バックナンバー 2015年 6月

6月26日(金)、東京消防庁 蒲田消防署が行っている『総合的 防火・防災診断』に同席させて頂きました。

            

この事業は、独居高齢者や障がい者の一人暮らし世帯向けに東京消防庁が取り扱っている”緊急通報システム”に登録している世帯を対象に、消防署員がそのお宅に出向き、無料で我が家の防災対策やアドバイスを行って下さるもの。

DSCN7775

                       

この”緊急通報システム”は、もしもの時にペンダント型の発信ボタンを押すことによって東京消防庁に連絡が入り、救急車・ポンプ車の出動態勢が整い、同時に事前に登録した近隣の協力者にも一報が入り、救命救急を迅速に行うシステムです。

DSCN7783

今回同席させて頂いたお宅は86歳女性の独居世帯でしたが、区内に住む娘さんのしっかりとした取り組みによって、家具やテレビ、本棚などの転倒防止処置が施されていました。

                 

さらに細かい箇所を点検していくと…

DSCN7779

転倒防止器具の取り付け方(向き)が違っているとか…

DSCN7781

可能であれば、使っていないコンセントには市販の保護カバーを取り付けると火災防止になります。

              

天井に設置してある煙感知器についても、定期的に稼働試験を行って頂きたいとのお話しもありました。

DSCN7788

                  

蒲田消防署管内には、およそ6,000世帯がこの緊急通報システムに登録されているとのことで、一軒一軒、こうして地道に診断事業を進めているそうです。そのご苦労に、心から敬意を表したいと思いました。

           

最後に消防署員から世帯主に質問がありました。

それは『この瞬間に地震が起きたとして、あなたは真っ先にどのように行動しますか?』と。

世帯主の女性は、「たぶん大きな揺れで動けないから、頭から毛布をかぶり、テーブルの下にもぐります」と答えました。

すると‼ 消防署員から笑顔で『正解‼』と(^0^)

             

現在、消防庁の標語で『地震だ! まず身の安全!』とPRしているそうです。

私たちも日頃から、防火・防災の取り組みを心がけていきましょう!

ここは、萩中経由のバス通りにある変則交差点。

     DSCN7512

            

DSCN7514

            

今春、この交差点近隣にお住いのご主人からご意見を頂きました。

・横断歩道や規制線が消えかかっていて危ない!

・一方通行出口なのに間違えて進入してしまう車両がいる!

             

これを受け、区の所管担当から蒲田警察へ改善の申し入れを行いました。

そしてこの度、この交差点内の規制線補修が完了しました。

DSCN7752

                

DSCN7756

           

一歩一歩、皆さんの声を街づくりにつなげて参ります。

区営西六郷三丁目アパートに併設の『区立高畑第三児童公園』にこの度、新たにベンチを2基増設することができました。

                
この児童公園は昨年改修工事を終えた真新しい公園ですが開園当初に設置されたベンチは僅か2基で、今春、「周辺住民からもう少し増設して欲しい」とのご要望を頂いておりました。
DSCN7749
早速現地調査の後にこの件について所管担当者打ち合わせ。

少し時間はかかりましたが、6月16日に2基のベンチ増設することができました。
DSCN7747

これからも地域の皆様の声を大切に、暮らしやすい街づくりに取り組んで参ります。

田村 英樹
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者