バックナンバー 2014年 5月

5月21日(水)、荒川区で新規整備された『永久水利』を視察させていただきました。

           

昨年度の大田区議会第3回定例会での一般質問で私は、大田区内における上水道管の耐震化工事の進捗状況を鑑み、防火水槽の拡充と防災マップへの正確な情報提供を述べさせていただきました。

その関連で他区の状況を調査していたところ、この荒川区の取り組みを先輩議員に紹介していただき今回の視察となりました。

                    

『永久水利』が整備されている”あらかわ遊園”に伺い、初めに所管担当の皆様から事業概要・設備内容について説明をいただきました。

                

荒川区は大田区と同様に木造家屋密集地域が多く、現在危惧されている首都圏直下型地震発災時における大規模火災への対策が必須となっています。

このため防火に対するインフラ整備をはじめ、区民消火組織並びに区内の小学校に対して180台のD級可搬ポンプを整備するとともに、区民レベルでの消火体制の拡充に取り組んでおられるとのこと。

               

貯水量の決められた防火水槽では、おおよそ1地点で消火できる火災には限界があります。

この防火水槽の『枯渇』対策として、隅田川の豊富な水資源を利用するというのが永久水利でした。

              

あらかわ遊園の「せせらぎ」用に元々整備してあった取水設備や搬送管を拡充し、高圧・大量の河川水を約500m先の内陸部への送水を可能としました。

                 

(貯水・浄水施設)

              

(自家発電機)

              

(内陸部に設置の取水栓)

            

ここから75φ消防ホースを接続して消火活動を展開します。

また、すぐ傍には資機材倉庫が附設してあり、D級可搬ポンプをはじめ延長ホースやバルーン型投光器などの機材が収納されていました。

                

今後荒川区では、永久水利の構想を基とした消火体制を構築していくとのことで、具体的には、現在配備中の180台のD級可搬ポンプや自動中継機能付きポンプを併用することで水源の確保を行い、木造家屋密集地域での消火活動を支援するものでした。

           

大田区にも多摩川や呑川、また洗足池などの豊富な水資源があります。こうした資源を有効に活用した消防体制の構築が可能であると思いますので、今後、所管防災課と一緒になって調査を進めてまいります。

5月18日(日)、多摩川二丁目の多摩川緑地にて『平成26年度 大田区合同水防訓練』が盛大に開催されました。

              

この訓練には、大田区をはじめ区内各4消防署、消防団・災害時支援ボランティア・町会自治会、さらには大田建設協会や造園協会の皆さんが参加され、日頃の訓練の成果を存分に発揮されておりました。

              

            

【訓練想定】

 台風X号の接近に伴って雨脚が強まり、5月18日6時00分、東京地方に大雨洪水注意報が発令されたことから、大田区は水防監視態勢、東京消防庁は水防態勢を発令し河川水位の監視等警戒中である。

 8時00分、台風X号の勢力はいよいよ拡大し、大田区は水防2次態勢、東京消防庁は水防第二非常配備態勢を発令し警戒の強化を図った。大田区内は豪雨による住宅、ビル地下室への浸水危険、河川堤防の越水危険が迫っている。

             

              

この想定に基づき、各々のセクションでの工法・訓練が行われました。

《マンホール噴出防止工法(鋼製釜段)》

           

《倒壊家屋からの救出活動》

                

近年、ゲリラ豪雨や洪水などの自然災害が多発しています。こうした全区を挙げた水防訓練を通して、区民一人一人が水災害に対する意識の向上が期待されるところです。

5月とは言え初夏の陽気となった日差しの中での訓練、本当にお疲れ様でした!!

5月13日(火)に会派の代表4人で、国立市の選挙管理委員会を訪問させて頂きました。

         

              

今回は国立市が推進している「代理投票の対応」について、選挙管理委員会の風見事務局長よりお話しを伺いました。

              

国立市にある社会福祉法人『滝乃川学園』では、1974年から選管との協議の上で知的障害をお持ちの方に対する代理投票参加を推進。

平等にある投票権の行使について、様々な取り組みを伺うことができました。

          

今後しっかりと研鑽をし、大田区政に反映させて行きたいと考えます。

田村 英樹
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者