大田区議会議員  玉川 ひでとし (公明党)

いつも 明るく! たくましく!

家庭内備蓄PRのシンボルデザイン募集中!

お知らせ 地域振興 政策 産業振興 防災 / 2014年7月11日

大田区では、レトルト食品や缶詰、飲料水、カセットコンロなど、「災害時にあると助かる日用品」を各家庭で備蓄しておいてもらうためのPR事業、身近なところから防災を意識してもらうための事業が実施されることとなりました。
現在、そのPR事業の顔となる家庭内備蓄PRのシンボルデザインを募集しております。

最優秀賞1作品には、3万円相当の区内商品券。優秀賞、敢闘賞の各1作品に1万円相当の区内商品券が進呈されます。
応募期限は平成26年7月31日までです。 みなさま、ぜひこの機会にご応募してみてください!
.
実は、この事業は、「買い物のたびに防災を意識させる取り組み」として、昨年6月の一般質問でわたしが提案したものになります。
※「平成25年度 第2回定例会で一般質問」の質問④より
.
これは非常食の新しい備蓄法「循環備蓄」「ローリング・ストック法」の普及推進にもつながるものになります。
その年に予算がついて、1年後の本年に実現となりました。自分の提案が実現することはとても嬉しいことであります。
今後もさまざまな政策の実現に向けて、粘り強く働きかけてまいります。