大田区議会議員  玉川 ひでとし (公明党)

いつも 明るく! たくましく!

五反田駅乗換えのバリアフリー化

お知らせ 現場調査 福祉 / 2011年2月14日

バリアフリーについて多くの方々と語る中で、「五反田駅の東急池上線-JR山手線の乗り換えが大変だ!」「五反田駅のバリアフリー化はいつ実現するのか?」との多くの声を聞きます。
この3連休中に五反田駅に行って確認してきましたのでお知らせいたします。

「バリアフリー事業のお知らせ」との掲示がされておりました。
・線路内工事        H22年12月まで
・連絡通路改修      H23年1月~ 
・エスカレータ使用開始  H23年冬頃  
・エレベータ使用開始  H24年夏頃  
実際に連絡通路で乗客の流れを見ていましたが、
特に池上線から降りた乗客が山手線ホームに電車が入るのを目にすると狭い通路を多くの方が一斉に駆け出す姿が見受けられました。
この狭い通路と階段を高齢者や足の不自由な方が通行し階段を上り下りするのはとても怖いものだろうと感じました。
豆知識ですが、東急五反田駅の高架駅という作りについて疑問の声もありましたが、歴史を調べたところ、
元々、池上線は隣の大崎広小路駅を終点として徒歩連絡による乗り換えで五反田駅に接続する形態であった。
そして、大崎広小路駅から山手線の上を越えて白金・品川方面への延伸計画を立てたため、高架駅である大崎広小路駅よりさらに高い位置の駅になった。
とのことです。

また、五反田駅の2009年度の一日平均乗降人員は
東急池上線:約102千人、JR山手線:約132千人、都営浅草線:約62千人。
工事時間は1日で終電から始発の間の数時間しか取れないため、完成まで長い期間かかってしまうようです。

バリアフリー化までまだ1年半ほどかかりますが、それまで無事故で工事が完了するのを待つしかないようです。