大田区議会議員  玉川 ひでとし (公明党)

いつも 明るく! たくましく!

「おおた工業フェア」開幕

お知らせ 地域行事 現場調査 被災地支援 / 2012年2月2日

2/2(木)
産業プラザPioにて、「おおた工業フェア」開幕。
2/2(木)~4(土)の3日間、大田のものづくりの高度技術・技能の展示や新製品、新技術コンクールの表彰式、ビジネスマッチングなどなど、さまざまなイベントが開催されます。
第23回大田区中小企業新製品・新技術コンクールの受賞式と受賞企業のプレゼンテ-ションに出席しました。

最優秀賞に選ばれた高速・高精度ドーロスキャナー、「スケルカ」
この「スケルカ」の凄いところは、時速60kmで走行しながら地中の3次元データを解析することができ、東日本大震災発生2日後から、この技術が各地の陥没予防調査に役立っていることです。
ジオ・サーチ株式会社のこの新技術と社会貢献度の高さに感動しました!

「スケルカ」について、詳しくはリンクをご参照ください。
http://www.geosearch.co.jp/index.shtml

軽度外傷性脳損傷(MTBI)について

お知らせ 政策 福祉 / 2012年2月1日

2/1(水)
大田区役所にて、「軽度外傷性脳損傷(MTBI)」について、友の会の方と懇談、意見交換を行ないました。

この軽度外傷性脳損傷(MTBI)は、頭部の大きな揺れなどで脳内の「軸索(じんさく)」という神経線維が傷つくことによって発症する病気で、手足の麻痺など重篤な症状も伴います。

アメリカでは15年前に外傷性脳損傷法が制定されるなど、欧米を中心に注目されてきていますが、日本では頚椎の病気だと考えられてきていて認知度も低く、損傷が画像検査で発見しにくいため、適切な治療や補償が受けられないといった現状の課題を伺いました。

まずは、この軽度外傷性脳損傷(MTBI)の周知、啓発に取り組み、制度改善を推進してまいります。
乳幼児の揺さぶりも主な原因のひとつですのでご注意を!

軽度外傷性脳損傷友の会
http://mild-tbi.net/