切り忘れから出火し消失した事件を教訓として、現在の文化財を火災から守る運動となったものだ。昔々我が家に来た郵便に貼ってあった法隆寺の阿弥陀仏を図案化した切手を見た覚えがあるが、その壁画である。
 10時から始まった訓練はキビキビとかつ緊張感をもって行われ、国宝・重文が多数存在する大津市でもこの訓練はまさかの時には威力を発揮するに絶対に違いない。なかでもミセス・アイが隊長を務める寺辺町女性消防隊は隊長の指揮のもとキビキビとした動きで、拝見していた私たちにも安心感が生まれた。石山寺ばかりでなく、我が家がもしもの時はミセス・アイ隊長以下何卒よろしくお願い申し上げます。
 昼からはシルバー人材センターの理事様から労災扱い、手狭な事務所、芝桜の管理などご要望を頂戴した。週明け視察から帰ったら忙しくなるぞ。明日は高島市へ。空模様が心配なので、革命的警戒心を持って電車でGO!

(上)ミセス・アイの勇姿 (中・下)訓練の様子

 今日の高島はとっても寒かったが、雪はチラホラする程度で、これは異常気象ともいえるのではないか。まさしく地球温暖化の影響が高島まで及んでいるといってもよい。しかし、雪が積もらないおかげで私のスズキのベンツでも往復120Kmを悠々と運転できたのである。今日は10時から夕方6時まで高島市に滞在。今や私は高島人。
 明日は大津で防災訓練に参加のため高島にいけないが、日曜日には市議選候補の勝利の確認のため、またもや高島人となる。日曜日も高島が異常気象に見舞われ、雪が降りませんように。おや~?せっかくスノータイヤに履き替えたのに、まだ1回もその恩恵に預かってないぞ。

(左)朝の白髭神社 (右)雪がちらつく街頭演説現場

 私たちが支援する市議選候補の事務所がある高島市今津で今日は朝10時から夜9時まで過ごした。11時間も高島にいたので気分は高島市民になったようであった。雪のシーズンの高島も今日はポカポカ陽気で汗ばむ程で、雪といえば、遥かの山が冠雪しているだけで、全く高島らしくなかった。
 私は外出して不在だったのだが、市議選候補の事務所には例のあの人も1区選出の衆議院秘書さんとご一緒に激励に駆けつけてくれ、恐縮するばかり。また、たくさんのお方も高島しないばかりでなく大津市や守山市などから事務所に激励にきてくださり、嬉しい限りだ。
 候補は現在の状況が厳しいのがわかっておられるのだろう個人演説会では涙ながらに訴えられ、私たちも残り2日間、懸命になってご支援せんばと改めて決意した次第。あすも終日高島市。明日は天候が優れないとの事。我が家空から片道60km。どうぞ雪の精さん。私にだけは微笑まないでください。

 今朝の石山駅前街頭は大寒が過ぎたからか、先週のように震え上がるほどでもなく、梅村県会議員さんとゆっくりご挨拶することができた。それとも今朝は特別に暖かい朝だったのだろうか。石山駅前の冬の街頭は太陽が登ってくるのは7時前なので、朝日が昇ってくるのに合わせて、私の挨拶も熱をおびてくるという寸法だ。朝日が昇る方向に平和堂の塔屋看板があり、朝日が切れがちに昇ってくるのを見るのも一興かと思う。
 終了後は公明党の「新春の集い」のお誘いに再チャレンジで市内をウロチョロと。お昼を大津駅前の蕎麦屋さんで済ませて出たところで北海道の某市からの視察団と遭遇。どうやら同じ蕎麦屋で昼食を摂っていたらしい。極寒の北海道から来られて、大津市の風景と寒さにどのような印象を持たれたのか、ぜひともお聞きしたいものだ。その印象の積み重ねが、今後の大津市観光施策を進めていく上での貴重な資料となる。
 
明日は朝から高島市へ。車で行くので頼むから雪よ!降らないでおくれ!!

朝日ケ丘から比良方面を臨む

 今日の午前中は雨模様でちょっと憂鬱な気分で、なにもする気がおこらず机の前でぼんやりと。昼から雨も上がったので、来月行われる公明党主催の「新春の集い」のお誘いに市内の会社をご訪問。何軒かの社長さんにお会いしいろいろお話をお伺いした。社長さんたちが異口同音におっしゃるのは「自・公政権に期待しているので一日でも早く景気回復を」という事であった。どの職業も経営は大変厳しく、いつ倒れても不思議ではないとのお話であった。私たち議員が思う以上に景気は悪い。この叫びにも似た声を、苦しむ地域の声をストレートに国政に届けられるのは私たち公明党の地方議員しかないと改めて感じ入った次第。
 これからの日本は少子高齢化が進み、景気・経済の問題、外交の問題、震災後の復興の問題、エネルギーの問題、どれ一つとっても大変な問題が山積している。全世界に「日本はこうして危機を乗り越えました」と発信できるよう、私も一地方議員として頑張っていく決意だ。世界も日本の政策の進捗に注目している。

 今日高島市議選の告示。私も、我党からの公認候補の出陣式を見届けるために高島市へ。今日は高島市の天候や道路の凍結状況がよくわからないため電車で出発。堅田あたりから田んぼなどは雪が残っており、旧志賀町へ入ると屋根も真っ白。石山辺りが雪の気もないのに比べるとさすがに大津は広いと感じる。さらに雪化粧の比良の山々が間近に迫ってきて、それはそれは絶景。一福の掛け軸を見る様であった。
 出陣式は200名ぐらいの支援者が事務所前にお集まりくださり、候補もそれに応えるべく力強い出陣のご挨拶で、盛んな拍手と激励の声が飛び、まさに必勝の様相であった。私はそのあとお暇したのだが、帰りは電車内でウトウトと。片道1時間。料金片道1110円の支援の旅。
 帰ってからは「脳脊髄液減少症」治療のための「ブラッドパッチの保険適用」の署名集めに。計322筆の署名をいただき、心からありがたく思った次第。

いざや、出発!

 今日の午前中は公明党党議員団の4人(もう一人は高島へ)で今度発行する会派報「公明おおつ」の編集作業を行った。B3両面程度の会派報なのに、いつものことながら紙面割や文言の修正やら全く難しい。そういえば高校時代に先輩から新聞部に入らへんかと誘われていたのだが、今思えばその時入っておけばよかったのに。あとの祭りである。毎日何気なく読んでいる新聞もこうして編集部や整理部の方が頭を悩ませて作っているのかと思うと一字一句もおろそかにせず読んであげなくていけないのかなと思ってしまった。
 午後からは2軒程ご訪問させていただき、そのあとは家に返ってパソコン三昧。鉄拳さんのパラパラ漫画を見て涙した次第。鉄拳さんの「弱い虫」や「振り子」など世の中の愛や不条理などを見て涙するなんて、私も年を取ったもんだとつくづく感じ入った。
 明日は高島市議選の告示日。断固勝利のため、早朝から電車で出発する。

Twitter
外部リンク
サイト管理者