1月16日(木)、東京商工会議所大田支部/(一社)大田工業連合会/大田区商店街連合会の3団体合同の新年賀詞交換会が盛大に開催され、来賓として参加させていただきました。

三団体を代表して商工会議所大田支部の深尾支部長が登壇され、新年を寿ぐご挨拶の後、本年開催される東京五輪による経済効果などお話しをいただきました。

大田区を代表して松原大田区長、区議会を代表して塩野目議長がそれぞれご挨拶。

83413009_2391307314512696_8358342005415215104_n

 

大田区議会公明党の議員団もご紹介いただき、会派を代表して幹事長がより一層の区政発展に努めていくことをお誓いし新年のご挨拶をいたしました。

83263004_851218231971239_2856055330880618496_n

 

 

1月16日(木)、区議会公明党の議員団で『中央防波堤埋立地』における大田区帰属地区を視察いたしました。

最初に(公財)東京都環境公社 中防管理事務所に寄り、中央防波堤の全容や現在の埋め立て状況、また、今回の地裁判決によって決定した帰属地区について説明を受けました。

CIMG5887

 

CIMG5874

82128338_707132413149682_1163933418501701632_n

館内での説明ののち、帰属地区の最東南端にあたるG地区へ移動。

画像にある三つの赤丸の下の場所。このG(点)地区より南は今後の埋め立て計画によって構築されていきますが、その埋め立ての大部分は「建築発生土」「しゅんせつ土」であるが、一方でこれより東側の埋め立てにはいわゆる産業廃棄物が利用されるとの事。

担当の説明では、現在の海面処分場が利用不可になるのはおよそ40~50年後を想定しているそうです。

CIMG5885①

CIMG5893(G境界点)

 

CIMG5897※画像奥にある建築物がG地区の最南端になります。

 

CIMG5894

 

今回の帰属で一番のメリットと言えるのが、東京港外貿コンテナふ頭の存在です。

現在は「中央防波堤外側コンテナふ頭」Y1バースが運用されており、今年度(令和元年)中にY2の運用が開始されます。その後の計画で令和6年度末を目途にY3バースの運用が開始されるそうです。

品川・大井・青海・中防の東京港外貿コンテナふ頭は、年間457万TEU(※参考、横浜港約220万TEU)の取り扱いコンテナ個数を誇り、事実上国内最大のふ頭と言えるでしょう。

こうした場所が『大田区』の一部に編入されたことは、今後の大田区の経済・雇用・物流、また観光などの政策に大きく反映されることが期待されます。

83320495_591989784694962_3690287461805588480_n

 

CIMG5901

 

CIMG5903

 

CIMG5908

 

中央防波堤埋立地帰属訴訟に関する大田区長コメント」には、『大田区に示された帰属範囲は、東京都の港湾計画において埠頭用地、港湾関連用地とされております。このことは、国際拠点空港である羽田空港を擁する区としましては、空と海における物流機能エリアが同一自治体に帰属されることになり、大田区はもちろん、東京の国際競争力の強化を考えたとき、大田区民のみならず、都民の皆様全体にも有益なものとなると考えており、司法の判断を仰いだ意義があったものと考えます。(抜粋)』とありますように、今回の視察を通し、この港湾地区をどのように区政に活用していくのかをしっかり議論していく必要があると思いました。

 

 

82386872_2203919163251313_7902620299995119616_n

1月13日(月)、JR蒲田駅東口にて公明党大田総支部による新成人をお祝いする街頭演説を行いました。
令和2年の新成人は全国で約122万人、大田区では6,374名の方々が新たに成人となられました。
おめでとうございます

⭐︎この度大田区では新成人の方を対象に、ピロリ菌検査の無料クーポンを支給する事業をスタートしました。この検査により胃がんリスクを低減する事ができるため、兼ねてから区議会公明党が提案してきたものです⭐︎

『新成人の集い』の会場となる大田区総合体育館では、松原大田区長・塩野目議長から祝辞が述べられた後、様々な催しで盛り上がっていました。
何故か、私もお祝いの“すあま”をいただいてしまいました

#田村ひでき #成人の日 #ピロリ菌検査 #大田区議会公明党

http://www.city.ota.tokyo.jp/…/shinseijinpirorikinkensa.html

83322243_626539501449478_7753166463275368448_n

1月12日(日)、令和2年蒲田消防団始式が大田区産業プラザPIOに於いて厳かに開催され、来賓として参加させていただきました。

私自身、地域ボランティア組織である『市民消火隊』として毎月、消防団の皆さまに訓練・指導を受けており、今日の日を機にさらに消防操法の習得に頑張っていこうと思いました。

#田村ひでき #大田区議会公明党 #防災訓練 #安全対策 #小さな声を聴く力

新春街頭④

令和2年、仕事始めの1月6日月曜日。

本日は、公明党大田総支部にて新春街頭演説を行い、総支部顧問・藤井はじめ都議並びに区議会公明党の各議員が、年始のご挨拶から区政報告・地域実績など報告いたしました。

私からは昨年一年間の御礼と、区議団で取り組んできた「小中学校体育館への空調機設置事業」や「感震ブレーカーの支給事業」について報告させていただきました。

本年もネットワーク政党・公明党は、小さな声を大切にし安全・安心なまちづくりにしっかりと取り組んでまいります。

79181945_417025472507874_230697137443176448_n

 

78953508_1415206071971601_9199371742424858624_n

 

 

11月9日(土)、年に一度の健康診断(人間ドック)を受信するため横浜馬車道へ行ってまいりました。

このクリニックへは、議員にさせていただいた年から毎年お世話になっており、これまでの体の変化がデータとして「見える化」されているので生活指導も適切!

この時ばかりは健康に対して真正面から向き合っています。

これからも、ご支援くださる皆さまにお応えするため、健康には十二分に気を付けて活動していきます。

11月7日(木)、大田区連合自治会・警察・消防その他区内で活動されている諸団体の皆さまが一同に会し、松原大田区長を議長とした「地域力推進会議」が開催され、私も区議会子ども文教委員長として参加いたしました。

74406131_561930414593228_4034554486721609728_n

73375657_1722209611245701_3638646823737884672_n

75231763_1623571027797196_1642737055559581696_n

会議では連合自治会の代表や生活学校連絡協議会による活動報告のほか、警察・消防・区からの報告がありました。

区では12月1日から「はねぴょん健康ポイント」事業が開始され、区民にスマートフォンアプリを使った手軽な健康づくりを提供します!

11月3日(日)、西六郷高畑町会にて「第24回ふれあい文化まつり」が盛大に開催されました。

75231869_538308810335928_1826197640170176512_n

今年から私もお手伝いに参加させていただき、役員の皆さまと一緒に模擬店を担当。

2台の炭火焼き器で火をおこし、鶏もも600本を真心こめて焼き焼き!

75082268_508593776656101_8325403042228731904_n

当初はスローペースの売り上げでしたが、お昼に近づくにつれて徐々にお客様が立ち寄って下さり、午後には完売となりました。

本日一日、本当にお疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

10月31日(木)、区議会公明党の代表4名で大阪府四条畷市へ行政視察に行ってまいりました。

75388328_406298380277618_6767094452319158272_n

1、概要

四条畷市は人口55,666人、面積18.69㎢の都市で昨今、超少子高齢化・人口減少が顕著になり、人口1,000人あたりの職員数や財政力指数が大阪府内でも下位に属しており、これからの行政サービスの多様化に対する課題解決の必要があるとの事。

この課題解決の一助として市では、行政事務並びに事業の情報一元化や新しい情報システムの導入に取り組んできました。

平成31年3月、市は「四條畷市ICT・IoT活用指針」を策定し、①市民生活の環境整備、②働き方及び行財政改革の基本目標を定め、ICTを活用した業務の効率化に係る市民サービスの向上及び多様な協働による地域社会づくりを進めています。

この度の視察では、『子育て・教育現場への積極的なICTの活用』、『迅速なサービス提供及び行政手続きの利便性向上』、『情報化推進体制の構築及び事務効率化』の3点の重点目標に対する各事業について取り組みをお伺いいたしました。

 

2、取り組みについて(例)

1)オンラインによる住民票の取得

これまで住民票の取得については市民が申請書を作成し、本人確認書類・返信用封筒・切手などを用意のうえ市担当へ郵送を行い、受け取った市担当が事務手続き後に返送するまでに約1週間を要していた。この時間的・業務的なロスを解消するための職員意見として、 住民票取得のオンライン化の検討が開始されたとの事。

㈱グラファーとの協働でLINE ・IDを活用した実証実験が、本年、令和元年8月からスタートしました。

また四条畷市役所本所・田原支所では、各種証明書の発行手数料のキャッシュレス化も進めているそうです。

2)無料通信アプリ「LINE」を用いたまちづくり

全国初の取組みとして、四条畷市の公式LINEと“友達”になり、市内インフラの不具合を画像に収めて市の所管へ情報提供すると、GPS位置情報も同時に送信することができるため現場の特定が容易になり、これまでマンパワーで対応していた事務作業が大幅に簡略化することが出来たとの事。

また、昨年6月に発生した「大阪北部地震」においては、倒壊の危険性のあるブロック塀の情報提供なども受け付け、市民の安全な生活を維持するための取組を行ったそうです。

 

3)その他

・オンライン面接を活用した職員採用/受験者が自ら日時を選ぶ「面接予約システム」

・IOT技術を活用した子ども見守りサービス

・保育施設等入所のシステム化(AIによる入所選考)

・AIとRPAの活用による業務時間の効率化

・その他

 

3、総括

人口規模で比較して四条畷市は大田区の7.5%となりますが、その大小に関わらず抱えている行政課題は同じであり、事業推進の目的はあくまでも住民サービスの向上であります。

四条畷市では、ICT・IOTを活用したより効果的な情報システムの管理運用を行うため、高度な知識や経験、専門性を備えた人事の育成も行っており、情報化推進の基盤整備、ロードマップの作成に取り組んでいるとの事でした。

本区としても参考にするべき事業が多々見受けられましたので、今後の研究課題とさせていただきたいと考えます。

74634328_2360406737418108_5029422552045322240_n

 

 

街頭募金③

街頭募金①

街頭募金②

10月21日(月)、大田区議会公明党と「災害救援の会」の皆さまとで、大田区内においても甚大な被害をもたらした台風被災を支援するべく、『台風19号被災者救援街頭募金』を行いました。

蒲田駅東口を行きかう多くの皆さまにご協力をいただき、心から感謝の思いでいっぱいです!

皆さまからいただいた真心からの募金は、「日本赤十字社」を通じて被災地でご苦労されている皆さまに届けられます。

田村 英樹
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者