バックナンバー 2020年 1月

1月31日(金)、東京都議会棟において「東京都予算勉強会」が開催され、区議会公明党の議員団で参加させていただきました。

83586437_641145493324219_7594870938160594944_n

84978891_2495391230582859_5529492775503921152_n

日々、勉強。日々、研鑽。

1月25日(土)、午前中の会合からちょっと足を延ばしてお台場へ。

我が大田区と比べると、街の賑わい方が別次元。

84358917_626170934826400_5796803074626420736_n

 

84994737_1390049367868137_8021829956268982272_n

 

 

 

85141815_188282155571625_3967865773602373632_n

1月22日(水)、感震ブレーカーの取付作業を拝見しました。

大田区では昨年の12月1日から、基本的に65歳以上の世帯または障がいをお持ちの方との世帯に対し、『感震ブレーカー』の無償取付事業が開始されました。

感震ブレーカーは、震災発災後の通電火災を抑止するために有効的であるとして、国や消防機関において普及を勧めている器材です。

申請から取付まで凡そ1か月。いくつかの条件がありますので、詳しくは区役所防災危機管理課かお住まいの地域の出張所にお問い合わせください。

大田区ホームページ「感震ブレーカー支給

 

 

 

1月22日(水)、大田区立障がい者総合サポートセンター「さぽーとぴあ」を訪問し、昨年3月に開所したB棟における短期入所事業や発達障がい児支援事業についてお話しを伺いました。

84311544_2258140414495375_573191500507119616_n

 

 

84734665_182402453010067_57768276498841600_n

1月16日(木)、東京商工会議所大田支部/(一社)大田工業連合会/大田区商店街連合会の3団体合同の新年賀詞交換会が盛大に開催され、来賓として参加させていただきました。

三団体を代表して商工会議所大田支部の深尾支部長が登壇され、新年を寿ぐご挨拶の後、本年開催される東京五輪による経済効果などお話しをいただきました。

大田区を代表して松原大田区長、区議会を代表して塩野目議長がそれぞれご挨拶。

83413009_2391307314512696_8358342005415215104_n

 

大田区議会公明党の議員団もご紹介いただき、会派を代表して幹事長がより一層の区政発展に努めていくことをお誓いし新年のご挨拶をいたしました。

83263004_851218231971239_2856055330880618496_n

 

 

1月16日(木)、区議会公明党の議員団で『中央防波堤埋立地』における大田区帰属地区を視察いたしました。

最初に(公財)東京都環境公社 中防管理事務所に寄り、中央防波堤の全容や現在の埋め立て状況、また、今回の地裁判決によって決定した帰属地区について説明を受けました。

CIMG5887

 

CIMG5874

82128338_707132413149682_1163933418501701632_n

館内での説明ののち、帰属地区の最東南端にあたるG地区へ移動。

画像にある三つの赤丸の下の場所。このG(点)地区より南は今後の埋め立て計画によって構築されていきますが、その埋め立ての大部分は「建築発生土」「しゅんせつ土」であるが、一方でこれより東側の埋め立てにはいわゆる産業廃棄物が利用されるとの事。

担当の説明では、現在の海面処分場が利用不可になるのはおよそ40~50年後を想定しているそうです。

CIMG5885①

CIMG5893(G境界点)

 

CIMG5897※画像奥にある建築物がG地区の最南端になります。

 

CIMG5894

 

今回の帰属で一番のメリットと言えるのが、東京港外貿コンテナふ頭の存在です。

現在は「中央防波堤外側コンテナふ頭」Y1バースが運用されており、今年度(令和元年)中にY2の運用が開始されます。その後の計画で令和6年度末を目途にY3バースの運用が開始されるそうです。

品川・大井・青海・中防の東京港外貿コンテナふ頭は、年間457万TEU(※参考、横浜港約220万TEU)の取り扱いコンテナ個数を誇り、事実上国内最大のふ頭と言えるでしょう。

こうした場所が『大田区』の一部に編入されたことは、今後の大田区の経済・雇用・物流、また観光などの政策に大きく反映されることが期待されます。

83320495_591989784694962_3690287461805588480_n

 

CIMG5901

 

CIMG5903

 

CIMG5908

 

中央防波堤埋立地帰属訴訟に関する大田区長コメント」には、『大田区に示された帰属範囲は、東京都の港湾計画において埠頭用地、港湾関連用地とされております。このことは、国際拠点空港である羽田空港を擁する区としましては、空と海における物流機能エリアが同一自治体に帰属されることになり、大田区はもちろん、東京の国際競争力の強化を考えたとき、大田区民のみならず、都民の皆様全体にも有益なものとなると考えており、司法の判断を仰いだ意義があったものと考えます。(抜粋)』とありますように、今回の視察を通し、この港湾地区をどのように区政に活用していくのかをしっかり議論していく必要があると思いました。

 

 

82386872_2203919163251313_7902620299995119616_n

1月13日(月)、JR蒲田駅東口にて公明党大田総支部による新成人をお祝いする街頭演説を行いました。
令和2年の新成人は全国で約122万人、大田区では6,374名の方々が新たに成人となられました。
おめでとうございます

⭐︎この度大田区では新成人の方を対象に、ピロリ菌検査の無料クーポンを支給する事業をスタートしました。この検査により胃がんリスクを低減する事ができるため、兼ねてから区議会公明党が提案してきたものです⭐︎

『新成人の集い』の会場となる大田区総合体育館では、松原大田区長・塩野目議長から祝辞が述べられた後、様々な催しで盛り上がっていました。
何故か、私もお祝いの“すあま”をいただいてしまいました

#田村ひでき #成人の日 #ピロリ菌検査 #大田区議会公明党

http://www.city.ota.tokyo.jp/…/shinseijinpirorikinkensa.html

83322243_626539501449478_7753166463275368448_n

1月12日(日)、令和2年蒲田消防団始式が大田区産業プラザPIOに於いて厳かに開催され、来賓として参加させていただきました。

私自身、地域ボランティア組織である『市民消火隊』として毎月、消防団の皆さまに訓練・指導を受けており、今日の日を機にさらに消防操法の習得に頑張っていこうと思いました。

#田村ひでき #大田区議会公明党 #防災訓練 #安全対策 #小さな声を聴く力

新春街頭④

令和2年、仕事始めの1月6日月曜日。

本日は、公明党大田総支部にて新春街頭演説を行い、総支部顧問・藤井はじめ都議並びに区議会公明党の各議員が、年始のご挨拶から区政報告・地域実績など報告いたしました。

私からは昨年一年間の御礼と、区議団で取り組んできた「小中学校体育館への空調機設置事業」や「感震ブレーカーの支給事業」について報告させていただきました。

本年もネットワーク政党・公明党は、小さな声を大切にし安全・安心なまちづくりにしっかりと取り組んでまいります。

田村 英樹
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者