Archive for 2012年 2月

2/29(月)
大田区議会公明党として、松原忠義区長に路面下空洞調査に関する要望書を提出しました。
これは、震度5を超えると道路の凸凹陥没液状化そして空洞化が多発するとのことがある調査により判明しており、減災対策のひとつとして、ぜひ取り組んでいただきたいとの願いによるものです。

大田区においては、平成9年から平成17年にかけて路面下の空洞調査を行ったきましたが、
首都直下型地震が予測される中で二次災害を防ぐ意味でも緊急輸送道路のアクセスルート、警察・消防・病院・学校等の災害拠点へのアクセスルートを中心にさらなる路面状況の情報を把握し、保全をしていく必要があると考えます。

さまざまな現場の声をキャッチして、さらにさらに災害に強い街づくりを推進してまいります。

2/26(日)
この日の夜は、武蔵新田で大田区の被災地支援ボランティア仲間の怜良さんのライヴへ。
http://ley-ra.vivian.jp/deep_blue/deep_blue/link.html

ライヴといってもライヴハウスではなくカフェバー「ワインライト」の店内。
ボランティア仲間のおじさん5人で聴きにいきました。
 
オリジナル曲をはじめ、カバーで歌われたBangles「Manic Monday」
これは大学時代、足の怪我で入院中のときに良く聴いてた曲だったのでとても懐かしく、
キャンデーズ「年下の男の子」のブルース調のアレンジなどなど、とても楽しめました。
そして、ラストに近づくと昨年のクリスマス交流会で歌われた「わけてください」を。
この曲を聴いたときには涙が出てきました。
http://leyrasinging.blog137.fc2.com/blog-date-20111226.html
 
この「わけてください」をもう一度、いや何度も聴きたいと思い、CD購入を求めましたが、
まだCD化はされてないとのこと。 これはまたライヴに行くしかないかな?

さまざまなジャンルの曲、ステキな歌声に魅せられたステキな夜でした。

2/26(日)
この日は、東京マラソン開催でテレビをつければその話題ばかりでしたが、
地元の洗足池子供広場においても第24回洗足池マラソン大会が開催されました。
今回も開会式に来賓として参加しました。(主催:千束地区少年野球協会)

昨年は当時小学6年生だった娘が高学年女子の部で優勝しました。
http://www.komei.or.jp/km/ota-tamagawa-hidetoshi/2011/02/28/
 
 
開会式終了後、すぐさま新宿歌舞伎町へ
この日は以前から予定が組まれており、残念ながらスタート前に移動となりました。
 
新宿歌舞伎町「新宿Face」にて、おじさんのキックボクシング“ナイスミドル”の審判として
四角いジャングルであるリングにあがりました。
http://www.nicemiddle.jp/
「試合を誰よりも近くで見させてあげるよ」との誘い文句ではじめた格闘技のレフェリーも
アマチュア大会を含めると今年でキャリア15年目になります。
観客席から「大田区をもっと良くしてくれ~!」との声が。知り合いの大田区民からでした。
今回も安全第一の試合裁きで、無事故でイベントを終えることができました。

2/18(土)
夕方から東工大蔵前会館にて開催された映画製作による地域活性化イベント
「ふるさとがえり」上映会に参加しました。
公式ホームページ http://hurusatogaeri.com/

岐阜県恵那市が舞台。景色もきれい、ストーリーも良い、随所で涙が出てくる。
今いる場所を離れて夢を追うべきか?「ふるさと」ってなんだろうか?
何を愛するべきか?地域の絆が描かれており、いろいろ考えさせられる映画です。
また、消防団による消防操法大会も出てきます。消防団の方は必見です。

この映画「ふるさとがえり」は、単なる「いい映画」ではなくて、昭和・平成の大合併をした
岐阜県恵那市の「映画制作によるまちづくりプロジェクト」から生まれた作品です。
http://www.enakoko.com/

また劇場公開ではなく、各地にて上映会とともに映画の感想、地域の未来を語り合ったりと
参加者の交流を図ったイベントとなっているのも特徴です。
いつでもお金を出せば見れるといったものではありません。チャンスを逃すと見れません。
みなさまもスケジュールを確認して、ぜひご自身でご覧になってみてください。
http://hurusatogaeri.com/screening/schedule/
https://www.facebook.com/hurusatogaeri
すばらしい作品です。超おすすめです!

2/18(土)
大田区の被災地支援ボランティアで知り合った仲間から呼びかけがあり、銀座のTSビルにて、
大田区が復興支援をしている宮城県東松島市の物産展の売り子のお手伝いをしてきました。
今まで東松島市物産展の売り子は2回ほどさせていただいたことがあり、
「牛たんカレー、お求めやすくなっております。ここでしか買えませんよ~」
「ほやマドレーヌ、いかがでしょう。珍しいですよ。なかなか手に入りませんよ~」
などなど、売り込みのフレーズも自然と出てくるようになってました。

しばらく売り子をしていると、俳優の津川雅彦さんが訪れ、たくさんの買い物をしてくれました。
昨年公開された、映画「あしたのジョー」にエキストラ出演させていただきましたが、
http://www.komei.or.jp/km/ota-tamagawa-hidetoshi/2011/02/16/
リングサイドの津川雅彦さんの隣の席でワンカットですが一緒にアップで映っており
その写真を見せると「また会うとは奇遇だね」と気さくに肩を組んで写真撮影してくれました!
宮城県東松島市の物産展は、今後もさまざまな場所で実施されると思いますが、
また売り子のお手伝いをさせていただきたいと思います!

2/11(土)
この日は洗足支部内を公明党の機関紙「公明新聞」の宣伝カーでまわりました。
公明新聞は本年で創刊50周年になります。

「公明党の活躍が掲載されている公明新聞を、ぜひご購読ください!」とアナウンスしながら
約2時間半、洗足支部内をまわらせていただきました。
広報宣伝だけでなく、草の根での購読推進にも努めてまいります!

2/5(日) 3日目つづき

今回2名の初参加者がいましたので全員で野蒜小学校に行きました。
自分は3度目の野蒜小学校訪問になります。
  
サテライト拠点から徒歩15分ほどで到着。体育館、正式には屋内運動場。
皆で献花台に線香をあげ、追悼の祈りをしました。何度来ても涙が出てきます。
※当時の模様はリンクを参照ください。
http://sankei.jp.msn.com/smp/affairs/news/110430/dst11043023490029-s.htm
 
サテライトに戻るとお弁当とともに現地のおじさん、高橋さんから差し入れが!
高橋さんは、大田区のボランティアメンバーとの交流でとても親しくなり、土日の昼食時間には、
いつも来てくれているそうです。
 
ご自身で漬けられたたくあんとワカメ、ネギ、サトイモの具だくさんのあつあつの味噌汁
いつも本当にありがたいです!
 
昼食を終えると、この日から参加のメンバーが高速バスで到着。
大田区被災地支援ボランティア調整センターの小野事務局長の姿も!
今回の感想と今後のボランティアの展開などわずかな時間でしたがお話をすることができ、
自分の取り組むべき課題も見えてきました。

今回も下は大学生から上は70近い人生の大先輩という幅広い世代のメンバーと一緒に
心をひとつに活動させていただきました。
新しい経験、新しい出会い、新しい仲間、新しい課題…たくさんのおみやげをいただきました!
 
大田区の被災地支援ボランティアを継続していくには、新しい参加者の拡大が必要です。
大田区在住、大田区勤務、また紹介者がいれば区民でなくても参加可能です。

自分も参加してみたいという方、もっと詳しく知りたいという方、
大田区のホームページをご覧になるか、または、わたくし玉川ひでとしまでご連絡ください!
http://www.city.ota.tokyo.jp/shinsai/shien/genchi/gentivolunteerbosyu.html
よろしくお願いいたします。

2/5(日) 3日目
被災地支援最終日の朝、サテライト拠点に向かい最後の支援活動を行いますが、
マイクロバスの扉が凍りついてなかなか開かず…
 
昨晩また雪が降ってしまったため、昨日午後にAグループが雪かきできれいにした
サテライト拠点周辺は、また元の雪景色に。
初日に近隣の子供たちと空き時間に作った「かまくら」は、
積雪でさらにグレードアップされてました。
 
 
本日最後の作業はサテライト拠点にて支援物資の搬入がメイン。
支援物資が到着するまで、テント内の搬入場所の確保と周辺の雪かき。
 
大型トラックが到着し、山のような物資の量に仰天しましたが、荷台からテント内まで
全員でジグザグに並んでバケツリレー開始。
 
テント内と荷台とで、会話が飛び交います。
「もうどれくらいおろした~?」
 「まだまだ、よんぶんのいち~」
 
同じ動作が続くので、途中で配置を交替して再開。
「あとどれくらい~?」
 「もうちょっとだよ~」
「もうちょっとってどれくらい~?」
 「あと60箱ぐらい!」
「え~~っ!(テント内全員)」
 
といった感じで300箱近く、みんなで呼吸を合わせて一気に搬入作業終了。
その後は、スコップとデッキブラシを使って、全員でサテライト前の道路の雪を全て片付けて終了。
 
昼食のお弁当が到着するまで、30分近く時間があったので、全員で野蒜小学校に行きました。

2/4(土) 2日目
早朝5時前に起床し、希望者9名で塩釜の市場へ向かいました。
雪道を徒歩で40分ほどで塩釜市場に到着。
各自購入する食材を分担し、みんなで分けて海鮮丼のできあがり!
昼食以外は自己調達なので、この朝食は密かな楽しみでもあります。
 
帰りはJR仙石線、東塩釜駅から下りで陸前浜田駅まで1駅。
石巻に石ノ森萬画館があり、「マンガッタンライナー」という名前の
石ノ森章太郎キャラが描かれた仙石線もたまに走っています。
陸前浜田駅から徒歩1分で浦嶋荘になります。
 
 
8:30、全員でラジオ体操を終え、浦嶋荘を出発。
これは出発前の浦嶋荘向かいの景色です。
 
午前中の活動は、昨日に引き続きインフルエンザ予防グッズの配布とともに御用聞き。
我々Bグループは、27軒のお宅にお会いできました。
訪問したお宅で、全員に一本づつ恵方巻きをいただきました!ありがたいです。
 
昼食を終えると雪が本格的に降ってきました。
サテライト拠点のテントを守らねばと、みんなでスコップを手にしてテント周辺の雪かき開始。
  
午後の作業開始時間に粉雪に変わってきたので、Aグループはそのまま雪かき継続、
我々Bグループは午前中と同じく在宅者の訪問を開始しました。
 
途中、また本降りの雪に襲われましたが25軒のお宅にお会いでき、仕事の依頼や
周辺の在宅状況、大田区のことなどいろいろなお話をすることができました。

2/3(金)~5(日)の期間、大田区の第12次現地支援ボランティア第2グループとして
4度目、そして今年初めての被災地支援ボランティア活動に参加してきました。
今回の参加数は事務局1名、ボランティア12名(男性8名、女性4名)です。
 
2/3(金) 1日目
早朝に大田区役所集合で、6時よりこのバスに乗って宮城県東松島市へ向かいます。
途中、2箇所のサービスエリアで休憩を取り、約6時間で宿泊地の浦嶋荘に到着。
雪は積もってますが陽射しが強く、あまり着込むと汗をかいて暑くなりそうです。
それにしても眩しい。サングラスが必要です。
 
宿泊の荷物を下ろして、すぐに浦嶋荘を出発。
大田区のサテライト拠点がある新東名に向かい支援活動開始となります。

途中、松島海岸駅前を通過。
2/4(土)~5(日)に開催される「松島かき祭り」の準備で賑わっていました。
http://miyagi-kankou.or.jp/wom/o-3551
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/02/20120205t12017.htm
 
 
大田区のサテライト拠点に到着。
今回第12次第2Gでの参加ですが、前の第1Gの出動は中止となっていたたため、
人の手が入っていなかったサテライト拠点のテントの上にはたくさんの雪が積もっており、
その雪かきを終えてからの支援活動開始となりました。
 
今回の支援活動は、現地でインフルエンザが流行ってきているので、サテライト近辺の
在宅避難者のお宅を1軒1軒訪問し、支援物資の除菌スプレー、タオル、ティッシュと
ボランティア連絡先のチラシを配布。
この配布とともに我々ボランティアへの要望や現在の状況などの御用聞きという、
現地の方々との交流・訪問対話が大きな目的です。
 
初日の午後の活動は、2グループ6名に分かれて、ネコ(一輪車)に支援物資を積んで、
地図を持って地域を回りました。
最初は訪問してどう挨拶すればいいのか、戸惑うメンバーもいましたが、
 
「こんにちはー、大田区のボランティアでーす!」
「インフルエンザが流行ってきてますので、支援物資をお届けに参りました。」
「なにかお困りのことはありませんか?」
「我々ボランティアが力になりますので、遠慮なくご連絡ください!」
 
と、回を重ねていくうちにすぐに慣れてきて、みんな元気に挨拶ができるようになりました。
不在のお宅も多かったですが、一人一人との出会いを楽しみながら訪問を続けました。
我々Bグループは、14軒の在宅の方にお会いでき、さまざまお話をすることができました!

玉川 英俊 @tamachan_ota
リンク
カレンダー
2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  
サイト管理者
大田区 玉川英俊
tamagawa.senzoku@gmail.com