menu

DSC_2925

朝から晴天の下、スポーツをするのに持って来いの一日となりました。
鹿島台小学校では、『仲間と協力して最後までやりぬこう』をテーマに運動会があり伺ってきました。
開始時刻が8時30分、午前中の実施で弁当なしで父兄の負担をなくし、身体一つで応援が出来ます。
入場行進前にブラスバンドによるオープニングセレモニーが始まり、運動会の雰囲気が。
そして、入場行進 開会式終了次第、団体種目5年生によるひっぱれ!上戸の戦い!短いロープの引っ張り合いは、応援したくなる競技でした。昨年とは違い3年生4年生の徒競走では同時に入場してきました。
また、2年生の団体種目ぐるぐる回って一等賞は、大笑いの応援でガンバレ!ガンバレー!とついつい声援が出ました。

DSC_2923

まだ食べられるのに捨てられる食品ロスを減らすため食品ロス削減推進法案(議員立法)が5月16日の衆院本会議で全会一致で可決し、衆院を通過した。公明党が作成した法案をもとに、与野党の超党派議員連盟で合意形成が図られました。
【法案の主な内容】◎基本方針と推進計画・政府が削減推進に関する基本方針を策定(閣議決定)・都道府県と市町村が基本方針を踏まえ推進計画を策定 ◎推進会議の設置・内閣府に関係閣僚や有識者で構成する推進会議を設置 ◎基本的施策・消費者や事業者に対する教育や学習の振興、知識の普及, 啓発・食品関連事業者の取り組みを支援・食品ロス削減で顕著な功績を残した人や団体を表彰・フードバンク活動の支援◎10月を食品ロス削減月間にするものです。

DSC_2919

本日は、渕花行政区主催による高齢者の集いがあり伺ってきました。
行政区では月に一度開催しその中で、「いきいき100歳体操」を行うことで高齢者の集まるきっかけづくり、健康づくり、仲間づくりに取り組んでいますと黒澤区長がお話ししておりました。
区長さんからお招きをいただきましたので、思考を変え大崎市が取り組んでいる事をプロジェクターを使い、その画面を通し説明をしましたが皆様からは映像を見ることで分かりやすいと好評を得ました。
古川七日町西地区 市街地再開発地区の見取図を参考に、大崎地域広域行政事務組合消防本部、道の駅おおさき、田尻総合支所 建設中の様子、鹿島台地区は鈴掛住宅の建設中の様子などをお伝えしました。

本日は、 2019 大崎市鹿島台デリシャストマトまつりの開催について案内をいただきました。
開催日時:令和元年6月2日(日)9 :00 ~14 :00
開催場所:鎌田記念ホール 大崎市鹿島台木間塚字福芦335-1
9 :00 オープニングセレモニー
9 :20 各販売コーナーオープン
各参加型イベント受付開始
14 :00 まつり終了
春から夏には高糖度と酸味のバランスが絶妙な「デリシャストマト」が生産され、フルーツ感覚で味わえる美味しさは抜群、是非とも県内各地からデリシャストマトまつりに足を運んでください。お待ちしております。

本日は、鹿島台総合支所で総合支所の地域振興課、下水道課冠水対策室、美里東部土地改良区の職員と姥ヶ沢行政区長始め役員の皆さんと山王江排水路(姥ヶ沢排水路)のゲート操作について協議を行いました。
協議事項は姥ヶ沢の現状について、今後の取組についての2点です。
農繁期の4月から9月にかけて田圃に用水が必要なため山王江排水路は満水状態となり、大雨時にゲート操作の対応出来る体制を確保しなければならない。そのため、自動排水ポンプ稼動時にはゲート操作を誰が対応するのかなどを明確に決めておく必要があり、それら取り組みについて協議を行いました。
また、美里東部土地改良区では鳴瀬川下流頭首工ゲートなど6ヶ所を操作員を配置し大雨時に対応出来る体制を敷いています。

本日は、議会運営委員会で議会報告会・意見交換会の内容を協議しました。日時は7月25日、26日、27日、29日、30日の5日間、1班6人で班編制は12班体制で取り組み。当日のスケジュール、議会からの報告事項、参加者アンケート、広報・周知方法を検討しました。
次に4常任委員会と団体との意見交換会、高校生との意見交換会も検討し、時期の問題など、詰めなければならない事柄を整理し、一つの方向性を出し、取り組むことで議会報告会の協議を終え議会運営委員会を終えました。

朝から晴れ渡り気持の良い天気に恵まれ、屋外でスポーツするのに持って来いの季節を迎えました。
そのような中、第13回大崎市鹿島台市民グランドゴルフ大会があり伺ってきました。グランドコンデションは乾燥した状態のためでボールが転がしいやすいグランドになっていました。
1チーム5人から6人の選手で16チームが参加し、60代, 70代の女性の皆さんが多く参加していました。
これまで練習を積み重ねて参りましたので、どうぞ今日は優勝目指して選手の皆さん頑張って下さい。

本日は、令和元年度 大崎市鹿島台手をつなぐ育成会の総会があり伺ってきました。
平成30年度 事業報告では手をつなぐ育成会会報を年2回発行し、その都度、会報編集委員会を4回開催致しておりました。
手をつなぐ育成会宮城大会、会員の研修視察、大崎福祉夢まつりバザーにも参加。年度末には卒業・進級を祝う会(小・中支援学級・支援学校)があり、その場で子供たちは将来の希望ある夢を語り、いつも頼もしく思い先生方の熱心な教育の成果だと、いつも感心しております。
引き続き、議事に移り役員改選について審議がされ、会長には庄子富夫さんが新しく就任しました。何卒宜しくお願いします。

本日は、明日から始まる令和元年春の交通安全県民総ぐるみ運動 鹿島台地域出動式があり出席しました。
大崎市交通指導隊鹿島台分隊 大友敦夫分隊長から酒飲み運転「3ない運動」 自転車安全利用5則 安全運転5則を一つ一つを読み上げし、続けて参加者全員で読み上げを行いました。改めて安全運転5則には 1, 安全速度を必ず守る 2,カーブの手前ではスピードを落とす 3,交差点では必ず安全を確かめる 4,一時停止で横断歩行者の安全を守る 5,飲酒運転は絶対しない
~交通ルール 守るあなたが 守られる~
現在、鹿島台地域では交通事故死ゼロを間もなく2000日に迫って参りました。今後は3000日、4000日と目指し参りましょう。そのため特に協力機関・団体などの皆様にはご苦労をお掛けしていますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

JR川渡駅構内にサイホン式排水路があり、その排水路は土砂が堆積し、水の流れが悪く人家が冠水する被害がでており、その解決に要望いただいていました。3月には仙台土木技術センターから技術職員がサイホン式排水路の土砂堆積について現地調査をしておりました。その後、整備計画を立て、予算を確保し土砂上げをしていくと課長から連絡がありました。鳴子総合支所長とは、大崎市として取り組む内容について打ち合わせをしました。
また、大崎市鳴子温泉鬼首岩入地区の荒雄川の、のり面崩落や浸食及び積み立て護岸の崩落による調査(私が主催者)を営林署職員及び県職員、大崎市職員、並びに鳴子まち協の皆さんと合同調査で判明したことを、支所長と協議を行いました。支川の荒雄川は河川管理台帳もなく、河川管理主体が明確になっていないこと。本来、普通河川は市町村管理で、大崎市管理となるが、底地が国有地であり、底地の手続きがされていないため、管理格言の有無が不明確になっていること。一方、砂防指定については、荒雄川左岸地域にはには守るべき対象がはっきりしないため、砂防指定は困難との判断であることなど判明しましたので、それらの解決策について時間をかけてでも山を守るため取り組んでほしい強く訴えてまいりました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大崎市 山田和明
yamada-2525-tab@docmo.ne.jp