menu
menu
バックナンバー 2016年 3月

毎年、年度末に一年間の公明党会派
山田議員と私と二人の活動です。
この一年実績も沢山出来ました。
女性の目線、市民のお一人の声を大事にして参ります。

先週の日曜日3月13日、市民相談の現場確認の為鳴子温泉の中山平に行きました。その帰り、以前に市民からお願いされた「なるこおおはし」のプラスチックパネルが24枚壊れている。との要望に公明党石橋県代表とのネットワークで宮城県にお願いして治して頂きました。その写真です。

3月19日10時30分から
大和町町議会議員選挙が22日告示
27日投票。新人いぬかい克子挑戦!
地域の皆様、後援会の皆様多数がいぬかい克子さんの激励に駆け付けて下さいました。
お忙しい中、ありがとうございました。

3月15日午前10時30分村井知事に意見書を提出しました。
大崎市民救命救急センターの運営費、県補助金の現状維持を求める意見書です。
平成28年度の宮城県の予算編成で1億2千万円から5千722万円に減額された。
伊東保健福祉部長はこれからも『よく協議していきたい。また3年間検討』
旨の話がありました。

市民相談の現地を視察【鳴子中山平】
2日後に鳴子総合支所に訪れ、即対応していただく。
鳴子支所長と課長に感謝。

大崎市環境保全課が委託業者に依頼
古川江合地域と吉野作蔵記念館で
東北新幹線の騒音・振動測定を実施していただきました。

主要地方道古川松山線
〜人・地域の未来を結ぶ架け橋〜
平成21年から着工し約6年かけて開通。
地域の活性化に大いに期待‼︎

平成28年3月12日.大崎市立古川中学校で卒業式が挙行されました。
208名が学び舎を旅立ちました。
古川中学生らしく立派な卒業式でした。

大崎市立古川第一小学校の卒業式に行って来ました。
ご卒業おめでとうございます。
伝統と歴史のある学校、木造校舎の学び舎で勉強した最後の児童生徒94名が卒業しました。
若生充行校長先生からウォルト・ディズニーの夢を叶える秘訣「4つのC」『好奇心』『自信』『勇気』『継続』について、はなむけの言葉がありました。本当に立派な卒業式でした。

今、マスコミ等で問題となっております待機児童の現状について。
大崎市の人口は平成28年3月1日現在133、784人世帯数 50,266世帯
平成18年3月31日、1市6町合併して10年という節目を迎えます。
合併当時 平成18年保育所の定員数は1,615人。平成28年定員数は2,915名待機児童数は3月議会中は24名。今日(3月17日)民生部子育て支援課に聞いた所、3月末には「一桁になる見込み」とのこと。
ここ10年間で定員数1,265名増加。まだまだ市中心部の待機児童には至っていない現状ですが、県内でも待機児童解消対策にこれまで取り組んできたことに感謝。伊藤市長はじめ民生部子育て支援課、財政課に感謝。保育の質、保育士不足、給料問題等、また子ども医療費、病後児保育等・・・子育て支援がんばります。大崎市に住んで下さい。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大崎市 横山悦子