バックナンバー 2016年 12月

本年11月29日(火)~2017年2月19日(日)の期間にて、『弦田英太郎~舞妓の世界』と題した絵画展示が行われています。

           

「大田区には現在に至るまで多くの作家が在住し、さまざまな作品が区に寄贈されてきました。

その大田区所蔵作品を紹介するアプリコ・アートギャラリー

リニューアルオープンしたアプリコの地下1階で再開いたします!

第1期は、大田区美術家協会の会長を長く務めた弦田英太郎氏の作品5点を展示いたします。

京舞妓に魅せられた弦田氏は、30年以上に亘って祇園に通い、その姿を描き続けました。

華やかさと繊細さをあわせ持つ美しい舞妓の世界をお楽しみください。」(※アプリコ・アートギャラリーより抜粋)

             

CIMG0585

             

CIMG0584

                   

CIMG0587

(立ち話し 1985年作)

                    

この他数点の油絵が展示してあります。

是非、大田区民ホール・アプリコの地下1階『アプリコ・アートギャラリー』へお越しいただき優雅な舞妓の世界を鑑賞下さい。

12月18日(日)、日頃から大変にお世話になっている「大田シャークボーイズ」第39期生卒団式に、来賓として参加させていただきました。

IMG_8385

              

毎年行われる卒団式ですが、今年度は長島総監督のご提案により大田スタジアムでの屋外開催となりました。

先週からの予報では天気が危ぶまれておりましたが、当日は大晴天で気温も高く、諸天も卒団生の新たな門出を祝っているような気候に。

来賓の松原忠義大田区長、東京都議会藤井はじめ議員、そして不肖私から卒団生へ祝福の言葉をお贈りさせていただきました。

             

IMG_8389

長島総監督から、卒団される25名の選手一人一人へ証書が手渡されたのち、『涙のベースランニング』と題したサプライズが行われ、笑いあり涙ありのシャークボーイズらしさ溢れるイベントに。

特別功労賞の授与では、長島総監督より心こもる暖かい言葉が添えられ、指導者と選手が一体となったチーム作りにただただ感動。

最後は、第39期主将から卒団生御礼の言葉が述べられ、厳粛な雰囲気のなかで『大田シャークボーイズ 第39期 卒団式』が閉会となりました。

               

新体制となり新たな挑戦がスタートしました。これからも全力で応援してまいります!

                 

☆☆☆第39期生の主な戦績☆☆☆

・東日本選抜大会 ベスト4

・板橋区長杯 優勝

・大田区長杯 準優勝

・ゼット杯東京大会 3位

IMG_8374

12月17日(土)、大田区産業プラザPIOにおいて東京都立六郷工科高等学校主催の『デュアルシステム制度に学ぶ全学科のインターンシップ等成果発表会』が開催されました。

CIMG0425

                 

我が大田区において都立六郷工科高等学校は2004年4月に開校。

工業高校では珍しい単位制や、長期就業訓練制度「デュアルシステム」などを取入れ先進的な教育を実施しています。

現在、デュアルシステムの受け入れ先としては230社ほどの企業に協力を得ており、そのうちの多くが大田区内の中小企業とのことでした。

            

第1部では、デュアルシステム科教員企業派遣体験発表を3人の教諭が行ったのち、各科の生徒によるインターンシップ・長期就業訓練の発表がありました。

CIMG0433

                

CIMG0438

発表内容は詳しく記載できませんが、生徒が現場で就業してみて初めて得ることができた不安や喜びが発表の随所に垣間見れる新鮮な成果発表でした。

卒業してから企業に入って働き始めるのと違い、長期にわたってあらかじめ就業内容や人間関係、社内環境を実際に肌で感じることができるうえ、卒業に資する単位の取得にもつながるというデュアルシステム制度は、生徒の不安低減はもちろんの事、区内中小企業が抱える事業継承・技術継承といった課題に対し大いに期待がもてるものと考えます。

              

引き続き行われた「デュアルシステム科卒業生発表」では5人の卒業生が登壇され、在学中に感じた不安や期待、また実際に就業してからの取り組みなど様々な話しをうかがうことができました。

12月17日(土)、大田区教育委員会主催の『平成28年度 第5回小学生駅伝大会』が、大田スタジアムにて盛大に開催されました。

CIMG0384

               

CIMG0390

                   

区立小学校全59校を午前中29校・午後30校に分けての開催で、私自身の出身校である区立出雲小学校は前半に出場。

CIMG0397

各校、日頃の訓練成果を思う存分発揮し、応援・観客、会場の誰もが心躍動するデッドヒートの展開に拍手満開!

              

CIMG0399

大田区は、子どもたちの健やかな成長を育む環境づくりにこれからも取り組んでまいります。

12月11日(日)、大田区民ホールアプリコの地下展示室や区役所本庁舎を会場とした「おおた福祉フェス」が盛大に開催されました。

CIMG0300

             

今回の実行委員をお勤めになられていたのが、私自身、よく存じている介護サービス事業者であったため、大きな関心をもってお邪魔させていただきました。

ただいかんせん、次の予定がすぐに入っていたため、駆け足のご挨拶となってしまったことが悔やまれます……

            

アプリコの会場では、介護相談・福祉用具の体験・介護情報の提供などが賑やかに行われていました。

CIMG0295

             

CIMG0296

                

CIMG0298

                 

CIMG0291           

この後のプログラムでは、『知っておきたい!認知症介護とお金のハナシ』と題した講演会や、警視庁による交通安全講座など多彩な企画が目白押しでした。

来年度はゆっくり、見学をさせて頂きたいとおもいます(^^)

12月8日(木)、嶺町文化センターにて「通学路防犯カメラ設置事業」概要説明会が開催されました。

CIMG0259

                 

CIMG0257

                    

通学路防犯カメラ設置事業の概要

大田区では平成26年度から5か年計画で、区立小学校周辺に1校あたり5台の防犯カメラを設置する事業を進めています(※事業費は東京都からの1/2補助を活用)。

これまで教育委員会では、地域の皆さまのお力添えをいただきながら、交通安全活動・児童誘導業務・通学路の安全点検等々に取り組んでおり、より、子どもたちの安全確保と犯罪抑止の観点からスピード感をもって防犯カメラ設置事業の進捗に取り組んでいるとの事です。

CIMG0249

               

防犯カメラの機能は、0.2lux(月光でも十分)・SDカード64GB×2枚・画素数130万画素で、一週間分の映像を記録することができる機種。

レンズ部分が真下を向くような構造は、降雨の際に水滴が残らないようになっているそうです。

CIMG0251

             

CIMG0254

あえて『防犯カメラ作動中』の表示をすることで犯罪抑止効果があり、実際に、設置している地域では子どもの事件・事故は1件も発生していないそうです。

               

しかし、個人宅もアングルに入ってしまうことからプライバシー保護にも配慮する必要があり、これについてはレンズ部にマスキング加工することで確実にプライバシー保護を行っています。

CIMG0256

                  

区では、平成29年度の事業完了を目指し事業の進捗に取り組んでいます。

12月5日、第4回定例会における代表質問の映像が配信されました。

平成28年 第4回大田区議会定例会 大田区議会公明党代表質問

12月4日(日)、大田区・大田区教育委員会主催の『大田区発達障がいシンポジウム』に参加させていただきました。

IMG_8156

              

IMG_8157

第一部の基調講演では、東京学芸大学教育実践研究支援センター・教職大学院の小林教授により、「発達障がいの二次的障がいの予防について」と題して、発達障がい児・者の心の作用や感じ取り方などのほか、環境適用に関するサバイバルスタイルについてお話しをうかがいました。

学校教育環境の中では、発達障がいをお持ちの児童への接し方として、「指示を細かく」「にっこり笑って」「名前を呼んで」など、教職員の心がけで児童の受け止め方が相反することをご紹介下さいました。

また算数の設問にある、『A地点からB地点へ時速60㎞で、8:00から10:00の2時間で移動するとした場合の距離は?』との問いに対し、ある児童は……

・A地点はバスの先頭、B地点はバスの後部?

・バスの全長は何ⅿ?

・ずっと60㎞で走行できる場所って?

……と、矢継ぎ早に質問。いわゆる“答えは一つではない”ことや“発達障がい児・者はいろいろと発想する”といった点をふまえて関わりを深めていく必要があるとのケース紹介に関心いたしました。

             

今後もこういったシンポジウムや交流会を通し、障がい児・者と取り巻く環境等について研鑽を深めていきたいと考えます。

12月3日、こらぼ大森の会議室において、NPO法人大森コラボレーションの障がい児・者実行委員会の主催による「災害時の障害者を取り巻く課題」についてのワークショップが行われました。

IMG_8151

           

最初に、「逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者」と題した映像を鑑賞し、震災によってクローズアップされた障がい者にのしかかる「避難所生活・放射性物質・自立生活・障がい者支援etc…」などといった課題について深く考える時間となりました。

上映後は、参加者全員によるワークショップが行われ、“映画を見て印象に残ったこと”や“自分の地域でできること、できそうなこと”などについて、様々な意見交換がなされました。

こうした学習会やワークショップは、現場の方々の生の声を聞くことができる貴重な時間です。

今後も積極的に参加させていただき、区政に活かしていきたいと考えます。

           

次回は明年1月18日(水)、大田区消費者生活センターにて10:30~12:30、『自立生活ってなに?~重度知的障害のある人にとって~』と題した学習会が予定されております。

12月3日(土)、東京都立矢口特別支援学校において『平成28年度 第37回 矢口祭』が賑やかに開催されました。

矢口特別支援学校は、児童・生徒数257名(小学部80名・中学部73名・高等部104名)※平成26年5月1日現在、教職員数は116名(内、教諭・養護教諭107名)の大型校で、主に知的障がいをお持ちの方々が集い・学び・友情を育む場です。

CIMG0224

(※現在、校舎の建て替え工事中で、完成は平成32年度との事)

                

『ありがとう 未来につなごう 矢口祭』をテーマにした今年の矢口祭。冒頭の矢野校長先生からのご挨拶から開演です!

CIMG0175

                

CIMG0181

               

最初のプログラムは、小学部2年の児童による「やぐりんピック~20人でがんばリオ!」。

CIMG0187

             

CIMG0184

卓球、陸上、サッカー、縄跳び、アスレチックetc様々なスポーツに挑戦する児童。

応援の楽器演奏にも力が入ります!

この後、小学部1年、小学部3年、小学部4年、小学部6年、小学部5年と演目が続きます♪

                

隣接する高等部校舎では、高等部の生徒たちによる絵画・工作・陶芸・研究発表・カフェなど、日頃から真剣に学習や創作活動に取り組む姿勢がよく表れた展示が目白押し!

CIMG0204

               

CIMG0206                  

CIMG0207

                

CIMG0209

                 

CIMG0216

さすが高等部、力作ぞろいの展示に感動です。

障がいが個性となって光り輝く、素晴らしい時を過ごさせていただきました。

田村 英樹
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者