9月23日(金)、大田区東六郷にある東京都立城南特別支援学校において、近隣自治会の方々を対象に学校公開が開催されました。

IMG_6876

                  

参加は各町会4~5名で、おおよそ25名程度となりました。

最初に和田学校長先生よりご挨拶があり、当該校の現状や特色、学校経営指針などのお話しがあり、重点的取組みとして『チームアプローチによる授業改善』『安全で安心な学校づくり』などを紹介いただきました。

IMG_6874

              

続けて小久保副校長先生から学校概要のご説明がありました。

当該校は主に『肢体不自由』の障がいをお持ちの子どもたちが利用しておりますが、その全校149名のうち、医療的ケアを必要とする子供は小学校21%、中学校27%、高校9%と全体の約20%に当たり、そのような子供たちを含め看護師・非常勤看護師がしっかりとサポート。

また学校給食では①初期食13%、②中期食30%、③後期食24%、④普通食33%と調理法を変え、それぞれの児童・生徒に合った給食を提供されているとともに、アレルギー対応も十分取られているとの事でした。

送迎用のスクールバスは中型・大型合わせて13コースを回り、98名が利用しておりました。

IMG_6873

                

概要説明のあと、小学校1~6年生の児童による学習発表会を視察させていただき、子どもたちの笑顔とその笑顔を支える教職員の方々の姿に感銘を受けました。

終了後のアンケートには、①災害時における地域との共助を効率よく進めるため、今後もこうした公開や懇談会を開催して欲しい、②生徒が卒業した後の生活支援・就労支援の在り方など、都・区との緊密な連携をお願いする旨の意見を書かせていただきました。

子どもたちの健やかな成長のため、これからも福祉政策の拡充にあたってまいります。

コメント投稿

田村 英樹
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者